テスラジャパン、モデルXで週末旅行の勧め「テストドライブ ツゥ ビリーブ」を実施中


米・テスラ(本社:米国カリフォルニア州パロアルト、会長兼CEO:イーロン・マスク、以下、テスラ)傘下で日本国内に於いてテスラ車の販売を担うTesla Motors Japan合同会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ヴィレジェ ニコラ <Nicolas Villeger>)は、テスラの最新モデルである「モデルX」を1泊2日のドライブ旅行で体験できるTesla Drive to Believe キャンペーンを実施している。

同社によるとモデルXは、人気のSUV市場において唯一の電気自動車のSUVであると共に、企業ミッションである「持続可能なエネルギーへ、世界の移行を加速する」ことを達成するため、史上最も安全で、速く、高機能なSUVを目指して開発されたとしている。

また多くの大型SUVがガソリンを大量に必要とするという課題を解決し、 最長565kmの航続距離*とテスラオートパイロット、無料の充電サービスなどの組み合わせで、ドライブ旅行を思う存分楽しむことができるとする。

テスラジャパンは、世界が電気自動車へのシフトを加速していく中、このモデルXで最先端の電気自動車の体験を提供する“Tesla Drive to Believe”キャンペーンを実施中だ。

その内容は、応募者の中から抽選で5名様に、週末2日間のモデルX試乗とテスラデスティネーションチャージングリゾート(テスラ専用普通充電器のあるホテルまたは旅館)の1泊2日宿泊券を進呈されるというもの。応募は下記キャンペーンサイトから。

キャンペーン概要:
応募方法:キャンペーンサイト 
応募締め切り:2017年7月30日(23:59)
応募条件:
日本国内在住の方
本キャンペーンページからの申し込みのみ有効
日本国内で有効な運転免許証保持者
25歳以上かつ、免許取得2年以上
車両の貸出しと返却は、テスラ青山、テスラ心斎橋、テスラ名古屋で実施する。