FCAジャパン、Alfa Romeo Giulia(アルファ ロメオ ジュリア)を公開

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

fca-japan-published-an-alfa-romeo-giulia20150626-2-min

2015年6月24日(現地時間)、イタリア・アレーゼのアルファ ロメオ歴史博物館において「Alfa Romeo Giulia(アルファ ロメオ ジュリア)」が、世界の報道関係者に対して世界初公開された。

105年の歴史を持つこの自動車メーカーは、レースに於ける数々の勝利によっても別格な存在とされているブランドであるが、なかでも同シリーズの最上位モデルとなるQuadrifoglioバッジを備えたAlfa Romeo Giuliaの発表は、今年105年目を迎えるアルファ ロメオ ブランドに於いてもまさしく特別な日となった。

アルファ ロメオは、1910年6月24日に設立されたロンバルド自動車製造公開会社こと、A.L.F.A.(Anonima Lombarda Fabbrica Automobili)を源流に持つ伝統の自動車メーカーだが、新時代を代表するNEWモデルを発表した今日の日を迎え、過去・現在・未来を集約し、まさしく新たな時代の1ページを拓いたと云えるだろう。

fca-japan-published-an-alfa-romeo-giulia20150626-10-min

また新生Alfa Romeo Giuliaの発表にあたり、アレーゼのアルファ ロメオ歴史博物館ほど相応しい場所もない。このアルファ ロメオの「ホーム」とも云える同博物館は、アルファロメオの革新的な作品が数多く展示されている。

これらのクルマ達は、人類の自動車の歴史において、最も貴重なものとされており、今なお若い自動車デザイナーにとってインスピレーションの源泉となっている。

■新自体を体現する新しくなったエンブレム

未来の難問に立ち向かうには、「偉大な過去なくしては不可能である」というアルファ ロメオブランドの考えのもと、Alfa Romeo Giuliaは、伝統に忠実でありながらも、新たなアルファ ロメオの姿を体現している。

fca-japan-published-an-alfa-romeo-giulia20150626-11-minその精神はRobilant Associatiによってリ・デザインされた新しいエンブレムにも示されている。その意匠は、確かに近代化されたが、世界中から敬意を集めるその形状と、スタイルエレメントが明確に残されている。

■「meccanica delle emozioni(感情を持った機械)」

アルファロメオでは、クルマ造りの哲学が「meccanica delle emozioni(感情を持った機械)」という言葉に集約される。

アルファ ロメオは、「一目でそれと分かるイタルデザイン」、「高度かつ革新的なエンジン」、「50/50の完璧な重量配分」、「独自の技術的ソリューション」、および「最高のパワーウェイトレシオ」の5つの要素に裏付けられている。

fca-japan-published-an-alfa-romeo-giulia20150626-12-min

これらはアルファ ロメオとして、どれひとつとして欠くことのできない要素でもある。Alfa Romeo Giuliaは、そのシートに座るだけで、息を呑むドライビング体験が約束されたような感覚に包まれる。

繊細なステアリング、応答性の高いアクセル、迅速に反応するシフトフィーリングと極めてリアルなブレーキのタッチが、この感覚を創り出すことに貢献している。また後輪/四輪駆動は、アルファロメオの真のルーツであり、ドライビングの愉しさを生み出す手段のひとつでもある。

■一目で分かるイタリアンデザイン

アルファ ロメオは伝統、スピード、および美しさの完璧なバランスから生み出され、それらを通じて、自動車の世界で最も純粋かつ先鋭的なイタルスタイルを体現している。

Alfa Romeo Giuliaも例外ではなく、イタリアンデザインの真髄であるプロポーション、シンプルさ、上質な表面仕上げが施されている。

fca-japan-published-an-alfa-romeo-giulia20150626-8-min

特にそのプロポーションは、クルマ全体の技術的アーキテクチャがその基盤となり、50/50の重量配分と後輪駆動が重要な構成要素となった。この完璧な重量配分を得るため、エンジンとそれに関わる駆動部分は、すべて前後2本の車軸の間に巧みに収められている。

これによってGiuliaは非常に短いオーバーハングと長いボンネットを持ち、これらの要素から同カテゴリーでは最もコンパクトな車体でありながらも、長いホイールベースを持つ特徴的なアピアランスを生み出すことになった。

