横浜ゴム、BMW社の新型M5向けに「ADVAN」を納入

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜ゴム株式会社(本社:東京都港区新橋、代表取締役社長:山石昌孝)のグローバル・フラッグシップタイヤ「ADVAN Sport V105(アドバン・スポーツ・ブイイチマルゴ)」が、独・BMW社が2018年3月より全世界で発売開始した新型「M5」に新車装着された。

「ADVAN Sport V105」は横浜ゴムのハイパワー・プレミアムカー向け高性能タイヤ。高いドライビングパフォーマンスを発揮するとともに、優れた快適性や安全性を高次元でバランスさせている。

今回新車装着されたタイヤはBMW社と共同開発したもので、タイヤサイドには同社の承認を示す★印(スターマーク)が刻印されている。

なお、BMWでは2017年11月に発売された新型「X3」にも新車装着されているほか、BMW以外にも世界有数のハイパフォーマンスカーに数多く装着されている。

横浜ゴムは世界トップレベルのレースへ参戦するBMWに対し高性能レーシングタイヤを供給しており、これまでに 輝かしい戦績を残している。

海外では「シュニッツァーBMW M3」が世界ツーリングカー選手権の初代チャンピオン(1987年)、欧州ツーリングカー選手権チャンピオン(1988年)を獲得。

さらに、世界的耐久レースであるニュルブルクリンク24時間とスパ・フランコルシャン24時間において計5回の優勝を獲得している。国内では全日本ツーリングカー選手権クラス3において「BMW 635CSi」が初代チャンピオン(1985年)を獲得。

SUPER GTではGT300クラスにおいて「GSR&Studie with TeamUKYO」がシリーズチャンピオンを獲得している(2011年)。なお、同チームの「Studie AG」は2014年からBMWのサポートチーム、2016年から2017年までBMWワークスチームとして活動し、横浜ゴムは「Studie AG」を2017年までサポートした。