オートバックスの車買取査定システム「査定Dr(ドクター).」特許取得

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

autobacs-in-the-hands-of-regular-import-car-dealer20150401-4

株式会社オートバックスセブン(本社:東京都江東区豊洲、代表取締役社長執行役員:湧田節夫、以下、オートバックス)は、車買取・販売の「オートバックスカーズ」の車買取査定システム「査定Dr.」を使用した査定方法において、特許を取得した。

autobacs-car-purchase-assessment-system-assessment-dr-doctor-patented20151118-2

同特許は、「査定Dr.」(車買取査定システム)を使用した「車体再塗装有無の判定方法および同判定システム」で、車両の修理履歴の判別ができ、ユーザーの車の状態を適正に把握することができるのが特徴。

この「査定Dr.」を使用することにより、どのスタッフが査定を行っても、同じ査定金額を算出できることから、査定時に安心して車の査定を依頼できるようになると云う。

【査定Dr.の概要】
「査定Dr. 」は、「オートバックスカーズ」で車の買取査定をする際に使用するシステムで、タブレット端末を使用する。

端末に表示される車の各部位のチェック箇所を、検査項目ごとに確認・入力し、付属の膜厚測定器を用いて塗装膜の測定を行う。

また、端末のカメラで車検証に記載のQRコードを読み込ませることで入力の手間を省くなど、正確性と、査定時間を短縮している。

これらのデータは本部へ送信、検査結果を集積・一括管理を行い、査定価格を算出。査定は、この端末を使用した買取査定の研修を受講し、合格した専任スタッフが買取査定を行うことが可能で、スタッフの熟練度合いに左右されず、勘に頼らない査定をすることができるという仕組みだ。

オートバックスグループは、「カー用品販売」「車検・整備」と並ぶ事業の柱のひとつとして、1996年から中古車事業に参入、2002年から、「オートバックスカーズ」として車買取・販売を行ってきた。2015年11月現在では、478店舗で、車の買取・販売を行っている。

車の買取では、今回特許を取得した「査定Dr. 」の活用により、全国一律の査定価格を実現、業界で唯一の5日間の査定価格保証を設定している。

年間の買取台数も増加しており、2015年3月期に1万台を突破した。車の販売においては、新車・中古車を販売し2015年3月期で約2万4千台の実績を持つに至っている。

【問い合わせ】
オートバックスお客様相談センターフリーコール:0120-454-771
受付時間:平日9:00~12:00 13:00~17:30