トヨタ自動車、東京モーターショーでGR HVスポーツコンセプトを世界初披露


第45回東京モーターショー2017で、新たなクルマの楽しさを提案

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男、以下トヨタ)は、10月25日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催される第45回東京モーターショー2017に、2座席スポーツカーの「GR HV SPORTS concept」を世界初披露する。

この「GR HV SPORTS concept」は、同社によるとTOYOTA GAZOO Racingが世界耐久選手権(WEC)で戦うハイブリッドレーシングマシン「TS050 HYBRID」を想起させるデザインとしたと述べている。

具体的には、力強さと迫力を感じさせるマットブラックをボディカラーに採用。ピュアスポーツカーとして機能性を徹底的に追求すると同時に、TS050 HYBRIDをイメージさせるLEDヘッドランプやアルミホイール、リヤディフューザーを採用。トヨタモータースポーツとのつながりを感じさせるデザインとした。

車両のパッケージングは、トヨタ伝統のオープンスポーツカー「トヨタスポーツ800」(通称・ヨタハチ)や、「スープラ」にも設定された「エアロトップ」スタイルとし、ピュアスポーツカーとしての走りと、エアロトップによるオープンエアの開放感を提供。

パワーユニットは「TS050 HYBRID」で鍛えられたと同社では謳うハイブリッド技術「THS-R(TOYOTA Hybrid System-Racing)」を搭載した。

併せてハイブリッドバッテリーを車両中央付近に搭載。重量物である駆動用のバッテリーを中央に搭載することで、スポーツカーとして走りの性能向上に寄与させた。

インテリアは、センタークラスターにオートマチックのギアポジションスイッチを配置し、レーシーな雰囲気を演出。プッシュ式のスタートスイッチを開閉式のシフトノブ内に設置し、遊び心を持たせた。

走行環境では、ボタンひとつでマニュアルモードへの切り替えが可能としており、オートマチック車でありながら6速マニュアル車のような操作を楽しめるHパターンシフトを採用した。

主要諸元は以下の通り

車名:GR HV SPORTS concept
全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)
4,395×1,805×1,280
駆動方式:FR
乗車定員(人):2

東京モーターショー2017特設サイト: