ホンダ、北京でAcuraのコンパクトSUV「CDX」を世界初公開

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)の中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司(本社:北京 総経理:水野泰秀)は4月25日・現地時間14時(日本時間:15時)、中国・北京で開催の2016年北京モーターショー(第14回北京国際汽車展覧会、プレスデー:4月25日〜26日、一般公開日:4月29日〜5月4日)に於いて、Acuraは新型コンパクトSUV「CDX」を世界初公開した。

honda-the-world-premiere-of-the-compact-suv-of-the-acura-cdx-in-beijing20160426-2

「CDX」は、Acura初の中国生産モデルで、中国市場をメインターゲットとしたコンパクトSUV。Acuraのデザインテーマである「Acura Precision Concept」を核とし、環境性能とSUVの高いユーティリティー性を融合させている。

パワートレインには中国Acura初となる1.5Lターボエンジンと8速DCT※を採用し、力強い走りを実現。このCDXは、広汽本田汽車有限公司(総経理:佐藤利彦)の増城工場(広州市)で生産される。

honda-the-world-premiere-of-the-compact-suv-of-the-acura-cdx-in-beijing20160426-4

なお販売は、2015年12月に新たに設立した広汽本田汽車販売有限公司(総経理:佐藤利彦)が行い、2016年7月に発売予定となっている。※Dual Clutch Transmission(デュアル・クラッチ・トランスミッション)

honda-the-world-premiere-of-the-compact-suv-of-the-acura-cdx-in-beijing20160426-3

新世代スーパースポーツ新型「NSX」
また併せて新型NSXも出品した。同車は軽量なボディーに新開発の縦置き直噴V6ツインターボエンジンをミッドシップにレイアウト。

走行性能と燃費性能を両立した3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD®(Super Handling-All Wheel Drive)」を搭載して、四輪の駆動力を制御するオン・ザ・レール感覚の走行を体感できるスーパースポーツモデルである。中国での発売は2016年秋を予定している。

honda-start-mass-production-from-the-end-of-april-a-new-nsx-in-ohio20160318-1

この本田技研工業(中国)投資有限公司の車両出展にあたって、本田技研工業株式会社 代表取締役社長 社長執行役員 八郷隆弘氏は、
「中国Acuraとして10年目という節目の年にあたる2016年は、現地生産のスタートなど、ブランド・商品において新たな挑戦の年となります。

今後のAcuraデザインの方向性となる『Acura Precision Concept』を核とし、ブランドの進化を図るとともに、現地化をさらに加速させ、お客様の期待を超える商品をお届けいたします」と述べている。