フレンチプレミアムブランド「DS」、東京モーターショーに初出展

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

生誕60周年を迎えるフレンチプレミアムブランドの初出展、全5台の日本初公開モデル

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:クリストフ・プレヴォ)は、10 月 29 日(木)から 11 月 8 日(日)まで東京ビッグサイト(東京都江東区)にて開催される第 44 回東京モーターショーに於いて、今年で生誕60周年を迎えたフランスのプレミアムブランド「DS」のスタンドを初出展すると発表した。

french-premium-brand-ds-and-first-exhibited-at-the-tokyo-motor-show20150928-2

「DS」は、トヨタ自動車に於けるLEXUS同様、シトロエンのプレミアムブランドとして、フランス当地に於いては2014年6月1日にシトロエンから独立。

東京モーターショーでは、ブランド最新モデル「NEW DS 4 CROSSBACK」を筆頭に、全 5 台の日本初公開モデルを展示し、DS の世界観を表現していくという。

ちなみにDSブランドそのものは、1955年のパリモーターショーでデビュー以来、今日に於いても20世紀のフランス自動車業界を最も象徴するクルマとして親しまれている。

それは、ビジネスの成功はもちろんだが、シャルル・ド・ゴール大統領をはじめ多くの政治家や著名人、セレブリティらが愛し、映画シーンでの起用やスポーツシーンでの活躍など、DSがフランスの人々の生活に彩りを添え、パリ発祥のスタイルを全世界にアピールしてきたという自負が当地には息づいている。

この伝統をバックグラウンドに、2014 年 6 月 1 日にシトロエンからスピンアウトして、立ち上げられた DS ブランド。

その目指すところは、伝統のクルマが身にまとうアヴァンギャルドの精神 「SPIRIT OF AVANTGARDE」を受け継ぎ、「ラグジュアリー」をキーワードとしたフランスの自動車文化を復活させることにある。

従って、東京モーターショーに於いてもDS は、スタイリッシュなデザインやテクノノロジー、ニーズに合わせてダイナミックに変化する快適性と、ディテールや素材にこだわったデザインを提案していく構えだ。

展示される全5台はすべて日本初公開。どのモデルも独自性にあふれ、DSならではの個性とアイデンティティを主張している。スタンドテーマはエレガンス、テクノロジー、そしてアヴァンギャルド。パリ発のフレンチプレミアムブランド、DSの世界観を東京モーターショー西ホールのDSスタンドで是非、確認されたい。

なおDSスタンドにおける展示車両は以下の通り。

■ NEW DS 4/NEW DS 4 CROSSBACK(参考展示/日本初公開)
2011 年の発表以来、唯一無二のデザインで他とは一線を画してきた DS 4 は、インターナショナル自動車フェスティバルで「Most Beautiful Car Of The Year」そして「Most Beautiful Interior」に輝いた。

そして今回、DS はそれぞれの魅力を引き立てる 2 バージョンの新しい DS 4 を発表する。一方はダイナミックかつ洗練されたプレミアムハッチバックの NEW DS 4、そしてもう一方はスタイリッシュなSUV スタイルの NEW DS 4 CROSSBACK で、DS 4 よりも 30mm 高い着座位置と大きなブラックホイール、アーチトリム、スポイラー、ルーフバーといった特徴的なボディコンポーネントを装備している。

ds-world-premiere-of-the-3-car-topics-in-iaa2015-0911-3ds-world-premiere-of-the-3-car-topics-in-iaa2015-0911-4ds-world-premiere-of-the-3-car-topics-in-iaa2015-0911-5NEW DS 4 CROSSBACK(欧州仕様車)
1.6ℓ ターボチャージャー付き
直列 4 気筒 DOHC エンジン
6 速オートマチック
最大出力:121kW(165ps)/6,000rpm
最大トルク:240Nm/1,400-3,500rpm
価格未定(参考展示・日本初公開)
日本導入予定:2016 年

ds-world-premiere-of-the-3-car-topics-in-iaa2015-0911-6ds-world-premiere-of-the-3-car-topics-in-iaa2015-0911-7NEW DS 4(欧州仕様車)
1.6ℓターボチャージャー付き
直列 4 気筒 DOHC エンジン
6 速オートマチック
最大出力:121kW(165ps)/6,000rpm
最大トルク:240Nm/1,400-3,500rpm
価格未定(参考展示・日本初公開)
日本導入予定:2016 年

■ DS 5 Edition 1955(限定車/日本初公開)
DS 5 Edition 1955は、DS誕生60周年を記念してデザインされた特別限定車。新しいDSフロントグリル、DS LED VISIONに加え、60周年記念のロゴがフロントドアとリアに配されている。

またシリアルナンバープレートやゴールドのセンターホイールキャップ、フロントエンブレムなど、今年にしか手に入らないアイテムを装備し、30台限定で発売される。ボディカラーは1955年当時のDSを再現したブルーアンクル(ブルーインク)となる。

new-citroen-ds5-debut-in-mainland-france20150504-2-minfrench-premium-brand-ds-and-first-exhibited-at-the-tokyo-motor-show20150928-2french-premium-brand-ds-and-first-exhibited-at-the-tokyo-motor-show20150928-3DS 5 Edition 1955
1.6ℓターボチャージャー付き直列 4 気筒 DOHC エンジン
6 速オートマチックトランスミッション
最高出力:115kW(156ps)/6,000rpm
最大トルク:240Nm/1,400-3,500rpm
税込車両本体価格:10 月 6 日発表予定

■ DS 3/DS 3 CABRIO “So Parisienne“(限定車/日本初公開)
東京モーターショーで展示される 2 台のコンパクトハッチバックモデル DS 3 は、“So Parisienne(ソー・パリジェンヌ)“とネーミングされた特別限定車で、パワートレインも一新された。
エンジン・オブ・ザ・イヤー受賞の1.2ℓターボ付き3気筒のPureTechエンジンに、新たに6速オートマチックが搭載され欧州の排ガス基準Euro6を達成、よりパワフルで軽快なドライブフィールを実現した。

■限定デザインとしてパリ生まれのブランドを主張するSo ParisiennneのステッカーがシャークフィンデザインのBピラーとリアに配されています。また、ヘッドランプ周辺にはジュエリーのような煌めきを放つ3つのLEDを縁取るようにナイトライトLEDとDSモノグラムをデザインし、大胆に個性を主張している。“So Parisienne“は電動ソフトトップ搭載のオープンモデルDS 3 CABRIOも同仕様で発売される。

french-premium-brand-ds-and-first-exhibited-at-the-tokyo-motor-show20150928-5 french-premium-brand-ds-and-first-exhibited-at-the-tokyo-motor-show20150928-6DS 3/DS 3 CABRIO “So Parisienne“(限定車)
1.2ℓ ターボチャージャー付き直列 3 気筒 PureTech エンジン
6 速オートマチックトランスミッション
最高出力:81kW(110ps)/5,500rpm
最大トルク:205Nm/1 ,500rpm
税込車両本体価格:10 月 6 日発表予定