デンソー、IAA(フランクフルト国際モーターショー)に出展

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

denso-the-japan-automobile-parts-research-institute-moved20150416-1

株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、9月17日(木曜日)から27日(日曜日)まで ドイツ・フランクフルトで開催される「IAA(フランクフルト国際モーターショー)」に出展し、デンソーが注力する環境、安心・安全を中心に最新の技術や製品をドイツを中心に欧州全域にへ向けて紹介していく。

環境分野においては、パワートレイン・カーエアコンの省燃費技術や、マイクログリッドでの効率的なエネルギー利用など、持続可能な社会を目指すデンソーのアプローチを映像展開。

denso-exhibited-at-the-iaa-frankfurt-international-motor-show20150910-2

また、ガソリンエンジンの直噴システムや、ディーゼルエンジンのコモンレールシステムを展示し、通常では見ることのできない製品内部における燃焼の様子を、プロジェクションマッピングを用いることで判り易く伝えていく。

安心・安全分野においては、事故のないクルマ社会を実現するための技術や取組みを積極的に紹介していく。

denso-exhibited-at-the-iaa-frankfurt-international-motor-show20150910-3

具体的には、車線逸脱防止や歩行者検知などの「予防安全システム」、前方の渋滞情報などを事前にドライバーに伝えるためのクルマとインフラやクルマ同士をつなぐ技術(V2X)などを展示する。

将来の安全技術を体験できるデモ機では、ドライブ中、危険個所に差し掛かった際のドライバーへの注意喚起方法や、合流や車線変更の際のサポートを体感することができる展示も展開していくという。