BMW、100thアニバーサリー・ツアーを全国7都市で開催


bmw-among-the-strong-performance-management-take-over-to-a-new-ceo20150516-6-min

最新鋭の生産車とレーシング・カー、ヒストリックBMWを集約して展示。BMWの歴史と近未来を一望でき、家族で楽しめる記念イベント

ビー・エム・ダブリュー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ペーター・クロンシュナーブル、以下BMW)は、BMWグループの創立100周年を記念し、本年7月から12月にかけて全国7都市をめぐるツアー・イベント「BMW 100th ANNIVERSARY TOUR(ビー・エム・ダブリュー・ワンハンドレッス・アニバーサリー・ツアー)」を実施する。

bmw-ms-competition-model-bmw-m4-gts-a-limited-30-units-released20160415-7

BMW 100th ANNIVERSARY TOURは、BMWの100年の歴史の中から厳選したヒストリック・カーと生産車およびレーシング・カーの最新鋭車が一堂に会し、BMWの歴史と近未を一望できるイベントである。

ヒストリックBMWについては「堺市ヒストリックカー・コレクション」の協力で「BMW 507 Roadster(ロードスター)」、「BMW 2002 Turbo(ターボ)」および「BMW Isetta(イセッタ)250」が、「BMW Club Japan(ビー・エム・ダブリュー・クラブ・ジャパン)」の協力により「BMW 3200 S」が展示される。

市販車両はリモート・パーキングやジェスチャー・コントロールをはじめ世界最先端の技術を導入した新型BMW 7シリーズ、モータースポーツ技術を隅々まで注ぎ込んだ限定生産車「BMW M4 GTS(エム・フォー・ジーティーエス)」、プラグイン・ハイブリッド技術を採用した新型「BMW 330e(サンサンマル・イー)」、「BMW 225xe(ニーニーゴ・エックスイー)アクティブ ツアラー」に代表される最新鋭車が登場する。

competing-in-the-super-gt2016-with-bmw-team-studie-the-new-bmw-m6-gt320160303-6

そしてレーシング・カーの分野においては、日本のツーリング・カー・レース最高峰であるSuper GT選手権で活躍する「BMW M6 GT3(エム・シックス・ジーティー・スリー)」がレースのスケジュールを縫って会場に持ち込まれる(東京/仙台/札幌/大阪のみ)。

一部の展示専用車を除いた新型車は会場近隣におけるテスト・ドライブが可能なほか、株式会社タカラトミーとのコラボレーションによるプレイランドの開設や、オリジナル・フォト・カードの製作といったアトラクションも用意される。

限定生産車「BMW M4 GTS」を日本初公開。東京地区はグランド・オープン直後の「BMW GROUP Tokyo Bay」で2日間イベントを開催

bmw-and-mini-birth-brand-experience-type-sales-offices-in-coastal-fukutoshin-this-summer20160414-1

東京地区はBMW GROUP Tokyo Bayで2日間の特別イベントを実施
ツアーの皮切りとなる7月9日~10日の東京地区イベントは、東京都江東区青海の臨海副都心地域・東京ベイフロントに新設されたBMW/MINIブランド体験型販売拠点「BMW GROUP Tokyo Bay(ビー・エム・ダブリュー・グループ・トウキョウ・ベイ)」で開催される。

同拠点のグランド・オープンを記念する本イベントでは、BMWショールームにおいては、6台のヒストリック・カーを展示。それぞれの車両の横には年代に応じたドレスに身を包んだモデルがヒストリック・カーを彩る。

bmw-has-announced-the-concept-car-mini-vision-next-100-indicating-the-future-of-the-mini-brand20160624-8

MINIショールームではグラスファイバー製のMINIにアーティストのBakiBakiおよびShibuyaがペインティングを施すライブ・アートのほか、MINI John Cooper Worksによる2016年 JAF全日本ラリー選手権 第4戦「がんばろう!福島MSCCラリー2016」での走行を360°の3D映像で再現した「VRラリー・エクスペリエンス」、MINIの歴史やデザイン、100周年記念コンセプトカーである「MINI VISION NEXT 100(ミニ・ヴィジョン・ネクスト・ワンハンドレッド)」に関するエキシビションパネル展示が実施される。

敷地内のドライビング・エリアにおいては、BMW M6 GT3(10日のみ)、「MINI John Cooper Works(ミニ・ジョン・クーパー・ワークス)」、「BMW F 800 R(エフ・ハッピャク・アール)」、BMW M4、今年30周年を迎えるBMW M3(エム・スリー)の初代から現行5代目までの歴代全モデルがそれぞれのブランドの個性を体現した渾身のパフォーマンスを繰り広げる「The Ultimate Drive(ジ・アルティメイト・ドライブ)」が繰り広げられる。

この催しのドライバーを、Super GT選手権でBMW M6 GT3をドライブする荒 聖治/ヨルグ・ミュラー(10日のみ)、2016年全日本ラリー選手権に出場するMINI JOHN COOPER WORKS RALLY TEAMの大橋逸夫、エクストリームバイク スタントライダーの小川裕之各選手が務める。

BMW 100th Anniversary Tour開催スケジュール一覧
bmw-held-across-the-country-seven-cities-the-100th-anniversary-tour20160628-1
*開催場所・プログラム内容詳細 

BMW GROUP Tokyo Bayについて
臨海副都心地域の中心部に2016年7月8日グランド・オープンするBMW GROUP Tokyo Bayは、約2万7000m2という広大な敷地を利用し、それぞれ日本最大規模となるBMWショールームおよびMINIショールーム、300人以上を収容可能で一般貸出可能な国際会議ホール、基礎的な運転トレーニングも可能なドライビング・エリアなどを組み合わせた複合施設である。

BMW/MINIの全ラインナップの試乗車を常時配備し、試乗専用カウンターも設置する。ショールームには、サブブランドであるBMW M、BMW iやMINI John Cooper Works、BMWインディビデュアルの専用展示スペースが設けられるほか、来場者駐車場、カフェ、ライフスタイル・ショップ、電気自動車用充電設備や認定中古車展示スペース、簡易整備用ワークベイなど付帯設備も充実させている。

本施設が臨海副都心地域のさらなる活性化を促すことが期待されており、グローバルなMICE(国際会議、学会、展示会)の拠点としての役割も担うほか、近隣他団体とのイベント共催も企画していく。

BMW M4 GTSについて
BMW M4クーペのポテンシャルをさらに高め、BMW M社による革新的なモーター・スポーツ・テクノロジーを集約したレース仕様のモデルであるが、公道も走行できる。3リッター直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンは、革新的なウォーター・インジェクション・システムを組み合わせることで、最高出力368kW(500ps)、最大トルク600Nm(61.2kgm)を実現。

3.8秒(ヨーロッパ仕様車値)で時速100kmまで加速し、BMWの量産モデルで最速の加速性能を誇る。

CFRP製の角度調整式リヤ・ウィングやリヤ・ディフューザー、フロント・スプリッターといった専用装備、エクステリアとインテリアの随所に採用されたCFRP製パーツや、室内の軽量化構造、2シーター仕様の採用により徹底的な軽量化を図り、クラブ・スポーツ・パッケージを標準装備している。日本市場では限定30台が発売される。