ランドローバー、ブランド70周年を10/13の白馬村で祝う


「70TH ANNIVERSARY JAPAN LAND ROVER DAY」開催。全国のランドローバーオーナーの参加者募集中

英国発祥の自動車ブランド「ランドローバー」は、1948年4月30日のアムステルダム・モーターショーで「LAND ROVER Series I」を世界初披露した日から数えて今年、70周年の節目を迎えた。

これを踏まえジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マグナス・ハンソン)は8月24日、ランドローバーのブランド誕生70周年を記念した特別イベント「70TH ANNIVERSARY JAPAN LAND ROVER DAY」を2018年10月13日(土)に長野県・白馬村で開催すると発表した。

ランドローバーは先の通り1948年のブランド誕生以来、本格的な4×4を製造・販売。日常の移動から過酷な環境下まで、卓越した走破能力を強みに世界中のファンに支えられて今日に至っている。

そこで今回、ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社はランドローバーを愛するオーナーやファンの皆様と集い、ブランド誕生70周年を共に祝う記念イベントを企画。この内容をとして開設して参加者の募集を開始している。

この「70TH ANNIVERSARY JAPAN LAND ROVER DAY」は、高さ5m・最大傾斜43度のオフロード体験キット「ツインテラポッド」や、インストラクターの運転のもと悪路を高速で駆け抜ける「オフロード・タクシー」、通常車では進入することのできない道を走行する「ゲレンデ試乗」など、ランドローバーのオフロード走破能力を雄大な自然に囲まれたロケーションで楽しめるアクティビティを行う他、トークセッションやブランドグッズ「LAND ROVER COLLECTION」の販売、子ども向け電動カートを取り揃えたキッズコーナーなど、様々なコンテンツを用意していると云う。

また当日のメインイベントとして、全国から集結したランドローバー車両による白馬村の名所を巡るパレードも予定されている。

「70TH ANNIVERSARY JAPAN LAND ROVER DAY」 概要
開催日時
2018年10月13日(土)9:00~16:00 ※予定
受付時間
2018年10月13日(土)8:30~
応募方法
特設ウェブサイト内のエントリーフォームに必要事項を記入の上、応募
特設ウェブサイト
<   >
参加条件
– ランドローバーファンおよびオーナーの方、
– ランドローバー車両(モデル、年式 不問)で参加可能な方
※パレードへの参加はランドローバー車両のみとなるが、希望の先着20名は先導車に同乗することが可能。
会場
エイブル白馬五竜IIMORI 、白馬村周辺<   >
参加費
1組5,000円(税別)
参加プレゼント
ランドローバー70周年オリジナルパーカー、トートバッグ、車両用ステッカー

 

主なコンテンツ
– ツインテラポッド: 高さ5m・最大傾斜43度のオフロード体験キットを使用した、ランドローバーの走破能力体験
– オフロード・タクシー: インストラクターの運転による悪路走行体験
– ゲレンデ試乗: お客様の運転で、通常運転することのできないスキー場のゲレンデを走行
– トークセッション
– パレード:日本全国から集まったランドローバーで、白馬村の名所をパレード走行
– LAND ROVER COLLECTION:ランドローバーのブランドグッズの特別展示・販売
– キッズコーナー:子ども向け電動ランドローバーカート体験
– ラグビーワールドカップ2019コーナー:ランドローバーがワールドワイド・パートナーを務めるラグビーワールドカップ2019(開催地:日本)特別車両展示

ランドローバー70周年の節目とは
ローバー社のエンジニアリング・ディレクターを務めていたモーリス・ウィルクスが、同じく当時マネージング・ディレクターであった兄のスペンサー・ウィルクスに、英国アングルシー島にあるレッド・ワーフ・ベイの砂浜に初代「LAND ROVER」のスケッチを描き、提案したことが誕生のきっかけとなり、1948年4月30日、アムステルダム・モーターショーで「LAND ROVER Series I」を世界初披露した。
この日から、ランドローバーの冒険心に満ちた歴史の1ページが刻まれた。その後、積極的に時代をリードする製品を市場投入。現在、日本国内では「RANGE ROVER」「RANGE ROVER SPORT」「RANGE ROVER VELAR」「RANGE ROVER EVOQUE」「DISCOVERY」「DISCOVERY SPORT」などの全6モデルを展開している。