トヨタ自動車、『第22回ITS世界会議ボルドー2015』に出展


トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、10月5日(月)から9日(金)までの5日間、フランス・ボルドーで開催される「第22回ITS*1世界会議 ボルドー2015」(主催 : ERTICO-ITS Europe)に出展する。

同会議は、“TOWARDS INTELLIGENT MOBILITY―Better use of space”「宇宙技術で広がる未来のITS」のテーマのもと、衛星測位等の宇宙技術をはじめ、つながるクルマや自動運転技術、マルチモーダル輸送等、ITSが生み出す新たな価値・サービスを世界に向けて発信していく。

今回の出展では、人とクルマと街がつながる「スマートモビリティ社会」の実現を目指した幅広い取り組みの中で、トヨタの「安全」に対する考え方をはじめ、「協調型ITS・自動運転技術」および「次世代交通システム」を中心に最新技術を紹介する。

具体的には、車同士の通信(車車間通信)や道路上に設置された機器と車との通信(路車間通信)によって安全な交通社会の実現を目指す「協調型ITS」に加え、高速道路走行を想定した「自動運転技術・高度運転支援システム」、開催国フランスで公共交通と連携する新しいモビリティシェアリングの実証実験を行っている次世代交通システム「Ha:mo」を紹介する。

なお、上記に示す協調型ITSサービス(右折時注意喚起、赤信号注意喚起、緊急車両存在通知等)は、「ITS Connect」として間もなく日本で発売予定の新型車に搭載するなど、今後、普及に向けた取り組みを着実に進めていく。

「ITS世界会議」は、欧州/アジア・太平洋/米州の順で毎年開催されるITSに関する最大規模の国際会議であり、各国・地域のITS関連団体(政府・研究機関・企業)がセッション(論文)や展示などを通じ、最先端のITS研究成果や製品の発表を行う場である。

トヨタは、第1回から同会議に積極的に参加し、ITS技術の研究成果や安全・環境に関する商品・サービス等を展示・紹介している。

*1 Intelligent Transport Systems(高度道路交通システム)。最先端の情報通信技術の活用により、安全で快適、円滑な交通を目指し、人と道路とクルマを一体として構築するシステム

第22回ITS世界会議への出展概要
【屋内展示】
■トヨタの安全への取組み
交通事故死傷者ゼロを目指した事故を未然に防ぐ予防安全技術の長年の取組みや、高度運転支援の研究から生まれる自動運転技術の取組みを「年表」パネルで紹介。

■協調型ITS
協調型ITSシステム(右折時注意喚起、赤信号注意喚起、緊急車両存在通知等)について、パネル・映像等で紹介。
車車間、路車間等の協調型ITSサービスを仮想体験できるドライブシミュレータを設置。
車載機・無線アンテナのプロトタイプ、可視画像式車両センサ等、本システムの実機を展示。

■自動運転技術・高度運転支援システム
自動運転技術の研究を通じた要素技術に加え、高速道路で安定かつスムーズな走行を可能とする「高度運転支援システム」などをパネル・映像等で紹介。

■次世代交通システム「Ha:mo」
2012年より愛知県豊田市で実証運用を続ける次世代交通システム「Ha:mo」のコンセプトを継承し、2014年10月より仏グルノーブル市で実証実験を行っている「Cité Lib by Ha:mo」のプロジェクト概要等をパネル・映像等で紹介。
パーソナルモビリティ「TOYOTA i-ROAD」およびトヨタ車体製「COMS」を実証用シェアリング車両として展示。

【セッション】
上記に関連し、エグゼクティブセッション・スペシャルセッション、テクニカルセッション等、10件以上に登壇。

第22回ITS世界会議公式HP

トヨタ公式HP 第22回ITS世界会議 出展内容ページ 10/5(現地時間)より、順次公開予定
日本語版

英語版