アウディがメキシコに自動車工場を開設。新型Audi Q5の生産を開始

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

audi-has-opened-a-car-factory-in-mexico-start-production-of-the-new-audi-q520161009-1

アウディの取締役会メンバーがメキシコでの新型Audi Q5生産開始に立ち会い

アウディ AG(本社:ドイツ・バイエルン州インゴルシュタット、取締役会長:ルパート・シュタートラー、以下アウディ)は、グローバルマーケットでの成長を目指し、生産拠点をさらに世界に広げていく。

audi-has-opened-a-car-factory-in-mexico-start-production-of-the-new-audi-q520161009-2

9月最終周の金曜日、アウディの取締役会メンバーは、北米大陸に於けるアウディ社初の自動車組み立て工場の開設に立ち会った。

新工場は、メキシコのプエブラ州サンホセ・チアパスに設置。アウディはここで新世代のAudi Q5を生産し、世界中のマーケットに供給していく。

工場の生産能力は、約15万台/年で今年の暮れまでに、アウディメキシコにより、4,200人の従業員が雇用されることになる。

audi-has-opened-a-car-factory-in-mexico-start-production-of-the-new-audi-q520161009-5

アウディCEOルパート シュタートラーは「アウディの歴史におけるマイルストーン」と語る

アウディは、この取り組みにより、メキシコに生産拠点を持つ初のプレミアムカーメーカーになった。

アウディCEOのルパート シュタートラー氏は、「メキシコ工場の開設は、我々の会社の歴史におけるマイルストーンであり、国際化を推進するアウディにとって、大きなステップといえます。

これは、アメリカ大陸におけるもっとも近代的な工場のひとつです。

アウディは、この生産設備により、世界中のお客様に製品を供給する重要な拠点を確立することができました。

audi-has-opened-a-car-factory-in-mexico-start-production-of-the-new-audi-q520161009-4

メキシコは、50を超える国々と合計12の自由貿易協定を結んでおり、自動車メーカー及び部品サプライヤーにとっては、理想的な経済条件を得られる国のひとつといえるでしょう。

我々にとってこの工場は、10億ユーロを超える投資の対象というだけでなく、我々と共にこの事業をここまで導いてきた、この地域及びこの地域の人々に対する約束の証といえます」と述べた。

生産担当取締役のヒューバート ヴァルトル氏は「バーチャル技術を駆使して設計が進められた初の工場」

そう語ったシュタートラー氏は、同社の取締役を務めるヒューバート ヴァルトル氏(生産&物流担当、アウディメキシコの会長も兼務)、トーマス シギ氏(人事担当)、ベルント マルテンス氏(購買担当)、及びプエブラ州ラファエル モレノ ヴァレ知事、サンホセ・チアパスのホスエ マルティネス サントス市長と共に、新型Audi Q5の公式な生産開始を祝った。

audi-has-opened-a-car-factory-in-mexico-start-production-of-the-new-audi-q520161009-6

この席上で同社の生産担当取締役であるヒューバート ヴァルトル氏は、「メキシコの新工場は、“アウディ スマート ファクトリー”のコンセプトを具現化した生産施設のひとつです。

同拠点は史上初めて、コンピューターシミュレーションを介して、行程がバーチャルに検証されています。

我々はそうすることで、工程全体を最適化して、従来と比べて30パーセントも早く操業にこぎつけました。自動車業界においてこれは、ひとつの記録といえます」とコメントした。

audi-has-opened-a-car-factory-in-mexico-start-production-of-the-new-audi-q520161009-3

世界中の市場に毎年最大15万台のプレミアムSUVを供給。工場への投資額は10億ユーロ以上に

アウディは工場を設計する上で、最新のテクノロジーを駆使した。工場は、最初にバーチャルな空間のなかで、細部に至るまで精密に形作られた。

それは、様々な分野の設計者たちが、工場の設計について、同時に検討が行えるようにするためである。

audi-has-opened-a-car-factory-in-mexico-start-production-of-the-new-audi-q520161009-10

audi-has-opened-a-car-factory-in-mexico-start-production-of-the-new-audi-q520161009-11

audi-has-opened-a-car-factory-in-mexico-start-production-of-the-new-audi-q520161009-7

その結果、アウディは、400ヘクタールの敷地のなかに、プレス工場、ボディ工場、塗装工場、及び組み立てラインから構成される自動車工場を、わずか3年半という記録的な短期間で建設することに成功した。

ここでは、超現代的な工場設備ときわめて効率的な物流システムにより、年間15万台のAudi Q5を生産することが可能だ。

塗装工場では様々な水処理技術や革新テクノロジーを導入したことで、汚水の排出もなくなった。こうした新しい設備のおかげで水やガスや電力の消費も大幅に減り、資源効率のいい生産が可能となっている。

audi-has-opened-a-car-factory-in-mexico-start-production-of-the-new-audi-q520161009-8

部品メーカーと物流会社の7社が、「JIS(ジャスト イン シーケンス)パーク」を設置して稼働開始

工場敷地のすぐ隣に、協力メーカーの施設を集めたエリア(サプライヤーパーク)が設置されており、そこで、部品メーカーと物流会社のあわせて7社が、Audi Q5の生産スタートに合わせ操業を開始している。

audi-has-opened-a-car-factory-in-mexico-start-production-of-the-new-audi-q520161009-9

この「JIS(ジャスト イン シーケンス)パーク」により、部品メーカーの建物と組み立てラインが短い距離で結ばれることになり、生産工程に時間どおりの部品デリバリーが実現している。

アウディは生産開始の時点で、新型Q5の部品の70パーセント以上をNAFTA(北米自由貿易協定)地域から調達しており、今後も時間をかけて、現地調達比率を増やしていく計画であると云う。

audi-has-opened-a-car-factory-in-mexico-start-production-of-the-new-audi-q520161009-13

実際、すでに合計で100を超える企業が、メキシコで生産されるAudi Q5のために部品を供給している。

アウディはまた、企業としての社会的責任として、地域の人々をサポートしていく。これまでに、地元地域から3,300人以上の従業員を雇用しており、新設した教育センターで専用のトレーニングコースを用意して、学ぶ機会も提供している。

そこではすでに、5,300回のトレーニングコースが実施された。さらに、750人以上のメキシコ人従業員をドイツに招いて、より高度なトレーニングも実施しており、その時には、経験を積んだ従業員を指導役にしてサポート。

若い有能な人々に対しては、毎年約80の職場で実施している見習い技能者のためのデュアルトレーニング制度、インターンシップ プログラム、EMAスカラシップ(ドイツ留学支援)、「プログラマ デ エスペシャリスタス」(新社会人及び入社希望者に業務体験を提供する制度)など、様々な形でエントリーの機会を提供している。

なお新型Audi Q5は、アウディセダンのスポーツ性に、多目的に使えるキャラクター、フレキシブルに使えるインテリアを融合したプレミアムSUVである。

さらにコネクティビティ、エネルギー効率、ドライバーアシスタンスシステムの分野でも、セグメントの新しい基準を打ち立てた。

現在までに世界中で160万台販売されているAudi Q5は、同セグメントのプレミアムSUVのなかでもっとも成功しているモデルで、中国とインドでは、今後もそれぞれの市場向けに、現地での生産が継続される。