BMW、i新ラインナップなどを第86回ジュネーブ国際モーターショー2016に出展

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビー・エム・ダブリューAG(BMW AG本社:バイエルン州ミュンヘン、社長:ノルベルト·ライトホーファー、以下、BMW)は、3月3日~16日に掛けて開催される2016年ジュネーブ国際モーターショーに於いて、ワールド・プレミアとして「ニューBMW M760Li xDrive」を出展する。

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-11

また今回新たに、BMW iからコア・ブランドであるBMWへの技術の継承を意味するiPerformance(アイ・パフォーマンス)というモデル名称をリリース。今年7月よりすべてのBMWプラグイン・ハイブリッド・モデルに同モデル名称を使用していくとした。

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-21これに先立ってジュネーブ・モーターショーでは、新しいプラグイン・ハイブリッド・ラグジュアリー・セダンとして、ニューBMW 740e iPerformance、BMW 740Le iPerformance、およびBMW 740Le xDrive iPerformanceを展示。

さらにニューBMW M2は、数多くのMパフォーマンス・コンポーネントをまとっての登場となった。

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-1

ニューBMW M760Li xDrive、ジュネーブ・モーターショーでワールドプレミア

なおBMW iブランドからは、BMW i8 Protonic Red Edition(プロトニック・レッド・エディション)と、BMWコネクテッド・ドライブの新しいサービスであるオンストリート・パーキング・インフォメーションがワールド・プレミアとなる。

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-2

市場導入されて間もないニューBMW 7シリーズのプレステージを体現するこのフラッグシップ・モデルは、Mパフォーマンス・ツインパワー・ターボ採用の12気筒ガソリン・エンジンを搭載。

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-8

モデル・シリーズの頂点に君臨する存在感を示す。そのユニークな作動特性と、どこからでも胸のすく立ち上がりを見せる出力特性がこのパワー・ユニットの特徴となる。

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-9

突出した運動性能と優れた走行快適性の組み合わせとなったBMW M760Li xDriveは、ラグジュアリー・セダンにおける新たな基準を確立する。

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-6

同モデルは、BMW Mパフォーマンス・モデルのダイナミックさを体現。Mパフォーマンス・ツインパワー・ターボ採用の12気筒ガソリン・エンジンは、最高出力441 kW/600 PS*(複合モード燃費:12.6リッター/100 km、複合モードCO2排出量:294 g/km)** を発生し、静止状態から100 km/hに達するまでの所要時間は3.9秒*で、最高速度は250 km/h(制限値)、またMドライバーズ・パッケージ装備車の最高速度は305 km/h(制限値)となる。

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-5

* 暫定値。
** 燃費はEUテスト・モードに基づき算出された暫定値で、タイヤ・サイズにより異なる。

 

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-11
BMW iPerformance初披露。名前とデザイン要素によってBMW iからBMWへの技術継承が明らかに

新たに登場するiPerformanceというモデル名称は、BMW i からコア・ブランドBMWへの技術の継承を誰の目にも明らかな形で伝える印であり、今年7月より、すべてのBMWプラグイン・ハイブリッド・モデルにこのモデル名称が使用される。

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-12

そのワールド・プレミアを飾るのが、ニューBMW 7シリーズに導入される3台のプラグイン・ハイブリッド・ラグジュアリー・セダンである。

これによりBMWは、BMW 2シリーズからBMW 7シリーズまで合計5つのプラグイン・ハイブリッド・モデルを揃え、コンパクト・クラスからラグジュアリー・クラスまでを網羅することになった。

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-13

その上で、将来はさらにモデルが追加される予定。BMWのすべてのプラグイン・ハイブリッド・モデルは、電気モーター、バッテリー・セル、電子制御コントロール・ユニットにBMW iのノウハウを活用。

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-14

BMWの徹底した電動化戦略を外観からも判るようにするため、すべてのiPerformanceモデルのフロント・サイド・パネルには、BMW iのロゴ、キドニー・グリルとホイール・ハブにはお馴染みのBMW iのブルーのアクセント、そしてCピラーにeDriveのロゴが取り付けられる。

さらにユーザーは、BMW i 360° ELECTRIC関連の製品やサービスを利用できる。

まず、自宅で充電するための充電ステーションであるBMW iウォール・ボックスと、その設置サービスがあり、また適切な再生可能エネルギーを提供する事業者によるグリーン電力契約の斡旋も含まれる。

