コベルコ、米でアルミ鍛造サスペンションの増産設備増強へ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社神戸製鋼所(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:川崎博也、以下、コベルコ)が、米国に於いて合弁体制で自動車サスペンション用アルミ鍛造部品(以下 アルミ鍛造サスペンション)を製造・販売をしている「コウベ・アルミナム・オートモーティブ・プロダクツ社(Kobe Aluminum Automotive Products, LLC、以下 KAAP社)」。

この度、同社の生産設備増強決定がコベルコから発表された。設備投資額は約56.6百万米ドル(約68億円)で、2017年から順次稼働開始を目指す。

増強の目的は、軽量化を通じて自動車の燃費向上が求められる中、北米エリアのアルミ鍛造サスペンションの需要拡大に対応するため。先の通りでKAAP社は、北米における製造販売拠点として2003年に(株)神戸製鋼所・三井物産(株)・豊田通商(株)の合弁会社として設立され、2005年より操業を開始した。

KAAP社は、本年5月には操業開始10周年を迎え、この間、自動車軽量化ニーズの高まりを背景としたアルミ鍛造サスペンション需要の拡大に応じて、順次、生産設備を増強してきた。現在では、溶解鋳造2ライン、鍛造プレス6機の体制で操業しており、北米のアルミ鍛造サスペンション市場でトップシェアを有している。

北米は世界第2位の自動車市場であり、今後も自動車生産台数は増加を続け、2015年の約17.5百万台から2020年には約19.0百万台に達するものと想定されている。加えて、2025年に向けた燃費規制(CAFÉ規制 ※1)の強化に対応するため、車体軽量化ニーズが急速に加速しており、アルミ鍛造サスペンションの需要は大きく拡大を続けるものと見込まれている。

そうした伸長する需要を取り込むため、この度、溶解鋳造1ライン・鍛造プレス2機などを新たに導入することを決定。投資額は、将来の更なる拡張も見据えて、隣接地の取得、および建屋の新設も含んでおり、今増強により、生産能力は月産75万本となる予定だ。

今回の設備増強概要
土地:
約120,000m2
建屋:
約10,800m2
増強設備:
溶解鋳造1ライン、鍛造プレス2機、その他付帯設備
投資金額:
約56.6百万米ドル
増員規模:
約100人(フル操業時)
竣工時期:
2017年春以降に順次、設備稼働開始予定
kobelco-to-increase-production-facilities-enhancement-of-forged-aluminum-suspension-in-the-us20151108-2

KAAP概要
所在地:米国ケンタッキー州ボーリンググリーン市
設立:2003年5月
代表者:桂 俊弘
従業員:約400人
資本金:2,400万米ドル
株主構成:(株)神戸製鋼所60%、三井物産(株)25%、豊田通商(株)15%

※1 CAFÉ規制
「Corporate Average Fuel Economy:企業別平均燃費」の略。
米国において自動車製造企業ごとに算定する平均燃費が基準値を下回らない様に義務付けられる。
(2012年8月の規制強化により、自動車メーカーは2025年までに乗用車と小型トラックの平均燃費を54.5mpg(マイル/ガロン)に引き上げることを義務付けられた。)