タイムズモビリティネットワークス、訪日外国人向けAIコンシェルジュの提供を開始


365日、相談したい時にいつでも相談できるチャットサービスで日本滞在をサポート

タイムズモビリティネットワークス株式会社(本社:広島県広島市、社長:川崎計介)は、株式会社ビースポーク(本社:東京都港区、代表取締役:綱川明美)の運営する訪日外国人向けAI(人工知能)コンシェルジュサービス「Bebot(ビボット)」を、タイムズカーレンタル成田空港店で2017年6月19日(月)より3か月間、無料のトライアルキャンペーンとして提供する。

近年、訪日外国人数の増加に伴い、「タイムズカーレンタル」利用の訪日外国人は年々増加しており、2017年度は4月時点で前年比132%(ご利用件数ベース)となった。

「タイムズカーレンタル」では、そうした顧客が日本の滞在を愉しめるよう、多言語サイト(英語・中国語(繁体字)・韓国語)の運営、10ヵ国語(英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語、ロシア語)による24時間の電話応対。

日本の交通ルールや給油方法などを記載したパンフレット「SUPPORT BOOK」の配布などを実施している。

今回これらのサービスに加え、新たにAIコンシェルジュサービス「Bebot」の提供を開始する。

この「Bebot」は、顧客のスマートフォンから普段利用のメッセージングツール(Facebook Messenger)を使い、チャットで相談すると、それにコンピューターが自動で応える仕組み。

これにより顧客は24時間365日、相談したいときにいつでも相談することができる。

具体的には「タイムズカーレンタル成田空港店への行き方を教えて。」といったレンタカー利用中に知りたいことから、観光情報やレストランの予約といった日本滞在中に発生する様々な質問やリクエストを相談することができるようになると云う。

同社の訪日外国人向けのサービスと「Bebot」を併せて利用することで、日本での旅行やビジネスが、より快適で有意義な時間になるとしている。

そこでサービス開始にあたり、まずは海外顧客の利用が多い「タイムズカーレンタル成田空港店」で無料のトライアルキャンペーンを3か月間実施する。

その後は同店の利用状況に応じて、全国の店舗へ展開する予定としている。

トライアルキャンペーン概要
実施期間:2017年6月19日(月)出発 ~ 2017年9月19日(火)出発まで
実施店舗
タイムズカーレンタル成田空港店、タイムズカーレンタル成田空港第1ターミナルカウンター店、タイムズカーレンタル成田空港第2ターミナルカウンター店
対応言語 : 英語
対応アプリ : Facebook Messengerま
利用方法 : 店頭で配布するアカウントコードを、指定のURLにアクセスし入力。
※トライアル期間は予約不要。店頭で希望の顧客に配布する。
利用条件:タイムズカーレンタル成田空港店でレンタカーを利用する顧客。
サービスURL :