トヨタ自動車、2018年3月期・決算説明会をライブ中継


トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田章男)は2018年3月期・決算説明会を2018年5月9日(水)13時30分より開催する。

同社は今決算説明会について、従来の午後3時から開示時刻を前倒して延べ90分間に延長する。90分間の構成は決算報告(Ⅰ部)と豊田章男社長のによるスピーチ(Ⅱ部)の2部構成。後半ではトヨタの中長期の経営戦略等について語られる。

ちなみに、このような変化が見られたのは、先の2月実施の2017年4~12月期の決算発表から。この際は、決算報告に加え、同社河合満副社長が生産現場の取り組みなどを語った。

こうした取り組みの意図は、自社の中長期戦略に関わる意志を株式市場に浸透させていきたい想いがあると見られ、今後、同社の情報発信力強化の試みのひとつとしていく構えだ。なお後半では、質疑応答に一部の投資家が加わるという新たな施策も実施される模様だ。

ライブ中継は、YouTube Live(・)で閲覧可能。ライブ中継終了後もオンデマンド配信が行われる予定となっている。

ライブ中継内容と当日の出席予定者は以下の通り

Ⅰ部(13:30~14:15) 決算報告
– 副社長 小林 耕士
– 専務役員 白柳 正義

Ⅱ部(14:30~15:15) 社長スピーチ
– 取締役社長 豊田 章男
– 副社長 小林 耕士
– 専務役員 白柳 正義

*Ⅰ部とⅡ部の間に15分の休憩時間が挟まれる。