三菱自動車「電動車両サポート」のサービスを拡充

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンアプリで充電スポットの満空情報の提供を開始

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:相川哲郎、以下、三菱自動車)は10月21日、「三菱自動車 電動車両サポート」会員専用の充電スポット検索用スマートフォンアプリを改良したと発表した。

it-expands-the-service-of-mitsubishi-motors-electric-vehicle-support-20151021-1
スマートフォンアプリ改良イメージ

具体的には、充電スポットの満空情報の提供を同日より開始するとともに、電動車両ライフを充実させるガイドブック型ロードマップ「三菱自動車 電動車両サポート おでかけBOOK 2015-2016」を発行する。

今回のスマートフォンアプリの改良により、充電スポットが「利用中」/「休止中」の情報(満空情報)をリアルタイムに確認することが可能となり、事前に空き状況を確認した上で充電スポットを選ぶなど、充電待ちの回避に役立つ。

充電スポット検索後は、『アウトランダーPHEV』標準装備カーナビゲーション「MMCS」(Mitsubishi Multi Communication System)の目的地設定をスマートフォンから行うことも可能(*1)。

同スマートフォンアプリは、「三菱自動車 電動車両サポート」会員であれば無料で利用出来る。

併せて、全国4,000件以上の充電スポット情報を掲載した全国道路地図、急速充電器のあるサービスエリア・パーキングエリアが一目で分かる高速道路案内図、充電スポットを活用しながらのドライブコース紹介など、電動車両ライフを充実させるための各種情報を収録したガイドブック型ロードマップ「三菱自動車 電動車両サポート おでかけBOOK 2015-2016」を発行し、本日より会員に向け発送を開始した。(*2)

it-expands-the-service-of-mitsubishi-motors-electric-vehicle-support-20151021-2
三菱自動車 電動車両サポート おでかけBOOK 2015-2016

「三菱自動車 電動車両サポート」は、電気自動車「MiEV(ミーブ)」シリーズとプラグインハイブリッド車『アウトランダーPHEV』のオーナーに向けた、充電サービスをはじめとする各種サービスをパッケージにしたサポートプログラムである。

2015年4月1日に本格サービスを開始し、現在(*3)までに、12,000人以上のユーザーが入会している。

三菱自動車は、2009年7月世界に先駆けて新世代電気自動車『i-MiEV』を発売。2013年1月には世界初のツインモータ4WDのプラグインハイブリッド車『アウトランダーPHEV』を発売。

三菱自動車では、「今後も、電動車両の先駆者として、お客さまの利便性の向上に努め、電動車両の普及促進に積極的に取り組んでまいります」と述べている。

なお「三菱自動車 電動車両サポート」の詳細情報は以下のサイトを閲覧されたい。
URL:http://ev-support.mitsubishi-motors.co.jp/

(*1) 同機能を使うには、株式会社デンソーの地図アプリ「NaviCon ®」をスマートフォンにインストールしておく必要がある。
(*2) ベーシックプランおよびプレミアムプラン会員のみ(コーポレートプラン会員は除く)。
(*3) 2015年9月末時点