新型『モンテロスポーツ(パジェロスポーツ)』が「Latin NCAP」で最高評価を獲得

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:相川哲郎、以下、三菱自動車)は、タイにおける生産・販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)で生産している新型ミッドサイズSUV『モンテロスポーツ』*1が、2015年「Latin NCAP」*2成人乗員保護評価において、最高評価である5★を獲得したと発表した。

won-the-highest-rating-new-montero-sport-pajero-sport-is-latin-ncap20151216-2

「Latin NCAP」は、ブラジル、チリ、ペルー、メキシコ、ドミニカ共和国*3など、中南米、カリブ諸国で販売される車両を対象とした自動車アセスメントの略称で、オフセット前面衝突試験、側面衝突試験などの試験結果とシートベルトリマインダー評価などの安全装備要件で、安全性を総合評価する。

なお、オーストラリア向けの同型車である『パジェロスポーツ』も、「ANCAP」*4の最高評価となる5★を獲得しており、三菱自動車の最新ミッドサイズSUVの高い安全性能が各国で証明されている。

won-the-highest-rating-new-montero-sport-pajero-sport-is-latin-ncap20151216-1

この新型『モンテロスポーツ』は、2015年10月にタイで販売を始め、アセアン、中南米地域の他、オセアニア、中東、アフリカ、ロシアへ順次展開。中南米地域では、12月11日にパナマで販売を始め、コスタリカ、チリ、ペルー、コロンビアなどに投入していく構え。

*1 非スペイン語圏向けの車名は『パジェロスポーツ』
*2 Latin America and the Caribbean New Car Assessment Programme
*3 「Latin NCAP」対象国:チリ、ドミニカ共和国、パナマ、プエルトリコ、コスタリカ、エクアドル、パラグアイ、ボリビア、コロンビア、メキシコ、ペルー、ウルグアイ、ブラジル、アルゼンチン、ベネズエラ、ガイアナ共和国、キューバ、エルサルバドル、ガテマラ、ハイチ、ホンジュラス、ニカラグア、ジャマイカ、ベリーズ、スリナム、フランス領ギニア
*4 The Australasian New Car Assessment Program