ホンダ、アジア大洋州地域初の四輪テストコースをタイに建設

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)の研究開発子会社である株式会社本田技術研究所・タイ現地法人Honda R&D Asia Pacific Co., Ltd.(本社:バンコク、社長:安田浩志、以下、HRAP)は現地時間2015年11月9日11時00分(日本時間:13時00分)に、アジア大洋州地域における商品開発活動の強化を目的として、新たに四輪テストコースの建設を決定し、同日地鎮祭を行った。

地鎮祭には、副首相であるソムキット・チャトゥシピタック氏をはじめとするタイ政府の方々や、在タイ日本大使館大使である佐渡島志郎氏をお招きし、ホンダからは代表取締役会長の池史彦、アジア・大洋州地域本部長の安部典明らが出席した。

新たな四輪テストコースは、タイ中央部プラチンブリ県に建設され、その80万平方メートルの敷地には、さまざまな路面条件でテストできる走行路が設置される予定。

建設に関する投資額は17億バーツで、稼働開始は2017年を予定していると云う。

テストコースの完成後は、パワートレイン開発を除くほぼすべての車両研究活動がタイにおいて可能になるため、さらに効率の高い開発が可能になるとしている。

タイの四輪テストコースは、日本以外の地域では米国に次いで2番目、アジア大洋州地域においては初となるもの。なお、テストコースには二輪用テスト専用路も一部に設置するなどし、Hondaの二輪、および汎用製品のテストにも活用していく。

タイ政府副首相 ソムキット・チャトゥシピタック氏は、「研究開発活動は高品質で、かつ環境に優しい自動車を生み出すのに重要な役割を果たしています。

今回の四輪テストコースの建設は、タイの自動車産業が輸出拠点から競争力ある開発拠点として多様化することを支援していくという、Hondaの意思の表れととらえています」と歓迎の意を述べた。

対して、ホンダ代表取締役会長の池史彦氏は、「ホンダは研究開発活動に重きを置き、これまでも力を注いできました。

タイに新たに四輪テストコースをつくることで、この地域のお客様にさらに魅力的でお求めやすい価格の製品を、今までもさらに早く、効率よくお届けできるよう努力していきます」とコメントした。

一方、アジアホンダモーターカンパニー・リミテッド取締役社長 安部典明氏は、「商品の競争力を高めるためには、アジア域内の調達部品やインフラの最大活用が不可欠であり、そのためには現地での研究開発の促進が大変重要です。

ホンダは今後も、アジアの技術者が働くタイでの研究開発の強化を通じて、タイやアジア地域内のお客様だけでなく、世界中のお客様に満足いただける製品を作るために全力を尽くしていきます」と語っている。

Honda R&D Asia Pacific Co., Ltd.(HRAP)会社概要
社名: ホンダアールアンドディアジアパシフィックカンパニー・リミテッド
設立: 2005年12月1日
所在地: タイ王国バンコク郡 プラチンブリ県 ロジャーナ工業団地内
資本金: 2億バーツ
出資比率: 株式会社本田技術研究所 100%
事業内容: アジア大洋州向け四輪車の研究開発活動
現地調達部品開発、商品企画、スタイリング研究、完成車テスト