トヨタ・ヤリス、WRC第5戦ラリー・アルゼンティーナに挑む


トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田章男)傘下のTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、来る4月26日(木)から29日(日)にかけて開催されるFIA世界ラリー選手権に3台のヤリスWRCで参戦する。

ヤリスWRCを駆って、第5戦ラリー・アルゼンティーナに参戦するのは、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #7号車)、オット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(#8号車)、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム(#9号車)の3台。

ラリー・アルゼンティーナは、第3戦ラリー・メキシコ以来となる今シーズン2回目のグラベル(未舗装路)ラリーである。

ラリーの中心となるサービスパークは、アルゼンチンの大都市コルドバからクルマで30分程走ったところにある湖畔の町「ビジャ・カルロス・パス」に置かれる。

またこの時期のアルゼンチンは南半球に位置するため、4月下旬は秋の始まりとなり天気はやや不安定となっている。雨が多く降る年もあり、山岳地帯では濃い霧が出たり、雹(ひょう)が降ることもある。

今年のコースはグラベルであるが非常にバリエーション豊かで、例えば谷間のステージは全体的に高速で路面が軟らかいところが多い。

このため同じステージを2回目に走行する際は深い轍(わだち)が大きな問題となる。また、山岳地帯のステージの多くはコースサイドに大きな岩が迫り、路面には石や岩が多く散らばっているため、クルマはダメージを受けやすく耐久性の高さも重要となっていく。

ラリーは26日(木)の夜に全長1.9kmのスーパーSS「ビジャ・カルロス・パス」で競技がスタートし、翌日27日(金)からサービスパークの南側エリアに広がるカラムチータ谷の周辺で本格的なグラベルSSが始まる。

3本のステージを午前と午後で各2回走行し、日中のサービスの直前には、サービスパーク近くで全長6.04kmのスーパーSS「フェルネット・ブランカ」が1本行われる。

さらに28日(土)はサービスパークの西北エリアに展開する山岳地帯で3本のSSを各2回走行し、前日と同様日中にはスーパーSSが1本用意されている。

そして競技最終日となる29日(日)は、サービスパークの西南エリアで3本のSSを走行。SS16はこのラリーを代表する名物ステージ「エル・コンドル」で、その再走ステージとなるSS18はトップ5タイムを記録した選手に対しボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されている。

4日間で18本のSSが行なわれ、その合計距離は358.25km。リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は1,300.65kmとなる見込みだ。

以下はチームメンバーのコメントとなる。

トミ・マキネン(チーム代表)
初出場だった昨年のラリー・アルゼンティーナからはもちろん、これまでのラリーから多くを学び、今年は昨年以上に良い戦いができるのではないかと思っています。

我々のクルマは常に進化していますし、2回目の出場となるラリー・アルゼンティーナでは1回目よりも有利に戦いを進めることができます。

とはいえ、ライバルも以前より速さを増しているので力関係に大きな差はなく、きっとスタート直後から素晴らしいバトルとなるでしょう。

我々はイタリアのサルディニア島で事前テストを行ないました。なぜならヨーロッパにおいてサルディニアの道はもっともアルゼンチンに近いコンディションであるからです。

アルゼンチンでは多種多様な路面と対峙します。軟らかい路面もあれば、硬い路面もあり、岩や石が転がる荒れた路面、そしてクリーンな路面も走行します。

それらすべての路面に適応することは、我々にとって最大の挑戦となるでしょう。最後に施した改善が狙い通りに機能し、コンディションや環境の変化にクルマが上手く対応し強さを発揮してくれることを期待しています。

我々のドライバーは皆ラリー・アルゼンティーナを楽しみにしていますが、私も現役時代アルゼンチンは大好きなラリーのひとつでした。とても難しく大きなチャレンジでしたが、同時に心から走りを楽しめるラリーだったという記憶があります。

