ZMP、自動運転EXPOに自動運転車開発プラットフォームを出展


株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口恒)は、2018年1月17日(水)~19日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される「第1回自動運転EXPO(総称:オートモーティブワールド 2018)」に出展する。

展示ブースでは、各地の公道実証実験で活用されている自動運転車両「RoboCar®MiniVan」及び実証実験支援サービス、ADAS開発を支援する公道でのデータ取得サービス「RoboTest®」、自動運転用ステレオカメラ「RoboVision®3」など、同社最新の製品・サービスを展示していく構え。

ZMPは、2020年に向け完全無人のタクシーサービスの実現に向けて技術開発を行っており、その関連技術を活用した製品を自動車メーカ/部品メーカ等へ販売してきた。

また自動運転技術の研究開発のための実験・開発用車両RoboCarシリーズ。ソニー製高感度CMOSセンサを搭載したステレオビジョンRoboVisionシリーズ。

カメラやレーザセンサなどから周辺環境を把握し、自車位置を推定、ステアリングやアクセル・ブレーキの制御を行う自動運転用コンピュータIZAC(自動運転に必要な認知・判断を行う車載向けコンピュータ)、などを展開しているが、今出展では、自動運転やADAS機器の開発に必要な検証計測サービスを紹介していくと云う。

出展概要
開催時期:2018年1月17日(水)、18日(木) 10:00 ~ 18:00、
1月19日(金)10:00 ~ 17:00
会 場:東京ビッグサイト東6ホール ブースNo: E55-20
入場料:無料
展示会ウェブサイト:  
ZMPブース紹介ページ: