KDDI、東京モーターショーにIoT連携サービスを出展

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

KDDIは、2017年10月27日から11月5日までの10日間、東京都江東区の東京ビッグサイトで開催される展示会「第45回東京モーターショー2017」において、主催者テーマ展示「東京コネクテッドラボ2017(TOKYO CONNECTED LAB 2017)」に出展する。

東京モーターショーは、乗用車・商用車・二輪車・カロッツェリア・車体・部品・機械器具関連製品・自動車関連サービスを含む総合ショーで、「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」をテーマに開催される。

その中でショーの新たなシンボルイベントとして、将来のモビリティ社会がもたらす新しい価値や社会とのつながりに関する主催者テーマ展示東京コネクテッドラボ2017を開催する。

このテーマ展示エリアには、自動車メーカー・情報通信・環境・エネルギー・都市・先進素材などの民間企業、関連団体、行政機関等の17社・団体が出展する。

KDDIは、この西4ホールで実施される「TOKYO CONNECTED LAB 2017」に出展し、インターネットでモノとモノがつながるIoT技術の先進性・独自性を訴求する展示を通じて、自社が目指すIoTやライフデザインの世界感を展開していく。

KDDIブース出展概要
出展場所:西4ホール(小間番号:TCL04)

主な展示1:Mobility×IoT(クルマとつながるIoT)
– Connected AR
タブレットのカメラで、エンジンルームの情報取得や施錠・開錠などをコントロールする。
– スマートデバイスリンク
SDLに対応したスマートフォンアプリとカーナビ連携の進化。
– ガラスソリューション
タッチディスプレイによる近未来のカーディーラー商談スペース。

主な展示2:HOME×IoT(家とつながるIoT)
– au HOME
スマートフォンとIoTで、あなたの暮らしをいまよりちょっと便利に。
– KDDIカラオケVR
さまざまなVRコンテンツで非日常的なVRを体験。

主な展示3:Future×IoT(未来とつながるIoT)
– スマートドローン
モバイル通信機能を搭載したドローン。