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-15

これらに加え、実用的なBMW iリモート・アプリやインテリジェントなBMWコネクテッド・ドライブ・サービスも提供される。

ニューBMW7シリーズのプラグイン・ハイブリッド・モデルの駆動系は、BMWツインパワー・ターボ・テクノロジーを採用した4気筒ガソリン・エンジンと、240 kW/326 PSのシステム出力を発生させる電気モーターで構成。

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-16

ニューBMW 740e iPerformance(標準ホイールベース)と、ニューBMW 740Le iPerformance(ロング・ホイールベース)は高い運動性能を発揮しながら、平均燃費2.1リッター/100 km、CO2排出量49 g/km* を達成。

加えてニューBMW 740Le xDrive iPerformance(複合モード燃費:2.3リッター/100 km、複合モードCO2排出量:53 g/km)* は2つのパワー・ユニットからの動力を、インテリジェント・フルタイム四輪駆動システムを通じてオンデマンドでフロントおよびリヤ・ホイールに分配していく。
* プラグイン・ハイブリッド車両用のEUテスト・モードに基づく暫定値で、装着したタイヤ・サイズにより異なる。

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-17

ニューBMW 7シリーズのプラグイン・ハイブリッド・モデルでは、優れた乗り心地とラグジュアリーなエクスペリエンスを純粋に電気だけによるローカル・ゼロ・エミッション・モビリティとして体験することができる。

つまりこれらのモデルは、BMWブランドのモデルの中で、これまでで最も徹底した形でエフィシエント・ダイナミクスを体現している。

 

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-21
ニューBMW M2クーペの運動性能を向上させ、さらにデザインの個性化を演出する数々のBMW Mパフォーマンス・パーツ

ニューBMW M2クーペは、運動性能とパフォーマンスに関してコンパクト高性能スポーツ・カー・セグメントに新たな基準を確立する。

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-22

その外観デザインは、極めてダイナミックなキャラクターと傑出したモータースポーツ性能を強調するものとなった。

またユーザーは、モータースポーツから着想を得た機能性とデザインに対する妥協のない高い要求水準を満たした、エアロダイナミクス、駆動系、コクピットおよびサスペンション関連のコンポーネントを選ぶことができる。

 

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-31

BMW iからはBMW i8 Protonic Red Editionを出展。プレミアム電気自動車メーカーの中で存在感を示す

BMW iは純粋に電気だけで走行が可能なBMW i3と、革新的なプラグイン・ハイブリッド・スポーツカーBMW i8を投入。

すべてのプレミアム電気自動車メーカーの中で最大のマーケット・プレゼンスを獲得しつつ、将来のパーソナル・モビリティのあるべき姿も追求し続けて来た。

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-33

BMW iブランド自身は、一貫してサステイナビリティ(持続可能性)を追求しており、この点に関してBMW i3は、世界で唯一のカーボン・フットプリント(炭素の足跡)認定*を獲得したクルマでもある。

BMW iは、革新的なモビリティと先進的なデザインという点を重視。今回ジュネーブ・モーターショーで紹介するニューBMW i8プロトニック・レッド・エディションは、このブランド・キャラクターを体現するべく、専用のアクセントと装備品により新たな個性を提供する。

 

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-41
BMWコネクテッド・ドライブ  オンストリート・パーキング・インフォメーション・サービスを初披露

BMWグループは、プレミアム・モビリティ分野におけるリーディング・サプライヤーとしての役割を特に重視しており、インテリジェント・パーキング・スペース検索機能であるオンストリート・パーキング・インフォメーション等の独自サービスを提供している。

bmw-i-exhibitors-new-lineup-such-as-the-86th-geneva-international-motor-show-2016-0215-42

これに際して、BMWグループは車両のネットワーク化がもたらす利点を活用し、世界の自動車メーカーとして初めて、大都市における道路脇の公共の駐車スペースが利用可能かどうかを素早く表示できる機能を搭載した

その結果は、車載のコントロール・ディスプレイに表示され、ドライバーはあちこちを探し回ることなく、高い確率で空いている駐車スペースを発見できそうな区域へ直接向かうことができる。