トヨタ自動車、ランドクルーザーを一部改良

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男、以下トヨタ)は7月20日、ランドクルーザーを一部改良し、全国のトヨタ店(大阪地区は大阪トヨペット)を通じて発売した。

ZX<オプション装着車>

今回の一部改良では、オート格納機能が追加されたサイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラーや、乗降時にステアリングが自動的にスライドしスムーズな乗降をサポートするパワーイージーアクセスシステム(運転席)を採用し、ランドクルーザーシリーズの頂点に立つクルマとして高級感を高めた。

また、トレーラーなどを牽引するトレーラーヒッチを装着するためのヒッチメンバーを全車にオプション設定。

そのほか、内装色には新たにニュートラルベージュを採用し、スマートキーはランドクルーザーのロゴを入れたデザインに変更している。

メーカー希望小売価格(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)

ランドクルーザー 車両情報: http://toyota.jp/landcruiser/