さらに丸みを帯びた角の部分と、覆い隠されたピラーが与える効果により、かつて作られた中で最も美しいクルマのひとつ「Giulietta Sprint」を思い起こさせる「涙滴型」のプロファイルを彷彿とさせるイメージも内包している。

fca-japan-published-an-alfa-romeo-giulia20150626-9-min

2番目の要素は、イタルデザインの「シンプルさ」にある。エレガントな形状と洗練されたイタリアのテイストを強調するその自然なラインは、クリーンで緊張感を持つアルファロメオの世界観を身を以て体現している。

またAlfa Romeo Giuliaには、ドアハンドルを包み込むサイドのライン、および自動車史上において、伝説ともなっている三つ葉のノーズも新世代のアルファ ロメオを表現するいちテイストとして使われている。

■高度かつ繊細なフィールを生む革新的エンジン

Alfa Romeo Giuliaの1番の注目点は、その美しいフロントノーズに収められた革新的エンジンにある。

これこそ新しい時代を迎えた真のアルファロメオを特徴付けるものだ。フェラーリ出身のエンジニアにより、チューニングされたこの6気筒ターボエンジンは、510馬力の出力に加え、0-100km/hの加速をわずか3.9秒で走りきる驚異的なパフォーマンスを実現している。

fca-japan-published-an-alfa-romeo-giulia20150626-4-min

にもかかわらず、新エンジンは驚くほどの好燃費も達成し、併せて電子制御による気筒休止システムも備えている。同車に搭載される次世代ガソリンエンジンおよびディーゼルエンジンと同様、この6気筒エンジンも重量、特に前車軸の荷重を減らすため、すべて構成部材にアルミ素材が選ばれている。

■50/50の完璧な重量配分を実現

Alfa Romeo Giulia開発の過程では、50/50の重量配分を実現するための厳しい重量管理があったという。それは新生アルファロメオにとって欠くことの出来ない要素であり、重量のかさむ要素を可能な限り中央に配置することによって、これが達成された。

fca-japan-published-an-alfa-romeo-giulia20150626-7-min

また最高のドライバビリティと重量配分を実現するには、サスペンションも極めて重要なファクターとなる。

Alfa Romeo Giuliaでは、後車軸に歴代最高のパフォーマンス性能と快適さを両立させるためマルチリンクサスペンションを採用。

fca-japan-published-an-alfa-romeo-giulia20150626-6-min

また前車軸用にはクイックで高精度なステアリング特性を実現するため、専用のダブルウィッシュボーン型サスペンションが開発された。

これによりコーナリングでは常に一定のキャスタートレールを維持し、いかなる状況においてもナチュラルで直感的なドライブフィールを実現している。

■革新的な独自のテクノロジー数々

高品質なシャーシとサスペンションは、アルファロメオを表す要素のひとつである。それゆえに電子制御技術は、ドライビングがさらに魅力なものにするためのみ使用される。

fca-japan-published-an-alfa-romeo-giulia20150626-13-min

今回のAlfa Romeo Giuliaの場合も、例えば各車輪へのトルク配分を制御するために搭載されたTorque Vectoringがそのひとつである。これによりあらゆる路面状況に於いても優れたパワー伝達性が確保されるようになった。

■最高のパワーウェイトレシオ

3kg/hp未満のパワーウェイトレシオを得るため、Alfa Romeo Giuliaは、車両全体に超軽量素材使用が使われている。

fca-japan-published-an-alfa-romeo-giulia20150626-3-min

例えばプロペラシャフト、ボンネット、およびルーフには炭素繊維を、エンジン、ブレーキ、サスペンション(フロントドームとフロントおよびリアフレームを含む)、ドアやウィングなど他の多くのコンポーネントには、アルミ素材が採用された。

さらにリアのクロスメンバーはアルミ複合材と高性能樹脂素材から作られている。もちろん足回りにもその配慮はなされており、総重量軽減を求めてブレーキシステムにはアルミ製部品とカーボンセラミックの組み合わせが、またシートの構造フレームにも炭素繊維が奢られている。

関連記事
New Alfa Romeo Giulia(新型アルファ ロメオ ジュリア)走行映像公開

 

