第44回東京モーターショー2015、10月29日(木)、東京ビッグサイトで開幕


一般社団法人 日本自動車工業会(会長:池 史彦/以下、自工会)は、(一般公開)10月30日(金)から11月8日(日)まで江東区・有明の東京ビッグサイトにて、第44回東京モーターショー2015を開催する。

the-44th-tokyo-motor-show-2015-exhibitors-is-determined-by-all-of-the-exhibition-department20150521-3-min

第44回東京モーターショー2015は、「きっと、あなたのココロが走り出す」(“Your heart will race.”)をテーマに、世界一のテクノロジーモーターショーを目指し、乗用車、商用車、二輪車、カロッツェリア、車体、部品・機械器具、自動車関連サービス、SMART MOBILITY CITY 2015を含む総合ショーとして開催する。

世界11ヶ国から合計160社が参加し、国内全ての乗用車・商用車・二輪車メーカー14社15ブランド、海外メーカー16社26ブランド(乗用車・商用車・二輪車)が出展。

出展メーカーでは、FCA(フィアット クライスラー オートモービルズ)グループの4ブランド(アルファ ロメオ/フィアット/ジープ/アバルト(初出展))が8年振りに復帰するほか、フランスのDSが初出展し、メルセデス・マイバッハが復帰するなど、多くの海外ブランドが東京ビッグサイトに集結する。

ワールドプレミアは76台(乗用車42台、商用車6台、二輪車18台、カロッツェリア5台、車体5台)、ジャパンプレミア(日本初の発表)は68台(乗用車49台、商用車1台、二輪車15台、車体3台)が出展される予定。

主催者テーマ事業「SMART MOBILITY CITY 2015」

東京モーターショーのシンボルイベントとして主催者が取り組むテーマ事業「SMART MOBILITY CITY 2015」(SMC2015)は、今回で3回目の開催となる。

これまでの展示会の概念を大きく進化・変貌させるべく、近未来の「明日の街」を出展者と主催者が一体となって創り上げる他、自動運転をテーマにした国際シンポジウム、自動運転・高度運転支援システムの体験などを組み合わせたユニークな企画となる。

記念イベント「東京モーターショー60周年記念パレード」

開幕前週の10月24日(土)に「東京モーターショー60周年記念パレード」を東京モーターショー発祥の地・日比谷で実施する。

東京モーターショーは、1954年に第1回全日本自動車ショウが東京・日比谷公園で開催され、昨年60周年を迎えた。

これを記念し、自工会の各社トップもドライバーとして参加し、1950年代から現在までの各時代を代表するクルマ約70台が日比谷、日本橋、銀座を巡る6kmのコースをパレードする。

プレビューデーの新設と障がい者手帳をお持ちの方の特別見学日

1番公開前日の10月29日(木)の午後(14時30分~20時00分)に、プレビューデーを新設し、併せて障がい者手帳所持者の特別見学が実施される。

具体的には、第43回(2013年)で初めて導入したプレビュー・ナイトを、プレビューデーと名称を改めて、実施時間を前回の2時間30分から5時間30分に拡大。当日は入場券の購入者(3,500円(中学生以上)、1万枚限定)の他、出展者の招待者も来場する。

また、同じ時間帯で「障がい者手帳をお持ちの方の特別見学日」も実施していく(参加申込者1,000名様を招待。参加受付は9月30日(水)に終了) 。

来場者向け参加体験型企画とサービス

【特別企画】
プロの運転による乗用車同乗試乗会
二輪車試乗会
自動車ジャーナリスト(AJAJ)と巡る東京モーターショー
東京モーターショーシンポジウム2015
日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)によるガイダンス付き小中学生特別見学

【来場者サービス】
会場内シャトルバス(無料)の運行
東西展示棟間の往来をよりスムーズにするため、両展示棟間をつなぐ会場内シャトルバスを今回初めて運行する。(料金は無料)

第44回東京モーターショー2015公式総合アプリ「TMS Mobile」の導入

東京モーターショーの様々な情報を一括で確認できる上に、行きたいブースに案内するナビゲーション、混雑具合が可視化されるヒートマップ、出展ブースやイベントをお気に入り登録できるカスタマイズ機能など、様々な新機軸を内包している。これ一つで会場が回れる総合情報ツールとなる。

オフィシャルWebサイトや公式SNSでの多彩な情報発信
第44回東京モーターショー2015オフィシャルWebサイト

SMART MOBILITY CITY 2015 Webサイト

【グルメキングダム2015】
食べ歩きの達人(グルメブロガー)たちのオールスターチーム「たべあるキング」が選定した飲食販売ブースを展開する。

グルメ界で名をはせる最強メンバーが、自らのネットワークを生かして、超有名飲食店を中心に誘致し、普段はイベント会場内になかなか出店しない名店(計20店舗)が集結する。

東京モーターフェス2015 withみんモー」の自工会後援
第44回東京モーターショー2015開催前の10月10日(土)~11日(日)、及び開催期間中の10月28日(水)~11月8日(日)に、クルマファン・バイクファンの拡大を図ることを目的にお台場エリアで開催される「東京モーターフェス2015 withみんモー」に自工会が後援し、開幕直前の告知と来場誘致を目指す。

内閣府主催第2回SIP-adus Workshop及び試乗会との告知協力
内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム自動走行システム推進委員会の主催による第2回SIP-adus Workshop(日程:10月27日(火)~29日(木)、場所:東京国際交流会館とその周辺)及び試乗会が開催される。同時期に会場周辺で行われる自動車関連のイベントであることから、事前告知で協力していく。
・トミカコーナー
・ソープボックスにのってみよう&記録会

プロジェクションマッピング
東京モーターショーでは初めてプロジェクションマッピングを実施する。今回のテーマである「きっと、あなたのココロが走り出す。」をイメージしたオリジナル映像を制作し、東京ビッグサイト会議棟壁面をスクリーンに上映していく。

なお第44回東京モーターショー2015、オフィシャルスポンサーは以下の通り

株式会社タカラトミー
2001年の第35回ショーから継続してご協賛いただいており、今回も子供から大人まで楽しめるスペースとして好評を博している「トミカコーナー」を設置・運営。また、毎回好評の東京モーターショー開催記念の「トミカ」も販売。

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
会員数5519万人が利用するTカードを使った、Tチケットというソリューションでスマートな入場の実現や西3ホールの休憩ゾーンに自動車関連書籍を設置。

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
プレイステーション®専用ソフトウェア リアルドライビングシミュレーター「グランツーリスモ」シリーズのプロモーションブースをイベントプラザにて展開。

アサヒビール株式会社
「第44回東京モーターショー2015 オフィシャルビールテイスト清涼飲料」として、「アサヒドライゼロ」オリジナルデザイン缶を製造し、このオリジナルデザイン缶を賞品としたオープンキャンペーンを実施。

東日本高速道路株式会社
「Pasar(パサール)レーシングカー」(インタープロトシリーズに参戦しているレーシングカー)の展示や交通マナーアップキャラクター「マナーティ」のグッズを配布。

株式会社バンダイナムコエンターテインメント
大人気スマートフォンアプリ「ドリフトスピリッツ」の会場でしか体験できない特別試遊イベントや、新開発のスポーツ走行体感マシン「リアルドライブ」がブース内で愉しめる。