マツダ ロードスターに、初代の「クラシックレッド復刻カラー車」が登場。期間限定で販売開始

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

初代「ロードスター」の象徴的なカラーを最新の塗装技術で再現

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道 以下、マツダ)は、小型オープンスポーツカー「マツダ ロードスター」に、限定色「クラシックレッド」を新たに設定(期間限定色「クラシックレッド」として追加・選択時は消費税込み32,400円高となる)して、全国のマツダの販売店を通じて1月13日より予約受付を開始し、2月28日までの期間限定で販売することを発表した。

「クラシックレッド」は、初代「ロードスター」を世界初公開した1989年2月のシカゴモーターショーにおいて、メインカラーとして当時、初披露されたボディカラーである。

今回、4代目ロードスターにおいて、同カラーを最新の水性塗装技術「アクアテック塗装(塗装工程の革新によって、塗料やエネルギーなどの資源効率を飛躍的に向上させ、トレードオフの関係にあるVOC排出量とCO2排出量の同時削減を実現したマツダ独自の水性塗装システム)」で忠実に再現した。

「クラシックレッド」の初代「ロードスター」と4代目「ロードスター」

「ロードスター」は、1989年の初代モデル登場以来、マツダのクルマづくりを象徴するライトウェイトスポーツカー特有の楽しさを一貫して提案。3度のフルモデルチェンジを行い、遂に昨年4月に累計生産100万台を達成している。

今回の「クラシックレッド」の追加について、4代目「ロードスター」の中山 雅(なかやま まさし)主査兼チーフデザイナーは、「『ロードスター』が歩んできた27年間は、人とクルマが一つになって思いのまま気持ちよく走る楽しさを追求した歴史です。

また同時に、マツダブランドならではの『走る歓び』に共感してくださった多くのお客さまから支え続けていただいた歴史でもあります。

27年間分の感謝の想いを込めるとともに、お客さまとともに積み重ねてきた歴史を資産として大切にし、クルマ文化を育んでいくために、『ロードスター』の象徴的なカラーの復刻に挑戦しました」と語っている。

なおこの 「マツダ ロードスター クラシックレッド」 は以下の複数の機会・場所に於いて展示される予定となっている。

(1)2017年1月13日(金)〜15日(日)
「東京オートサロン2017」(千葉・幕張メッセ)

(2)2017年1月27日(金)〜29日(日)
マツダR&Dセンター横浜

(3)2017年2月10日(金)〜12日(日)
「大阪オートメッセ2017」(大阪・インテックス大阪)

(4)2017年2月20日(月)〜24日(金)
マツダ(株)広島本社