ホンダ、ナショナルジオグラフィックチャンネルにAfrica Twinを提供。放送は6/25

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)は、「ナショナル ジオグラフィック チャンネル」とパートナーシップを組み、ドキュメンタリー番組『モロッコを駆ける:ダカール・ラリーの軌跡を巡る』(原題:RIDING MOROCCO: CHASING THE DAKAR)に、CRF1000L Africa Twinを2台提供した。

honda-provide-africa-twin-to-the-national-geographic-channel-broadcast-625-20160607-2

同番組は6月14日のフランスでの放送を皮切りに、日本を含む世界各国で放送される。日本国内での放送は6月25日(土)よる10時から。

番組では、オーストラリア出身のモデルであるローラ・ソルタン氏と、ベテラン・ラリーライダーのクリストフ・バジュー氏の2人が、世界一過酷なラリーとされたパリ・ダカールラリー(現在は南米でダカールラリーとして開催)のコースになったモロッコの地を、CRF1000L Africa Twinで巡る。

honda-announces-crf1000l-africa-twin20151020-5

通常のツーリングでは決して見ることのできない、息を飲むほどに美しい渓谷や、アフリカの壮大な景色、そして人々との出会いを体験。人生で一度は経験してみたい最高のバイクライドを紹介する。

バジュー氏は、CRF1000L Africa Twinのマニュアルトランスミッション仕様を駆り、バイクに関する豊富な知識とパリ・ダカールラリーの参戦経験を活かした本格的なオフロードライディングを披露。

honda-announces-crf1000l-africa-twin20151020-4

一方ローラ氏は、クラッチ操作が不要なDCT(※)仕様で、広大な大地を旅するツーリングの楽しみを体感する。

(※)Hondaの独自技術である二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション」。マニュアルトランスミッションの構造はそのままに、クラッチ操作と変速操作を自動化したオートマチックトランスミッション。

番組URL日本語版:
http://www.ngcjapan.com/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/1964 To-jump-to-external-page20150401
番組URL 英語版:
http://natgeotv.com/asia/riding-morocco-chasing-the-dakar To-jump-to-external-page20150401

honda-provide-africa-twin-to-the-national-geographic-channel-broadcast-625-20160607-1

『モロッコを駆ける:ダカール・ラリーの軌跡を巡る』
ナショナル ジオグラフィック チャンネルにて6月25日(土)よる10時放送

国内放送スケジュール(予定)
初回放送:2016年6月25日(土) 22:00〜23:00
再放送:2016年6月26日(日) 19:00〜20:00
2016年6月27日(月) 9:30〜10:30
2016年6月29日(水) 19:00〜20:00
2016年6月30日(木) 8:00〜 9:00

問い合わせ
「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」