三菱自動車工業、ガルーダ・インドネシア航空とコラボ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、取締役CEO:益子修)は3月28日、ブランド・メッセージ “Drive your Ambition”と同社の企業ロゴを施したガルーダ・インドネシア航空の特別塗装機1機が期間限定で運航を開始したことを発表した。

特別塗装機の前で記念撮影するアスカラ社長(左)と中村社長(右)
特別塗装機の前で記念撮影するアスカラ社長(左)と中村社長(右)

なおこの航空機は3月23日に就航したジャカルタ・名古屋直行便の初便での運航が行われている。

これについて当地で三菱自動車のクルマを販売するミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・セールス・インドネシア(MMKSI)の中村直哉社長は「インドネシアの三菱自動車がガルーダ・インドネシアと、国内外で多くのプロジェクトに協力できることを嬉しく思います。引き続き、お客様に愛されるよう商品力向上に努めていきます」とのコメントを残している。

ちなみに三菱自動車は昨年12月、ジャカルタ空港内のガルーダ・インドネシア航空のシャトル輸送車として401台のMPV『エクスパンダー』を納入。今年2月にはガルーダ・インドネシア航空のインドネシア国内航空機で、三菱自動車MPVのエクスパンダーを描いた特別塗装機の運航を開始している。

特別塗装機と『エクスパンダー』(左)と『パジェロスポーツ』(右)
特別塗装機と『エクスパンダー』(左)と『パジェロスポーツ』(右)

今コラボレーションは、このインドネシア国内線のエクスパンダー特別塗装機に続くもの。三菱自動車では「自動車の販売とアフターサービスを通じてインドネシアのお客様に高い満足を提供しており、顧客志向の高いブランドとして受け入れられています。

今後もお客様に快適で上質な移動を提供する両社のコラボレーションを通じ、幅広いお客様に満足いただけるサービスを提供してまいります」と話している。