ジャガー・ランドローバー、英国以外では初となる全額出資の製造工場をブラジルに開設


jaguar-land-rover-opened-a-manufacturing-plant-wholly-owned-will-be-the-first-in-brazil-except-in-the-united-kingdom20160621-6

新工場では、ブラジルで高い人気を誇る「RANGE ROVER EVOQUE」と「DISCOVERY SPORT」を製造予定

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover Automotive PLC、本社:英国・コベントリー、CEO:ラルフ・スペッツ<Ralf Speth>)は、ブラジルのリオデジャネイロ州イタチアイアに、7億5,000万レアル(約232億5,000万円)規模の製造工場と、「エデュケーション・ビジネス・パートナーシップ・センター」を開設した。なおこの新工場は、英国の自動車会社としては初めてラテン・アメリカにできる製造拠点となった。

jaguar-land-rover-opened-a-manufacturing-plant-wholly-owned-will-be-the-first-in-brazil-except-in-the-united-kingdom20160621-5

同工場は、ジャガー・ランドローバーにとって、英国外に初新設する全額出資の工場であり、2014年に開設した中国の合弁工場に続いて、同社は、グローバルで推し進めてきた拡大戦略をさらに加速させる構えだ。

また多彩なニーズを持つ世界各地の顧客に対して、より直近の生産拠点からエキサイティングな新型モデルを提供でき、為替変動の影響を回避しながら、世界レベルで競争力のあるビジネスを展開できるようになると云う。

新工場生産の「RANGE ROVER EVOQUE」と「DISCOVERY SPORT」はブラジル全土での販売が開始される

なお、この新工場では、ブラジル国内向けの「RANGE ROVER EVOQUE」と「DISCOVERY SPORT」を製造する。両モデルは今月、ブラジル全土の販売店で販売が開始される予定だ。

jaguar-land-rover-opened-a-manufacturing-plant-wholly-owned-will-be-the-first-in-brazil-except-in-the-united-kingdom20160621-1

工場の開所式では、マニュファクチュアリング担当エグゼクティブ・ディレクターのウルフガング・スタッドラー氏が、「ブラジルで世界規模のジャガー・ランドローバー工場を新設できたことは、当社のグローバル拡大戦略において、画期的な一歩となります。

ランドローバーは既に、ブラジルにおけるミッドサイズ・プレミアムSUV市場をリードするブランドであり、このセグメントにおける販売全体の30%以上を占めます。

『RANGE ROVER EVOQUE』と『DISCOVERY SPORT』を初めてラテン・アメリカで製造することで、ブラジルでの人気はさらに高まり、さらに我々のモデルが、当地のお客様に受け入れられると確信しています」と語った。

海外初の教育施設「エデュケーション・ビジネス・パートナーシップ・センター」で密接な地域コミュニティも育む構え

加えて工場には先の通り、ジャガー・ランドローバーにとって海外初の教育施設となる「エデュケーション・ビジネス・パートナーシップ・センター」も併設される。

jaguar-land-rover-opened-a-manufacturing-plant-wholly-owned-will-be-the-first-in-brazil-except-in-the-united-kingdom20160621-3

同施設では、年間最大1万2,000人もの地元の子どもたちを対象にした、多彩な活動を実施する予定としている。

具体的には、この施設に於いて、子どもたちに将来必要になるスキルを身につける機会や、就業意識を育てるといった画一的な機会創出だけでなく、ジャガー・ランドローバーで、やりがいのあるキャリアを追求するきっかけを提供していくとする。

これについてウルフガング・スタッドラー氏は、「私たちはこれまで、現存する各工場で地元の方々との密接なコミュニティを構築することを重要視しており、そのことに誇りを持っています。

ここブラジルに於いても同様、この施設を足掛かりとして、地元のあらゆる年齢の子どもたちが興味を持ち、積極的に関わることができる教育プログラムを提供していくつもりです。

未来を担う子どもたちが、自動車産業で働きたいという夢を抱いてくれることを願っています」と付け加えた。

jaguar-land-rover-opened-a-manufacturing-plant-wholly-owned-will-be-the-first-in-brazil-except-in-the-united-kingdom20160621-8

ブラジルでの製造工場は充分な環境対策も施され、LEEDゴールド・サステイナビリティ認証の取得を目指している

同社によると、ブラジル工場は、ジャガー・ランドローバーが掲げる成長戦略に柔軟に対応できるような設計をしており、ブラジル市場に対する長期的なコミットメントを示すものだと云う。

工場周辺の自然環境の保護や改善を目的に、工場内に雨水の集水施設を設置したり1,200本もの樹木を植えるなど、環境対策も施されている。

ジャガー・ランドローバーは、世界的に認められているLEEDゴールド・サステイナビリティ認証の取得を目指しており、これが実現すれば、ブラジルで初めてこの認証を取得した自動車組立工場となる。これを踏まえて、同工場には最新の製造技術を導入し、排出ガスに関しても南米で最も高度な適合認証を受けている。

併せてジャガー・ランドローバーは、ブラジル自動車産業に対するコミットメントの一環として、シート、コックピット、エグゾースト、シャシーおよびパワートレイン・アセンブリといった主要コンポーネントを、Benteler社やIAC社といった地元のサプライヤーから調達する。

さらに、ジャガー・ランドローバーは、将来的に増えていく現地製造、現地部品調達にサプライヤーが対応できるよう、技術支援サービスにも投資していく構えだと云う。

jaguar-land-rover-opened-a-manufacturing-plant-wholly-owned-will-be-the-first-in-brazil-except-in-the-united-kingdom20160621-7

ブラジルにおけるジャガー・ランドローバーは、プレミアムSUV市場を牽引する主力ブランドに育つ

ジャガー・ランドローバーは、25年以上にわたり、ブラジル市場における確固たる地位を築いてきており、2016年は、最初の5か月間で11%の販売増を記録している。

ランドローバーはプレミアムSUV市場を牽引するブランドであり、ジャガーは2016年の最初の5か月間で販売が70%増を達成するなど、ブラジル国内に於いても最も成長著しいプレミアム・ブランドのひとつとなった。

ブラジルは、ジャガー・ランドローバーにおける上位15市場に入り、なかでも「RANGE ROVER EVOQUE」、「RANGE ROVER SPORT」、「DISCOVERY」の販売が好調。販売拠点は35店舗あり、ブラジルの主要エリアのすべてをカバーしている。

2020年までに1,200万人分の雇用を創出するというコミットメントの一環として、ジャガー・ランドローバーは、世界中の製造拠点において、地元のコミュニティと密接な関係を築いている。

これまでの18か月間で、イタチアイアや近隣のレゼンデの自治体と協力し、次世代の自動車エンジニアを刺激する新しいプログラムを作り上げてきた。

ブラジルの全国工業職業訓練機関SENAIと連携し、5歳から18歳までの子どもたちに教育プログラムを提供

新しい「エデュケーション・ビジネス・パートナーシップ・センター」は、ブラジルの全国工業職業訓練機関であるSENAIと連携しながら運営され、5歳から18歳までの子どもたちに教育プログラムを提供する。プログラムは、エンジニアリング、マニュファクチュアリング、自動車ビジネス関連の活動に重点を置いている。

2015年に、ジャガー・ランドローバーは、イタチアイアにて、「Inspiring Tomorrow’s Workforce」トレーニング・プログラムを導入しており、すでに100人以上がコースを修了し、そのうち12名がイタチアイアのジャガー・ランドローバー工場に採用されたほか、多くの人々が自動車産業界に何らかの形で雇用されている。

jaguar-land-rover-opened-a-manufacturing-plant-wholly-owned-will-be-the-first-in-brazil-except-in-the-united-kingdom20160621-4

昨年、このプログラムを修了したデボラ・エステベスさんは、現在は新工場のプロダクト・コーチとして働いている。彼女は次のようにコメントしています。「プログラムは本当に楽しく、たくさんの新しいスキルを得る機会を与えてくれました。『Inspiring Tomorrow’s Workforce』がなかったら、今私はジャガー・ランドローバーで働いていなかったでしょう」

このプログラムを通じて、失業中の人々が自動車業界で自らの役割を得ることができるよう、職業体験やトレーニングを提供し、雇用される可能性や資質を伸ばすサポートをしています。ジャガー・ランドローバーが英国以外でこの種のプログラムを展開するのは今回が初となる。

ジャガー・ランドローバーが後援した「Music is the Winner」や「Try Rugby」といった活動には、何百人もの地元の子どもたちが参加している。これらの取り組みは、新しいスキルを身につける機会を提供し、新たな可能性を生み出すことを目的に企画されたものであると云う。

今年の後半には、「Land Rover 4×4 in Schools Technology Challenge」の世界大会に、ブラジルから2校が参加する。これは、科学、技術、工学、数学の知識を駆使しながら、自作のラジコンカーでエンジニアリング上の課題に取り組む革新的な教育的イベントとして実施される。

<正規販売ディーラーネットワーク 一覧>
ジャガー: To-jump-to-external-page20150401
ランドローバー: To-jump-to-external-page20150401

Jaguarウェブサイト:To-jump-to-external-page20150401Facebook: To-jump-to-external-page20150401
Twitter: To-jump-to-external-page20150401
Instagram: To-jump-to-external-page20150401
YouTube: To-jump-to-external-page20150401

問い合わせ先
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

Land Roverウェブサイト: To-jump-to-external-page20150401
YouTube: To-jump-to-external-page20150401
Facebook: To-jump-to-external-page20150401
Twitter: To-jump-to-external-page20150401
Instagram: To-jump-to-external-page20150401

問い合わせ先
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568
(9:00~18:00、土日祝日を除く)