その他の記事(新車関連)
Alfa Romeo Giulia(アルファ ロメオ ジュリア)走行映像公開
新型MINI Clubman(ミニ・クラブマン)登場
FCAジャパン、Fiat 500/500C Gialla(ジャッラ)発売
FCAジャパン、Fiat Panda 4×4 Comfort発売
FCAジャパン、Alfa Romeo Giulietta105周年記念限定車発売

ポルシェ、ボクスターと911カレラのブラックエディション
BMW4シリーズグランクーペ135台限定「Style Edge xDrive」
GMジャパン「キャデラックCTS-V」のパワーユニットを発表
GMジャパン、キャデラック「ATS-V」のパワーユニット公表
アウディ Audi A5 Sportback / A5 coupe S line competition

Mercedes-AMG A 45 4MATIC Yellow Color Line発表
インフィニティ新Q30今秋フランクフルト2015で初公開
ホンダ、GRACE(グレイス)にガソリン車を追加し発売
スバル、インプレッサ SPORT HYBRID発売
ダイハツ、3つ目の意匠となる「コペン セロ」を発売

三菱、新型アウトランダーPHEV/アウトランダー発売
メルセデス・ベンツCLA シューティングブレーク発表
メルセデス・ベンツCLA Shooting Brake OrangeArt Edition
メルセデス・ベンツ、新クロスオーバーGLC世界初公開
フォード、エクスプローラーLIMITED EcoBoost限定200台

トヨタ、ランドクルーザープラドを一部改良して発売
アウディ、AUDI R8 E-TRONいよいよ受注開始へ
ホンダ、MotoGPマシンの公道走行車「RC213V-S」発売
VW、UP
!にアイドリングストップ機能、燃費12%向上
BMW、新7シリーズを欧州マーケットで公開

ケータハム、欧州市場へワイドボディ、セブン275R
VW、6年ぶりにM/Tモデルを導入・受注開始
FCAジャパン、コンパクトSUV「Fiat500X」今秋販売
BMW、次世代BMW X1を欧州において公開
BMW、640iクーペM Performance Edition全国10台限定発売

VW、欧州市場でパサートGTEの受注開始
ホンダ、シビック タイプRの市販モデル、欧州デビュー

英マクラーレン570S/540C Coupe日本初公開
ジャガー、新型スポーツ・サルーン・モデルXE受注開始

ボルボ、Volvo V40 R-DESIGN Carbon Edition88台限定発売

BMW 5シリーズ セダンの限定モデル「Grace Line」を発売
スズキ、新型軽乗用車「アルト ラパン」を発売

オペル、5ドアハッチバックの「カール」を正式発表

トヨタ、ハリアーを一部改良、特別仕様車も追加発売

ルノー、小型クロスオーバー車「カジャール」欧州発売

ランボルギーニ、新型SUV「URUS」市場投入は2018年
マツダフレアワゴンにISG搭載で低燃費32.0km/Lを達成

ホンダフリードにプレミアムエディション誕生5/29発売

メルセデスAMG C 63 S Edition(エディション)1を限定発売

メルセデスAMG C 63(セダン・ステーションワゴン)発表

プジョー、特別限定車「208 Style」を発売
BMW、2シリーズ グラン ツアラー誕生6/6発売

アウディ、A8に3台の限定モデル、5/26より発売

ルノー・ジャポン、メガーヌ ハッチバック ゼンを追加

トミーカイラZZ 増資完了、合成走行音搭載車は今秋登場

日産NV350キャラバン トランスポーターの仕様一部刷新
シトロエンDS4新エンジン32%燃費UP価格は320万円から
ルノー、特別色のルノー カングーを100台限定発売

FCAジャパン、Jeep限定車2モデル5/30より発売

GMジャパン、7座席SUVシボレーキャプティバ限定発売

全世界500台限定モデルMcLaren 675LT日本初上陸
MINI Crossverに日本限定モデル登場

トヨタ、ハイラックスをタイでフルモデルチェンジ

ホンダ、JADE(ジェイド)に1.5L VTEC TURBO搭載

BMW、クリーンディーゼル218dアクティブツアラー

新型マツダ ロードスター、5/21いよいよ発売へ
スバル、インプレッサSPORT HYBRIDの先行予約始まる

シトロエン最後のC5 Final Edition、60台限定発売

スバル、ステラを改良して5/20から発売
スズキ、スペーシアシリーズ改良。低燃費・衝突安全向上

ダイハツ、コペン「第3のモデル」先行受注開始
ホンダ、新コンパクトステーションワゴン・シャトル発売
アウディ、欧州エリアで最新「R8 V10」の受注開始
マツダ、フレアクロスオーバーを商品改良して発売
BMW 1シリーズ発表、300万円を切る戦略的な価格設定

