ボルボの名を一躍有名にしたモデル「VOLVO 850」発売25周年


「ボルボ850」が、来る6月11日で発売25周年を迎える。このボルボ850は、まさにボルボのすべてを一新した車だった。

横置き直列5気筒エンジンを搭載した前輪駆動モデルは、ボルボはギャラクシープロジェクトのもとに産み出された。

ちなみにこのプロジェクト名は、ボルボにとってスターとなるモデルの開発を目指していたことからそう名付けられた。

it-was-the-fame-of-the-name-of-volvo-models-volvo-850-launched-25-anniversary20160607-1

850シリーズは、先行して生まれた240の「空飛ぶレンガ」から、その栄誉と走りのDNAを受け継ぎ、モータースポーツの世界でも大成功を収めた他、ボルボとしてはじめてAWD(全輪駆動システム)を搭載したモデルとなった。

全く新しく生まれたボルボ850GLTは、ストックホルム・グローブ・アリーナで、去る1991年6月11日にワールドプレミアを迎えた。

このモデルは、スウェーデンで当時過去最大の投資の元に産み出され、それまでのボルボのデザインからは根本的に異なったものとなった。前輪駆動に横置きの5気筒エンジンを搭載し、全く新しい次元のドライビングプレジャーを提供したのである。

it-was-the-fame-of-the-name-of-volvo-models-volvo-850-launched-25-anniversary20160607-11

当時のこの新型車は、「4つの世界初を備えたダイナミックなクルマ」というキャッチコピーで発売が開始され、4つの新しい特徴として、横置き直列5気筒エンジン、ボルボ独自のデルタリンクリアアクスル、サイドインパクト・プロテクション・システム(SIPS)構造、そして自動調節式フロント・シートベルトが搭載されていた。

デザインこそ700シリーズを彷彿とさせるものではあったものの、この850シリーズは完全新設計の車として生まれている。

it-was-the-fame-of-the-name-of-volvo-models-volvo-850-launched-25-anniversary20160607-8

その開発のスタートは1978年にまで遡る。その年に開催された会議の中で、今こそ自由に考え、自動車のスターとなる車種の開発を目指す時である、と決定され、この計画がギャラクシープロジェクトと名付けられたのである。

ギャラクシープロジェクトは、2つのモデルシリーズを産み出した。ひとつはスウェーデンで、もうひとつはオランダで開発・生産された。

そのベースとなるテクノロジーは共同開発され、その後それぞれに開発が進められた。オランダ企業であるボルボ・カーズB.V(後のネッドカー)は、400シリーズとなるモデルを開発し、スウェーデンのボルボ・カーズは、850シリーズを開発したのである。

it-was-the-fame-of-the-name-of-volvo-models-volvo-850-launched-25-anniversary20160607-13

最初に発表されたモデルは、170馬力を生み出す20バルブ自然吸気エンジンを搭載したこの850GLTだった。

ボルボは850GLTの開発時、吸気音と排気音を適正に保ちながらも、ドライビングプレジャーに富んだ、生き生きとした車にするべく積極的に研究を重ねた。

850シリーズの次の重要なバリエーションであるエステートモデルは、1993年2月に登場している。

850エステートは、積載量を最大化するための切り立ったリアデザインに代表される、典型的なボルボの特徴を兼ね揃えていたが、実は新デザインの最も大きな特徴の一つは、Dピラー全体を覆い尽くす縦長のテール・ライトにあった。

it-was-the-fame-of-the-name-of-volvo-models-volvo-850-launched-25-anniversary20160607-14

チーフデザイナーのヤン・ウィルスガールド氏は、開発時、大きなテール・ライトの取り外しや、交換ができるモデルをデザイン時の比較用として用意していたが、発売後のエステートは、イタリアの「最も美しいエステート」賞や日本の「1994年グッドデザイン大賞」と、立て続けに権威ある賞を受賞している。

850シリーズは、すぐに様々なエンジンバリエーションを展開する形で拡大。後に最も人々の注目を集めることになるモデルは、1994年のジュネーブ・モーターショーで公開されている。

人目を引くイエローに彩られたT-5Rは、まるで4つのホイールにエクスクラメーションマークが乗っているかのような注目を集めた。

it-was-the-fame-of-the-name-of-volvo-models-volvo-850-launched-25-anniversary20160607-2

このスペシャルモデルは、2500台限定で生産することが予定されており、インタークーラーを搭載したターボエンジンは240馬力と330Nmのトルクを産み出した。

この車は、スペシャルデザインのスポイラー、角型のエキゾーストパイプ、そしてタイタンと名づけられた17インチアルミホイールを備え、イエローのボルボはわずか数週間の間に完売した。

このため同数のブラックカラーの車が生産され、最終的に、ダーク・グリーンのT-5Rが2500台追加生産されている。

it-was-the-fame-of-the-name-of-volvo-models-volvo-850-launched-25-anniversary20160607-3

また、1994年はきわめて注目を集めるような方法でボルボがレーストラックに回帰した年でもあった。

2台の850レーシングカーが英国南部のスラクストン・サーキットで開幕戦のスタートラインについた時、それはなんとエステートモデルだったのである。

ヨーロッパで最も権威あるツーリングカーシリーズである英国ツーリングカー選手権(BTCC)に「バン(ステーションワゴン)」で参戦したことで、絶大なる注目を集めた。

it-was-the-fame-of-the-name-of-volvo-models-volvo-850-launched-25-anniversary20160607-7

ボルボは、トム・ウォーキンショー・レーシングをパートナーに多額の開発費を投じ、ドライバーにはスウェーデン人のリカルド・リデルとオランダ人のヤン・ラマースを擁した。

1995年、レギュレーション変更により、エステートモデルでの参戦が禁止されたため、ボルボは、サルーン・モデルへスイッチ。そのシーズン、リカルド・リデルは選手権の総合成績で3位となった。

当初から、ボルボ850シリーズはメディアから「世界で最も安全な車」と称され、1995年には、新たな世界初の安全装備をも生み出した。ボルボ850は、サイドエアバックを搭載した世界初の量産車でもあった。

it-was-the-fame-of-the-name-of-volvo-models-volvo-850-launched-25-anniversary20160607-5

さらに1996年に発売開始したAWD車「850 AWD」は、ボルボにとって初の4輪駆動モデルとなった。

850 AWDは、ビスカスカップリングによって自動的に前輪から後輪にトルクを配分される、フルタイム4WD機構を備え、後輪の一つが空転を始めると、電子制御のTRACSアンチスピン・システムが作動し、フロントからリアのグリップがより大きいホイールに対して自動的にパワーを分散する。

850 AWDは193馬力を生み出す新開発のロープレッシャーターボエンジンを搭載し、ボルボの全輪駆動XCモデルの先駆けとなったモデルである。

it-was-the-fame-of-the-name-of-volvo-models-volvo-850-launched-25-anniversary20160607-4

そして迎えた1996年。この年は、850シリーズの最終年となった年である。1997年には850シリーズに大幅な改良が施され、サルーンモデルはS70に、エステートモデルはV70へと名称も変更されたのだ。結果、850シリーズに端を発するモデルは、累計1,360,522台製造されている。

ボルボカージャパン  To-jump-to-external-page20150401