ジェイテクト、2017年北米国際自動車ショー「Automobili-Dエリア」に出展

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ジェイテクト(本社:大阪市中央区南船場3丁目5番8号、代表取締役社長:新美篤志、以下ジェイテクト)は、1月8日(日)~12日(木)に米国・ミシガン州で開催される2017年北米国際自動車ショー(North American International Auto Show 2017)の併設展「Automobili-D」に出展する。

ジェイテクトでは北米市場での事業拡大を目指し、同社としては初となるデトロイトモーターショーに出展を果たす。

同社では、今後北米で拡販を目指しているRP-EPS(ラックパラレルタイプ電動パワーステアリング)をはじめ、大型車向けの高度運転支援技術など、今後北米市場でニーズが高まる製品や技術を中心に展示を行っていく構え。

出展エリアとなる「Automobili-D」は、「Autonomous Driving」・ 「Connected Car Technologies」・「 E-Mobility」・ 「Mobility Services」・「Urban Mobility」の5つのゾーンに分かれており、自動車技術領域に於いて各分野での関連技術を紹介する企画展となる。

同社はAutonomous Driving(自動運転)に関わるゾーンに出展し、ステアリングを中心とした自動運転技術に貢献する製品や研究開発の取組みを紹介していく。

ジェイテクトはこの出展にあたり、「ジェイテクトのグループビジョン「No.1&Only One -より良い未来に向かって-」を掲げ、ジェイテクトグループが一丸となって更なる商品力と技術力を向上させ、世界中のあらゆる産業の発展に貢献することを宣言して、その役割を果たしてまいります」と結んでいる。

主な展示内容は以下の通り

自動運転関連技術
・大型車用ADAS対応ステアリングシステム(デモ紹介)
・ADAS対応技術の取組み

ステアリング製品
・RP-EPS、DP-EPS、C-EPS

駆動製品
・ITCC
・TORSEN

軸受製品
・TRB(LFTⅣ)
・HUB

工作機械
・ギアスカイビング

その他
・動くスケルトンモデル
・JGOGGLE

出展小間番号:Cobo Center Hall E 31