アウディ、A1 1.0TFSIで250万円を切る価格へ
アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLAC

フォルクスワーゲンVW新トランスポーター(T6)生産開始
VWゴルフGTIクラブスポーツ、オーストリアでお披露目
トヨタSAI改良、世界初スーパーUV400カットガラス採用
メルセデス・ベンツ、AMG GT受注開始。1462万円〜
ボルボ、女性誌モデル五明祐子さんセレクトの限定車発売

トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良、5月7日発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪う車
NEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー
FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台

その他の記事(モータースポーツ)
WTCC第6戦・スロバキアでもシトロエン勢の強さ際立つ
ポルシェ911 GT3R が灼熱のタイで今シーズン初ポイント
SUPER GT500第3戦タイ、S Road MOLA GT-R3年ぶりの栄冠
SUPER GT300第3戦タイ、B-MAX NDDP GT-R同地で連覇
シトロエンWTCC欧州3連戦に挑む。ライバル達の雪辱なるか

三菱の新アウトランダーPHEV、バハ・ポルタレグレ500参戦
TOYOTA GAZOO Racing、スーパー耐久の挑戦者を決定
トヨタ、ル・マン24時間レース健闘したが雪辱果たせず
ポルシェ、ル・マン24時間レース後のチームコメント
VW、WRC第6戦オジェ選手・逆転優勝、今期5勝目

ル・マン24時間、ポルシェ1998年以来17年振りの優勝
フォード、来年度のル・マン24時間耐久レースに参戦宣言
日産、ル・マン24時間の決勝12、13、14番手からスタート
ルマン24時間予選、ポルシェ919ハイブリッドが1-2-3位獲得
ル・マン24時間、TOYOTA予選初日は7・8番手

プジョー 208 GTi、全日本ラリー選手権第3戦でクラス4位
ポルシェ、過酷なレース活動は未来のクルマを育むゆりかご
ポルシェ919ハイブリッド3台ル・マンのテストデーを消化
日産GT-R LM NISMO、ル・マン公式テストで初走行を公開
ポルシェ、3台の919ハイブリッドでル・マンの勝利を狙う

その他の記事(イベント)
【JAF福島】Superシニアドライバーズスクール開催報告
名神高速道路、全線開通50周年キャンペーンを開催
東名高速道路 EXPASA足柄「エヴァンゲリオン」とコラボ
スーパーモトクロス in 神戸エアポートにダンロップブース
ポルシェ、軽井沢MOTOTECA COFFEEでMacanの試乗会

ブリヂストン、大学とのコラボ企画展2年連続開催
ホンダコレクションホール、MotoGP展7/18から
BMW、音楽イベントSadao Watanabe Orchestra協賛
三菱、「スターキャンプ2015 in朝霧高原」を開催
トヨタ博物館、企画展「はたらく自動車」を開催

ヤマハ、マリンカーニバル2015ららぽーと豊洲出展
BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2015開催、8月29・30日
Audi Forum Tokyo 2F Audi Caféでル・マン24観戦実施
日産本社でル・マン24時間のパブリックビューイング開催
第44回東京モーターショー2015、全展示部門で出展者が決まる

トヨタ、幼児向け交通安全教室トヨタセーフティスクール開催
LEXUS、ミラノデザインウィーク2015受賞作品を東京展示
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露
トヨタ自動車「第39回トヨタ ロビーコンサート」7/30開催

その他の記事(技術)
三菱電気の3Dリアルタイムモービルマッピングシステム
ポルシェ、革新技術の礎918スパイダーの生産を終了
ウィーン工科大、二輪エアバッグにポルシェ博士賞授与
豊田自動織機、トヨタのディーゼル開発・生産の集約加速
ジャガー・ランドローバー、クルマをスマホで遠隔操作

ボッシュ・ダイムラー・car2goで自動駐車実用化へ
ジャガー・ランドローバー、開発中の安全技術を語る
国土交通省、電柱などの側面衝突の乗員保護基準を新設
古河電気工業、リチウムイオン電池ヒートパイプ開発
ロボットタクシーのZMP、自動運転車開発システム販売

