トヨタ自動車、第24回ITS世界会議モントリオール2017に出展


トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男、以下トヨタ)は、来る10月29日から11月2日までの5日間、カナダ・モントリオールで開催される「第24回ITS世界会議モントリオール2017」(主催 :ITSアメリカ&ITSカナダ)に出展する。

この会議は、“Next Generation Integrated Mobility: Driving Smart Cities”「スマートシティを加速する統合モビリティ」をテーマに掲げ、繫がるクルマや自動運転技術、スマートシティ、新たな都市移動手段等、ITSが生み出す新たな価値、新サービスを世界に向けて発信していくもの。

今出展では、人とクルマと街がつながる「スマートモビリティ社会」の実現を目指し、トヨタにとっても、またモビリティ社会にとっても究極の願いである交通事故死傷者ゼロに向けて取り組む「協調型ITS」。

さらに「通信型ドライブレコーダー活用」、「環境に優しく快適に移動できる交通社会を目指した移動サービスHa:mo」などを紹介していくと云う。

これによってトヨタの安全の考え方を示すとともに、現在から将来にわたる「協調型ITS」により実現できるサービスについて、VR(仮想現実)およびドライビングシミュレーターを用いた体験コーナーを設置する。

また最新の技術動向、事故削減効果に関する検証状況、さらに今後の「協調型ITS」の普及・発展に向けた国内外に於ける取り組みも紹介していく。

併せて、「通信型ドライブレコーダー活用」は、リアルタイムで収集される「走行画像」や「車両データ」を活用したサービス事例を紹介する。

一方「Ha:mo」では、車などパーソナルな乗り物と公共交通を最適に組み合わせて使うことで、人も街も、みんなが快適に移動できる仕組みづくりを紹介していく。

なおこの「ITS世界会議」は、欧州/アジア・太平洋/米州の順で毎年開催されるITSに関する最大規模の国際会議で、各国・地域のITS関連団体(政府・研究機関・企業)がセッション(論文)、展示や試乗などを通じ、最先端のITS研究成果や製品の発表を行う。

トヨタは、同会議で第1回から同会議に積極的に参加し、ITS技術の研究成果や安全・環境に関する商品・サービス等を展示・紹介してきた。

第24回ITS世界会議の出展概要

項目屋内展示
内容
(1)トヨタの安全への取り組み
事故を未然に防ぐ予防安全技術の取り組みをはじめ、「協調型ITS」の自動運転への活用を含めたサービスの広がり等をパネルで紹介。

(2)協調型ITS
(21)実用化済みのサービス(右折時注意喚起、出会い頭注意喚起等)について、ドライビングシミュレーターでの体験コーナーの他、パネルで紹介。
(22)ITSを活用した自動運転の嬉しさを、VR(仮想現実)を用いて体験、またパネル・映像で紹介。
米国における取り組みおよび今後の展開の方向性をパネルで紹介。

(3)通信型ドライブレコーダー活用
現在、東京都内で500台のタクシーから収集している画像等のデータを活用したレーン毎の交通情報やダイナミックマップ情報生成等のサービス事例を紹介。

(4)Ha:mo
コンセプト、国内外で展開しているプロジェクト等、パネル・映像で紹介。

項目セッション
内容
(5)エグゼクティブセッション、スペシャルインタレストセッション、テクニカルセッション等に、日本のみならずトヨタの海外事業体・関係会社等から登壇。

第24回ITS世界会議: 
トヨタ公式HP 第24回ITS世界会議 出展内容ページ 10/30(現地時間)より、順次公開予定

日本語版: 
英語版(English-Version):