ヤリ-マティ・ラトバラ、ミーカ・アンティラ
ヤリ-マティ・ラトバラ、ミーカ・アンティラ

ヤリ-マティ・ラトバラ(ヤリスWRC #7号車)
2014年の優勝を含め、ラリー・アルゼンティーナには楽しい思い出が沢山あります。本当に挑戦し甲斐があるイベントなので、上手く行った時はとても大きな満足感が得られます。様々な路面が良いバランスでミックスされているのがラリー・アルゼンティーナのコースの特徴です。

金曜日は谷間の軟らかい路面を走行するハイスピードなSSが多く、土曜日には山岳地帯の荒れた路面を走ります。そして日曜日には、今年もパワーステージに指定された有名なエル・コンドルを走行しますが、コース脇の丘にはいつも大勢のファンが集まり声援を送ってくれる素晴らしいステージです。

ラリー・アルゼンティーナはクルマに大きな負荷がかかる1戦ですが、我々チームは昨年の大会から多くを学びました。全員で一生懸命働き続けクルマをコンスタントに改善してきたので、今年はきっと成長した姿を見せることができるでしょうし、その結果としてポイントを獲得できれば嬉しく思います。

オット・タナック、マルティン・ヤルヴェオヤ
オット・タナック、マルティン・ヤルヴェオヤ

オット・タナック(ヤリスWRC #8号車)
ラリー・アルゼンティーナは常にとてもタフなイベントです。スムーズで高速な良いステージがある一方で、技術力と注意力が求められるテクニカルな道も多く、週末の間にいくつもの異なる条件の道と対峙することになります。

また、路面コンディションも非常に悪くなりやすいので、クルマにとっても大変なラリーです。昨年私は総合3位でフィニッシュしたので、今年は自信を持ってラリーに臨むことができます。

また、サルディニア島で行なった事前テストでは、期間中に路面がウェットからドライに変化し、アルゼンチンと同じくらい荒れた路面も走行したので、アルゼンチンに向けたテストとしては非常に得ることが多く満足できました。クルマの進化には自信を持っていますので、ライバルとの戦いを楽しみにしています。

エサペッカ・ラッピ、ヤンネ・フェルム
エサペッカ・ラッピ、ヤンネ・フェルム

エサペッカ・ラッピ(ヤリスWRC #9号車)
ラリー・アルゼンティーナへの出場は今回が初めてですが、過去にレッキ(コースの事前下見走行)を2回行なったので、どのようなラリーであるかは思い描くことができます。

路面は所々非常に悪化しやすく、岩や石が転がっている道も多いと聞いていますので、そのような路面ではいつも以上に注意して走る必要があるでしょう。金曜日のSSは土曜日よりも路面が少し軟らかいため難しく、日曜日のSSは山岳地帯が舞台となり、固い路面に岩や石が散らばり、砂や埃が覆う滑りやすいルーズグラベル状態となった道が多いと思います。

ひとつ前のグラベルラリーだったメキシコでは非常に多くを学んだので、ラリー・アルゼンティーナではより良い戦いができるという自信があります。色々なことが起こり得るラリーですので、できる限りトラブルを避けて走ることが最大の目標ですが、どのような展開になるのかとても楽しみです。

ラリー・アルゼンティーナでの過去の成績
2017年のラリー・アルゼンティーナには2台のヤリスWRCが出場し、ラトバラが5位、ユホ・ハンニネンが7位でフィニッシュした。

2台ともイベント中トラブルに遭遇し遅れをとったが、完走を果たしたことにより多くの経験と知識を得ることに成功。それがデビュー初年度だったヤリスWRCの進化に、大きなプラスとなった。

ヤリスWRC 2017年ラリー・アルゼンティーナ
TOYOTA GAZOO Racing WRTのSNSアカウント(最新情報)
– Facebook : 
– Twitter : (@TGR_WRC)
– Instagram :  (@TGR_WRC)
– YouTube :