出光興産、「中東石油・ガス会議」で講演。中東産油国とのパートナーシップに貢献

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

idemitsu-kosan-deficit-of-full-year-financial-results-138-billion-yen20150507-4-min

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:月岡隆)は4月24~26日、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビにおいて、第24回中東石油・ガス会議(Middle East Petroleum and Gas Conference 2016)が開催され、当社執行役員国際需給部長本間潔が、「売買を超えた中東とのパートナーシップ構築への挑戦」と題した講演を実施した。

同会議は、中東地域で最も歴史ある石油・ガス会議として知られ、本年は「世界と中東市場、未知の領域と生き残りへの挑戦」をテーマに世界50カ国から120社、350名の参加のもと、各専門家による講演と公開討論会が行われたもの。

同社は上記講演に於いて、「豊富な石油資源を有する中東産油国と、安定した需要を持つ日本が、その強みである技術力やトレーディング機能を有効活用し、効率的なサプライチェーン構築に向けて協調することが重要」であることを参加者に訴えた。

また、講演後行われた公開討論会では、中東産油国と日本の関係強化を進めるための取り組みについて、活発な意見交換が行われた。

出光興産では同講演実施に際して「今後も、中東産油国との戦略的なパートナーシップ関係の構築を通し、日本のエネルギーセキュリティの向上に貢献いたします」と結んでいる。