IoTベンチャーのGMS、総額約7億円の資金調達をソフトバンク・住友商事・デンソー等と実施


Global Mobility Service株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員 CEO:中島 徳至、以下「GMS」)は、独自のIoT技術を活用したFinTechサービスの国内外展開を目指し、ソフトバンク・住友商事・デンソー・クレディセゾン・グロービス・キャピタル・パートナーズ・SBIインベストメント等を割当先とする約7億円の資金調達の実施する。

1.GMSの概要
GMSは、モビリティの遠隔起動制御を実現する独自のIoT技術を活用したプラットフォームサービスを日本、ASEAN各国で提供する、Mobility×IoT×FinTechベンチャーである。

具体的には、遠隔起動制御を実現する車載IoTデバイス“MCCS”や、IoTプラットフォームシステムを活用し、新たな金融の与信のあり方を創造するFinTechサービスを国内外において提案・実施する企業だ。

その活動は、これまで日本及びフィリピンに法人を構え、銀行・リース・通信キャリア・広告・決済・電気・情報サービス等、様々な業界の国内外を代表する企業と提携しサービスを提供してきた。

そんな同社が今回、新たな資金調達を実施した背景だが、今日、従来のローンやリースの与信審査に通過できず、車を購入できない方々が世界中に約20億人存在することにある。

こうした新たな車を購入したくともできない層は、経年劣化した車両による排気ガスや騒音の問題など、成長著しい国々に於いて深刻な社会問題となっている。

そこでGMSは、これら問題を解決するサービスを打ち出し、世界各国での車両販売台数を飛躍的に増加させるビジネスモデルを提案している。

またGMSのIoTプラットフォームシステムにより、デバイスから収集する多様な情報を価値化し二次活用することで、自動車・農機・建機を始めとするモビリティの新たなあり方を創造していくとしている。

今回の提案内容は、Open APIを実装する金融機関を筆頭に各企業とのシームレスな連携を可能にすることで、新たなファイナンス与信補強を行うローン・リースパッケージのスムーズな立ち上げを実現するというもの。

さらにAIの活用による収集情報の分析・解析、多様なサービスベンダーのアプリケーションのプラットフォームへの接続して受け入れ、各社のプラットフォームシステムとの連携により、車両情報の連携も併せて提供する。

GMSでは、「日本及び世界の与信課題の解決を目指すとともに、日本発のMobility×IoT×FinTech領域におけるグローバルベンチャーとして、この度の第三者割当増資の引受先企業とアライアンス事業を加速させ、国際社会へ貢献いたします。

また、今後も各業界における事業提携パートナーを募集してまいります。これからのGMSの取り組みに、どうぞご期待下さい」と述べている。

【第三者割当増資先の会社名】

ソフトバンク株式会社
本社:東京都港区東新橋1-9-1
代表取締役社長兼CEO:宮内 謙

住友商事株式会社
本社 :東京都中央区晴海1丁目8番11号
代表取締役社長CEO:中村 邦晴

株式会社デンソー
本社:愛知県刈谷市昭和町1-1
代表取締役社長:有馬 浩二

株式会社クレディセゾン
本社:東京都豊島区東池袋3-1-1
代表取締役社長:林野 宏

株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ
本社:東京都千代田区二番町5-1
代表パートナー:堀 義人

SBIインベストメント株式会社
本社:東京都港区六本木1-6-1
代表取締役執行役員社長:川島 克哉等(その他の事業会社は非公表)

<Global Mobility Service株式会社について>
会社名: Global Mobility Service 株式会社
設立: 2013年11月25日
代表: 代表取締役 社長執行役員 CEO 中島 徳至
所在地: 東京都中央区銀座8-15-2 ACN銀座ビル8F
資本金: 1,070,714,900円(資金調達完了後。資本準備金含む)
URL :