テスラとガエレクトリックPowerPackをアイルランド導入
ボッシュ、テスラ モデルSベースの自動運転テスト車導入
ダイムラー、大型トラックの公道自動運転実験を開始
VW、新6リッターエンジンのW12 TSIウイーン公開
トヨタ、燃料電池進化の糸口掴む。性能向上の取組み加速

アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用
理研、太陽光エネルギーを水素へ変換するシステム実現へ
スズキの欧州販売車VITARA、ユーロNCAP評価で5つ星獲得
アウディ、電動ターボ搭載TTクラブスポーツコンセプト

その他の記事(企業・経済)
トヨタ、北米新本社屋の完成予想図を公開
曙ブレーキ工業、スロバキア欧州製造子会社の開所式
パイオニア、東京海上日動火災保険と事業協業
日産、第116回 定時株主総会。ゴーン氏報酬初の10億円超
マークラインズ、2014年度サプライヤー売上高ランキング

日立オートモティブシステムズ、中国重慶市に新会社設立
トヨタ会見、常務役員の麻薬取締法違反逮捕について
東京都含む九都県市、国に水素・燃料電池戦略加速を要望
ホンダ、株主総会開催。伊東孝紳社長、リコールに陳謝
三菱自動車、第131回の企業倫理委員会を開催

いすゞとGM、米国向け商用車に関する協業に合意
トヨタ、定時株主総会で新型種類株式の発行を可決
スズキ、マレーシアのプロトン社と協業
カローラ、長谷川氏の想い受け継ぎ国内累積1000万台
独ダイムラー、家庭用定置型蓄電池の受注を開始

日産、NV200タクシー出発式を東京で実施
独ダイムラー、産業・家庭用蓄電池ビジネスに参入
光岡自動車、欧州進出。HIMIKOを英国市場に投入
スズキ2気筒0.8Lディーゼルエンジンを開発しインド投入
住友ゴム工業、Goodyear社とのアライアンス契約合弁解消

日産、横須賀市とEV普及モデルの構築を目指す
トヨタ、フォードの「スマートデバイスリンク」導入検討
マツダ、新型ロードスターから「電子取扱説明書」を導入
スズキ、インドネシア四輪車新工場の開所式を実施
トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意

日産とBMW 、南アフリカでEV充電インフラ拡充に合意
ボッシュ、ネットワーク化が自動運転成功の鍵を握る
BMW、業績好調のなかで経営の舵取りを新CEOに託す
国土交通省、平成26年度自動車(製品)安全性能評価結果
日産自動車、2014年度通期決算。当期純利益は4,576億円

ボルボ、北米初工場。欧・中・米3大陸の国際体制確立へ
スズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益6期ぶり減
フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能に
トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成

その他の記事(話題)
メルセデス・ベンツ、羽田空港に情報発信拠点をオープン
パイオニア、LTE通信ミラー型テレマティクス端末を発売
JAFのWebサイトに対話型ナビゲーター登場
矢野経済研究所、中古車流通市場調査結果を発表
日本エレクトライク、三輪EVの型式認証を取得

イエローハット、2種の新ドライブレコーダーを独占販売
ハーマン、ラパンのインフォテイメントシステムに採用
メルセデス・ベンツ認定中古車拠点でオープンフェア
JAF長野が検証、チャイルドシートの取付9割が不適切
ポルシェ、クラシック911用ダッシュボードを再現し販売

ホンダシビックツアラー1.6のi-DTEC、燃費のギネス記録挑戦
オペル、欧州ラインナップ全車でスマホ連携機能実装へ
DeNA、スマホ向け無料カーナビアプリ「ナビロー」提供
三菱パジェロ2016、スマホ両対応の車載ディスプレイ搭載
EVオーナー高速道路利用実態(有料)調査参加者募集中

ヤナセ、創立100周年を記念して社会貢献活動を実施
タカタ、米国運輸省とエアバッグの市場処置拡大で合意
パナソニック、SSDカーナビ「ゴリラ」新製品4機種を発売
スマートとJBLで造った仰天モバイル・コンサートカー
運転テクニックアンケ、女性「合流」・若者「駐車」が苦手

パイオニアとレコチョク車向け定額音楽サービス
アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始
国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめる
TESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、36万円
JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開

TuvichomsaoサイトTOPに戻る