トヨタ自動車、ダイナならびにトヨエース2t積系を一部改良


衝突時の被害軽減を支援するプリクラッシュセーフティの設定を拡大

トヨタ自動車株式会社(本社 : 愛知県豊田市、代表取締役社長 : 豊田章男、以下トヨタ)は、ダイナならびにトヨエース2t積系を一部改良し、ダイナは全国のトヨタ店(大阪地区は、大阪トヨペット)、トヨエースは全国のトヨペット店(大阪地区は、大阪トヨタ)を通じて、5月8日に発売する。

ダイナ カーゴ 標準キャブ・ロングデッキ・高床・3t積・ディーゼル車・2WD

今回の改良では、衝突回避や衝突時の被害軽減を支援するプリクラッシュセーフティ(歩行者検知機能付)および車線逸脱による衝突事故の回避を支援するレーンディパーチャーアラートを標準装備(LPG車を除く)。

トヨエース カーゴ 標準キャブ・標準デッキ・ジャストロー・2t積・ディーゼル車・2WD“Gパッケージ装着車”<オプション装着車>

また、環境性能については、ディーゼル車の一部*2で「平成28年排出ガス規制」に対応。そのほか、AT車においては、従来型に対し7~5%燃費が向上した。

さらに、TECS(メーカー完成特装車)においては、ベース車と同様の改良を施すとともに、アルミバンのラインアップを充実した。

ダイナ カーゴ 車両情報:  
トヨエース カーゴ 車両情報: