J.D. パワー調査、国産ブランドの耐久品質の高さが明らかとなる

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

j-d-power-asia-pacific-japan-automotive-sales-satisfaction-年-2015-ssi-survey20150820-2

日本自動車耐久品質調査で、ブランドランキングではレクサスが第1位

株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック(代表取締役社長 鈴木郁、以下、J.D. パワー)は10月21日、自動車耐久品質調査SM(Vehicle Dependability Study、略称VDS)の実施結果を発表した。

J.D. パワーの自動車耐久品質調査は、世界各国で実施され、車両の耐久品質を調べる業界のベンチマークの役割を果たしており、日本では本年が初めての実施となる。

同調査により、国産ブランドが耐久品質ランキングで上位を占め、セグメントランキングでも国産車がランキングトップとなることが、J.D. パワー アジア・パシフィック2015年日本自動車耐久品質調査SM(Vehicle Dependability Study、略称VDS)によって明らかになった。

本調査では、新車購入後37-54ヶ月経過ユーザーを対象に、177の項目にわたって直近1年間のユーザーの不具合経験を聴取しており、それらの項目は外装、走行性能、装備品/コントロール/ディスプレイ、オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーション(ACEN)、シート、空調、内装、エンジン/トランスミッション(Eng/Trans)の8つのカテゴリーに分かれている。

すべての不具合項目は、車100台当たりの不具合指摘件数として(Problems Per 100 vehicles = PP100)集計され、数値が小さいほど品質が高いことを示す。

ブランドランキングは、レクサスが54PP100で第1位、第2位はダイハツ(66PP100)、第3位はホンダ、三菱、トヨタが同スコア(各69PP100)で並んだ。業界平均の総合不具合指摘件数は72PP100であった。

jd-power-survey-become-apparent-height-of-durable-quality-of-domestic-brands20151021-2

セグメント別ランキングでは、スズキ アルト、日産 キューブ、トヨタ SAI、トヨタ アルファードが各セグメントで第1位となる

セグメント別モデルランキングでは、トヨタの2モデルがランキングトップとなり、ミッドサイズセグメントはSAI、ミニバンセグメントはアルファードがそれぞれ第1位となった。

また、日産 キューブがコンパクトセグメントで第1位、スズキ アルトが軽自動車セグメントで第1位となっている。

『日本の自動車メーカーは、これまでも高品質で耐久性の高い車両を作ることに注力してきており、本年調査の不具合指摘の少なさはその表れと言える。』とJ.D. パワー アジア・パシフィックのオートモーティブ部門シニアディレクターである川橋 敦氏はコメントしている。

さらに、川橋は『今後、より複雑かつ新たな技術が車両に装備されていく中で、これからも自動車メーカーは、高品質かつ耐久性の高い車両を作ることに注力していく必要がある。』としている。

次の買替えまでの期間中にユーザーの車両品質上の不具合経験をいかに少なくするかということが重要

調査の結果、走行距離が増えるにしたがってユーザーの不具合指摘件数が増えることが確認された。年間走行距離が1万キロを超えるようなユーザーグループでは、平均すると1台に1件以上の不具合を経験している。

今回、調査対象となった車両の平均走行距離は33,326kmであった。走行距離別の不具合指摘件数では、走行距離が20,000km未満のユーザーの不具合指摘件数は、62PP100、20,000km-36,000kmでは80PP100、36,000km以上では、104PP100となっている。

最も不具合指摘の多いカテゴリーは、外装(15.0PP100)、次いで、内装(13.6PP100)、Eng/Trans(11.3PP100)となっている。

また、不具合詳細の上位項目は、第1位が「空調吹き出し口からの不快なにおい」(3.5PP100)、次いで、「車外ライトの電球切れ」、「ブレーキの異音」、「バッテリー上がり」(各2.1PP100)が指摘されている。

『本調査では、不具合指摘件数と同一モデルの推奨意向、メーカー再購入意向には相関があることが確認されている。

7年を超える新車保有年数を考慮すると、次の買替えまでの期間中にユーザーの車両品質上の不具合経験をいかに少なくするかということが重要である』と先の川橋氏は述べている。

不具合指摘のないユーザーグループでは、「必ず+たぶん同じモデルを友人や知人に推奨する」という割合は72%、「必ず+たぶん同じメーカーの車を購入する」という割合は69%となっているが、不具合を1件でも経験したユーザーグループは、推奨意向が66%、再購入意向が61%に低下する。

jd-power-survey-become-apparent-height-of-durable-quality-of-domestic-brands20151021-1

主な調査結果
●軽自動車セグメントが最も不具合指摘が少なく(68PP100)、次いで、コンパクト(69PP100)、ミッドサイズ(71PP100)、ラージ1(77PP100)、ミニバン(83PP100)の順となっている。

●軽自動車セグメントは、外装カテゴリーの不具合指摘が最も多く、次いで、Eng/TM、内装となっている。

●コンパクト、ミッドサイズは、内装カテゴリーの不具合指摘件数が最多。次いで、外装、Eng/TMとなっている。

●ミニバン、ラージは、外装カテゴリーの不具合指摘が最多。次いで、内装、Eng/TM、ACENとなっている。

●本調査は初回車検を経験したユーザーを対象にしており、車検実施後1年以内のユーザーの不具合指摘件数が68PP100であるのに対して、車検から1年以上経過したユーザーの不具合指摘件数は、82PP100と14ポイント増となる。

1 対象モデル数が不十分なため、セグメントランキング公表対象外

2015年の日本自動車耐久品質調査は、新車購入後37~54ヶ月経過したユーザー17,020人から回答を得た。調査対象の車両は全16ブランド、132モデルであり、有効サンプル数が100サンプル以上のブランドおよびモデルをランキング対象としている。調査は2015年7月に実施された。