トヨタ自動車、ヴィッツに昼間の歩行者検知を追加搭載


トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田章男)は、ヴィッツを一部改良。特別仕様車F“Safety Edition Ⅱ”、特別仕様車F“Amie(アミー)”を設定し全国のネッツ店を通じて5月31日に発売した。

今回の車両改良では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」において昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)」を採用。

また駐車場などでのアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する先進の安全機能「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」を新たにオプション設定した。

特別仕様車F“Safety Edition Ⅱ”は、「HYBRID F」、「F」をベースに「Toyota Safety Sense」や「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」などを特別装備することで安全面の魅力を高めた。

特別仕様車F“Amie”は「HYBRID F」、「F」をベースに、内装は落ち着いたブラックを基調に、インストルメントパネル周辺にはカッパー加飾を施し、シックでおしゃれなデザインとした。

さらにスエード調ファブリックと合成皮革を組み合わせた専用シートを特別装備し上質感を演出。「Toyota Safety Sense」や「スマートエントリーセット」も特別装備した。外板色には特別設定色のダークレッドマイカメタリック、ボルドーマイカメタリック、ダークブルーマイカを含む全6色を設定している。

結果「Toyota Safety Sense」と「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」装着車は、「セーフティ・サポートカーS(通称 : サポカーS)」の「ワイド」に相当する仕様となった。併せてウェルキャブ(メーカー完成特装車)もベース車と同様の改良を施した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*