トヨタ自動車、「TOYOTA i-ROAD」の実用化に向け、事業者向け利用ニーズ等の検証を実施


toyota-the-start-of-the-demonstration-experiment-of-two-seater-in-tokyo-shibuya-ku-toyota-i-road20151120-4

企業・生活者と共同で取り組む第2弾「OPEN ROAD PROJECT」を開始

トヨタ自動車株式会社(本社 : 愛知県豊田市、社長 : 豊田章男、以下、トヨタ)は、パーソナルモビリティ「TOYOTA i-ROAD」(以下、「i-ROAD」)の本格的な実用化に向け、2016年9月17日より2017年3月末までの約半年間、企業・生活者と共同で取り組む、第2弾「OPEN ROAD PROJECT」*1を主として東京都内で実施する。

toyota-motor-corporation-for-the-practical-use-of-toyota-i-road-carried-out-the-verification-of-the-business-operators-for-use-needs20160916-2

「OPEN ROAD PROJECT」は、一般の生活者に試乗モニターとして「i-ROAD」を一定期間貸し出し、モビリティそのものの利用ニーズの検証のみならず、様々な知見や技術を持つパートナー企業との協業による付帯サービスの企画・提供等を通じ、「i-ROAD」に関わる多様なニーズに対する実現性の検証を目的とした実証プロジェクトである。

今回は、さらなるモビリティの市場性把握として、第1弾で実施した一般の生活者による試乗モニターに加え、事業者の方にも貸し出しを行い、共同利用などによる使われ方・用途等の利用ニーズや受容性を検証する。

toyota-motor-corporation-for-the-practical-use-of-toyota-i-road-carried-out-the-verification-of-the-business-operators-for-use-needs20160916-3

また、第1弾と同様、「専用駐車スポット(一部充電可)」等の付帯サービスについては、期間中に利用可能な場所を順次増やしていくほか、引き続き新たなサービスを適宜開発・試行していく。

なお実証プロジェクトに関する進捗状況は、特設ウェブサイト< >で随時公開する予定。

toyota-motor-corporation-for-the-practical-use-of-toyota-i-road-carried-out-the-verification-of-the-business-operators-for-use-needs20160916-4

なお、先ごろ終了した第1弾では、応募者延べ約3,500名の中、96名が実証モニターとして試乗体験。「ちょっとしたスペースにも簡単に駐車できて便利」「どこにでも気軽に行けるようになり行動範囲が広がった」といった意見が寄せられている。

toyota-motor-corporation-for-the-practical-use-of-toyota-i-road-carried-out-the-verification-of-the-business-operators-for-use-needs20160916-1

トヨタは本実証プロジェクトを通じて、新ジャンルの都市型モビリティ「i-ROAD」の特長を最大限活かせる様々な商品・サービスを開発し、新たなモビリティ社会の実現に向けて取り組んでいく。

第2弾「OPEN ROAD PROJECT」の概要toyota-motor-corporation-for-the-practical-use-of-toyota-i-road-carried-out-the-verification-of-the-business-operators-for-use-needs20160916-5

Tuvichomsaoの関連記事
トヨタ、東京・渋谷区で2人乗り「TOYOTA I-ROAD」の実証実験を開始(2015年11月20日掲載)

トヨタ、I-ROADの実用化プロジェクトでモニター参加を募る(2015年5月7日掲載)