ホンダ、「SMART MOBILITY CITY 2015」出展概要

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)は10月23日、「第44回東京モーターショー2015」(会場:東京ビッグサイト)内で行われる「SMART MOBILITY CITY 2015」(プレスデー:10月28日〜29日、一般公開日:10月30日〜11月8日)に、新たな燃料電池自動車、新型「FCV(仮称)」をはじめとした、エネルギーを「つくる」「つかう」、そしてエネルギーで「つながる」社会を実現するエネルギーマネジメント技術を出展すると発表した。

今回、ホンダは「つくる・つかう・つながる技術で実現する、安心で快適な暮らし」をテーマに、さまざまな製品出展を予定している。

例えば、高圧水電解システム「Power Creator」を採用したホンダ独自のスマート水素ステーション(SHS)でエネルギーを「つくる」。

新型「FCV(仮称)」でエネルギーを「つかう」。FCVや電気自動車(以下、EV)の電力を外部給電器「Power Exporter 9000」でコミュニティや家庭・施設に供給して「つながる」といったスマートコミュニティのかたちを紹介していく。

また、再生可能エネルギーに対応したV2H対応DC普通充電器「Honda Power Manager」を用いたFCVからの給電や、再生可能エネルギーキャリアの形態のひとつである着脱可能なモバイルバッテリーパックの活用を提案するとともに、そのバッテリーパックを電源とする超小型EVのコンセプトモデルも参考出品する。

加えて11月4日には、<スマートモビリティが変える「未来のくらし」>と題したシンポジウムを開催する。

ここでは、2013年11月よりHondaが熊本県、さいたま市、宮古島市の各自治体と共同で進めてきた小型モビリティ「MC-β(エムシー ベータ)」を使った社会実験で得られた知見や課題をもとに、未来のまちづくりの方向性を提案していくという。

【主な出展内容】
○新型FCV(仮称)
○外部給電器「Power Exporter 9000」<市販予定モデル>
○スマート水素ステーション(SHS)のモックアップモデル
○V2H対応DC普通充電器「Honda Power Manager」
○超小型EV「Honda MBEV(Mobile Battery EV)Concept」(参考出品)
○モバイルバッテリーパック
○シンポジウム<スマートモビリティが変える「未来のくらし」〜超小型モビリティ導入促進事業から未来のまちづくりを考える〜>
11月4日(水)午後1:00〜4:30、東京ビッグサイト会議棟607/608議室、熊本県・さいたま市・宮古島市と共催
SMART MOBILITY CITY 2015公式サイト:  http://www.tokyo-motorshow.com/smc/