九州大学・伊都キャンパス内の自動運転バスサービスインへ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

九州大学、NTTドコモ、ディー・エヌ・エー、福岡市がスマートモビリティ推進コンソーシアムを設立

国立大学法人九州大学、株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)、株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)及び福岡市は、2018年度下期に九州大学伊都キャンパス内自動運転バス※1のサービスインの実現を目的とした「スマートモビリティ推進コンソーシアム」(以下本コンソーシアム)の設立について合意した。

to-automatic-operation-bus-services-in-the-kyushu-university-ito-campus20160712-3
路車間協調技術(イメージ)

同コンソーシアムにおいて、車両のハンドルやアクセル、ブレーキを運転手が操作せずに走る自動運転に必要な走行技術と、通信ネットワークや人工知能を活用した安心かつ便利なサービスの開発に向けた検討をすることで、自動運転バスサービスの早期実用化を目指す。

以上4者は、2018年度下期に九州大学伊都キャンパス内の自動運転バスのサービスインに向け、自動運転バスの走行実験、通信ネットワーク及びサービスプラットフォームの技術開発とそれに伴う実証実験のほか、国家戦略特区※2を活用した規制緩和等を合わせて検討していく。

to-automatic-operation-bus-services-in-the-kyushu-university-ito-campus20160712-2
九州大学伊都キャンパス(イメージ)

通信ネットワーク及びサービスプラットフォームの技術開発の具体的な内容としては、見通しの悪い交差点の道路にセンサーを設置。

車両に搭載されたカメラで、認識することができない車や人を察知し、バス側へ伝えるとともに「遠隔監視センター」にも伝えるといった、二重の安心を確保する「路車間協調技術」に加え、バス車内のサイネージを通じて運賃や目的地への行き方等を答えてくれる「音声エージェント技術」を搭載。

さらに乗降数の予測に基づいて最適なルートで運行し時間短縮を図る「運行管制技術」等、人工知能を活用した技術開発と実証を行う。

to-automatic-operation-bus-services-in-the-kyushu-university-ito-campus20160712-5
人工知能を活用した音声エージェント技術(イメージ)

九州大学伊都キャンパスは、275ヘクタールの広大な敷地を有する私有地であり、かつ、キャンパス内の道路には坂や信号があると共に、バスや乗用車、2輪車、自転車、歩行者等の多数の往来が伴う、公道に近い環境での技術の確立・ノウハウの蓄積が可能となる。

なお、実証実験は、緊急時の対応と安全面確保のためバスにオペレーターが乗車して行う。

4者は本コンソーシアムを通じ、九州大学伊都キャンパス内自動運転バスのサービスインに向けて協力し、今後も自動運転をサポートするサービスの開発や提供を推進し、人口減少・高齢化社会における運転手不足や、地域による交通の供給不足等の社会的課題の解決に資する技術・ノウハウの確立に貢献していく。

to-automatic-operation-bus-services-in-the-kyushu-university-ito-campus20160712-4
人工知能を活用した運行管制支援技術(イメージ)

利用車両は、運転席のないバス車両を用いる。但し今回は、ドライバーレスに移行する前段階として、緊急の場合等に対応するオペレーターを同乗させる状態での運行していく。

to-automatic-operation-bus-services-in-the-kyushu-university-ito-campus20160712-1
スマートモビリティ推進コンソーシアムの全体イメージ。日本の経済活性化のために、地域限定で規制や制度を改革し、その効果を検証するために指定される特別な区域。

1. 本コンソーシアム設立の目的
2018年度下期に九州大学伊都キャンパス内を循環する自動運転バスのサービスイン。

2. 実証実験内容
自動運転に必要な基本的な走行実験のほか、自動運転に必要な「安心」と「便利」を実現するためのサービスの開発と実証実験。

3. 九州大学、ドコモ、DeNA、福岡市の役割

九州大学
実証実験における場所の提供、及び自動運転バスのサービスインに向けた調整、車内オペレーターの配備、路車通信に必要な器具の設置場所の提供

ドコモ
通信ネットワークに関する技術開発、及び実証
人工知能を活用した音声エージェント技術の開発、及び実証
人工知能を活用した運行管制支援技術の開発、及び実証

DeNA
EASY MILE社のEZ10車両を利用した自動運転バスサービス「Robot Shuttle」による、 運用オペレーションに関する技術及びノウハウの提供
運行に必要な車両内外のユーザーインターフェースの提供
人工知能を活用した運行管制技術等の開発及び提供

福岡市
国家戦略特区等を活用した規制緩和に係る調整

【各社の概要】
九州大学
大学名 :国立大学法人九州大学
総長 :久保 千春
所在地 :〒819-0395 福岡市西区元岡744
創立年月 :1911年1月
教職員数 :教員2,417人、事務職員・技術職員3,008人(2016年5月1日時点)

NTTドコモ
会社名 :株式会社NTTドコモ
代表者 :代表取締役社長 吉澤 和弘
所在地 :東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー
資本金 :9,496億80百万円(2016年3月31日時点)
営業開始 :1992年7月1日
従業員数 :7,616名(当社グループ26,129名)(2016年3月31日時点)
主な事業内容:
モバイル通信事業、スマートライフ事業

DeNA
会社名 :株式会社ディー・エヌ・エー
代表者 :代表取締役社長兼CEO 守安 功
所在地 :〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ
資本金 :103億97百万円(2016年3月末時点)
営業開始 :1999年3月4日
従業員数 :1,005名(連結:2,363名)(2016年3月31日時点)
主な事業内容:
ゲーム、eコマース、エンターテインメント、キュレーションプラットフォーム、自動車、ヘルスケア、球団運営、その他

福岡市
市長 :髙島 宗一郎
所在地 :〒810-8620 福岡市中央区天神1-8-1
国家戦略特区の主な取り組み
平成26年5月:福岡市が国家戦略特区の区域に指定
平成26年10月:スタートアップカフェオープン
平成26年11月:雇用労働相談センター設置
平成27年2月:天神ビッグバン始動
平成27年9月:市立こども病院にて特例病床の供用開始
平成27年11月:NPO法人の認証手続き迅速化の運用開始
平成27年12月:スタートアップ法人減税の実現
平成28年3月:スタートアップ人材マッチングセンターの設置