ダイムラー商用車部門、世界6カ所へのリージョナル・センター開設を完了し、本格稼働開始


daimler-ag-overall-it-makes-a-negative-tampering-allegations20150928-1

インド・チェンナイに南アジア地域6カ国、ブラジルに中南米地域34カ国を統括するリージョナル・センターを開設。世界6カ所のリージョナル・センター(RC)開設を完了

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ)とダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社が協業を行うダイムラー・トラック・アジア(以下 DTA)は、ダイムラーの商用車部門が世界6カ所に開設したリージョナル・センター(RC)を本格活用して、FUSOとバーラトベンツの販売とカスタマーサービスの拡大を図る。

transfer-daimler-trucks-asia-opened-the-business-hub-of-the-commercial-vehicle-sector-to-southeast-asia20160306-1

ダイムラー商用車部門は、成長のカギとなる世界6地域に販売とカスタマーサービスを統括するRCの開設を完了した。

リージョナル・センターでは「FUSO」や「バーラトベンツ」ブランドなどの販売とカスタマーサービスを支援

最後の開設拠点となった南アジアを統括するセンターのオープニングセレモニーを、5月19日にインド・チェンナイで開催。

2015年10月のドバイ開設を皮切りに、7カ月の間に順次、世界6カ所でセンターを立ち上げるなど、ダイムラーは自社の顧客に対して、より近いところでのビジネスを実現しつつある。

チェンナイに拠点を置くダイムラー・コマーシャルビークルセンター・サザンアジア(以下 DSA)は、スリランカやバングラデシュ、ミャンマーなど南アジア6カ国のFUSOトラックとバス、バーラトベンツをはじめとするダイムラー商用車ブランドの販売とサービスを支援していく。

ダイムラー・トラック・アジアは本格稼働したRCを活用し、グローバルでの存在感とマーケットシェアを高めます

この取り組みについて、ダイムラーAG取締役兼トラック・バス部門総責任者のウォルフガング・ベルンハルト氏は、「現地のお客様との関係強化、市場変化への迅速な対応、リードタイムの短縮を目的に、成長のカギとなる地域にRCを7カ月の間に順次6カ所を設置してきました。

6カ所目の開設となった南アジアではスリランカやミャンマー、ネパールなどのお客様により高いサービスと商品をお届けします。

同地域でダイムラー商用車部門の販売実績は昨年、前年比43%以上の上昇しており、ポテンシャルの高さを示しています」と述べた。

またDTA総責任者のマーク・リストセーヤ氏は、「DTAにとってRC開設は、ダイムラーのグローバルプレゼンスを直接活用できる一例です。RCを通して日本とインドからの輸出機会が更に拡大すると期待しています」と今後の抱負を語った。

6カ所目の開設となった南アジアではスリランカやミャンマー、ネパールなど南アジア市場で新規参入国での存在感を加速

今後DSAは、スリランカ、ミャンマー、ネパール、バングラデシュ、ブータン、モルディブの6カ国の販売・セールス活動の支援を統括していく。

DSA社長のアミット・ビシュトゥ氏は、「我々は同地域に大きな期待をしています。

ブランドと商品ラインアップは既に好評を得ており、RC開設で販売台数の更なる増加を見込んでいます。

2014年の6カ国平均GDPは6%と、成長のポテンシャルを顕著に示しています。特にスリランカは、40年もの間、ダイムラーとして販売とサービス活動を行っています。

FUSOはマーケットシェアが日本メーカーの中で6年連続トップを維持するなど、ダイムラー商用車部門にとり重要な市場となっています。

ミャンマーとネパールにはダイムラーは2年前に新規参入しました。共に中古車市場が盛んである一方で、FUSOとバーラトベンツの認知度は高く、販売拡大が見込めます」とコメントした。

中南米市場に於いて、ペルーでは確固たる地位を維持。新型FUSO導入で販売をさらに拡大

FUSOは、現段階に於いてペルーで最大のマーケットシェアを維持している。

特に小型トラック「キャンター」と小型バス「ローザ」ではエンジン性能と車両の耐久性が高く評価されているという。

DTAは昨年から新型FUSO車両をチリ、ドミニカ、パナマ、スリナム、トリニダード・トバゴ、ボリビア、コスタリカ、ホンジュラスへ販売を開始し、そのほかの中南米市場にも順次導入予定。新型FUSO導入で販売の更なる拡大を目指すとしている。

リージョナル・センター管轄マーケット一覧

  • RC MENA(所在地:ドバイ、UAE)
    アフガニスタン、アルジェリア、バーレーン、エジプト、イラン、イラク、ヨルダン、クウェート、レバノン、リビア、モロッコ、オマーン、パキスタン、カタール、サウジアラビア、シリア、チュニジア、UAE、イエメン
  • RC 東・中央・西アフリカ(所在地:ケニア)
    アンゴラ、ベニン、ブルキナファソ、ブルンジ、カメルーン、カーボベルデ、中央アフリカ、チャド、コモロス、コンゴ民主共和国、ジブチ、赤道ギニア、エリトリア、エチオピア、ガボン、ガンビア、ガーナ、ギニア、ギニアビサウ、コートジボワール、ケニア、リベリア、マダガスカル、マリ、モーリタニア、モーリシャス、ニジェール、ナイジェリア、コンゴ共和国、ルワンダ、サオトメ・プリンシペ、セネガル、セーシェル、シエラレオネ、ソマリア、南スーダン、スーダン、タンザニア、トーゴ、ウガンダ、西サハラ
  • RC 南部アフリカ(所在地:南アフリカ)
    ボツワナ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、スワジランド、ザンビア、ジンバブエ
  • RC 東南アジア(所在地:シンガポール)
    ブルネイ、カンボジア、フランス領ポリネシア、フィジー、香港、インドネシア、ラオス、マレーシア、モンゴル、ニューカレドニア、パプアニューギニア、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、バヌアツ、ベトナム
  • RC 南アジア(所在地:チェンナイ、インド)
    バングラデシュ、ブータン、モルディブ、ミャンマー、ネパール、スリランカ
  • RC ラテンアメリカ(所在地:ブラジル)
    アンディグア、バハマ、バルバドス、ベリーズ、バミューダ、ボリビア、ケイマン、チリ、コロンビア、コスタリカ、キューバ、ドミニカ、エクアドル、エスサルバドル、グレナダ、グアドループ、グアテマラ、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、ジャマイカ、マルティニーク、モントセラト、アンティル、ニカラグア、パナマ、パラグアイ、ペルー、セントキッツ、セントルシア、スリナム、トリニダード・トバゴ、ウルグアイ、ベネズエラ

DTAについて
ダイムラー・トラック・アジア(DTA)は80年以上の歴史を誇る三菱ふそうトラック・バス株式会社と、インド市場で躍進的な成長を続ける新会社ダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社が共同で事業を行う組織。

DTAは製品開発、生産、輸出、調達、研究活動を共同で行い、お客様にとって価値ある製品とサービスを提供する戦略的なビジネスモデルを推進している。

Tuvichomsaoの関連記事
三菱ふそう、強固な基盤を持つ中東クウェートに新型の中大型トラックを新たに投入(2016年6月4日)

三菱ふそう、ペルー市場に新型車両を投入(2016年5月27日)