LEXUS、コンパクトハイブリッド車の「CT」をマイナーチェンジ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男、以下トヨタ)傘下のLEXUSブランドは、CT200hをマイナーチェンジし、全国のレクサス店を通じて8月24日に発売した。

CTは、スポーティなスタイルと環境性能を備えたLEXUSシリーズのコンパクトハイブリッド車である。

今回発表の新型CTでは、LEXUS独自のデザイン要素をさらに洗練させ、新意匠のグリルメッシュを採用するなど、より上質でアグレッシブなデザインに進化させた。

また、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を新たに採用し、安全運転支援の強化を図った。

CTの主な特長上質かつアグレッシブに進化したデザインエクステリアスピンドルグリルは、緻密なスピンドル形状の造形が縦方向に少しずつ変化する新意匠のグリルメッシュを採用しスポーティさを演出。

さらに、高輝度の金属調にペイントすることで華やかさを表現したヘッドランプは、アローヘッド形状のクリアランスランプを上部に配置。

ボディサイドのキャラクターラインと連続性を持たせることで伸びやかな印象を付与すると共に、U字のターンランプと組み合わせた。

リヤコンビネーションランプは、発光部の拡大により、視認性を向上させるとともにワイド感を強調。

さらに、リヤバンパー下部のガーニッシュで重心の低さとスポーティさを表現新意匠の16インチアルミホイールには切削光輝処理を施した。

グレード別では、ダークメタリックとの2トーンで躍動感を演出“F SPORT”は、スピンドルグリルに新しいFメッシュパターンを採用したほか、ダークな色調でパーツをコーディネートし、精悍でアグレッシブな表情を強調した。

外板色は新たに“F SPORT”専用色であるラヴァオレンジクリスタルシャインとヒートブルーコントラストレイヤリングを採用し全13色を設定している。

インテリアは、ナビディスプレイを10.3インチに拡大し、ナビゲーションやオーディオの情報をより大きく鮮明に表示し、利便性を向上させた。

オーナメントパネルは、バンブー(マットフィニッシュ/ナチュラルブラウン)サンフレアブラウン、本アルミ(名栗調仕上げ/シルバー)を新たに採用した。

一方、全8種類を設定内装色は、シート表皮とオーナメントパネルの一体感を感じさせる2トーンカラーを採用し、カラーラインアップを刷新している。

予防安全では、「Lexus Safety System +」標準設定による安全運転支援の強化し、「統合安全コンセプト」に基づいて開発された、低速域から高速域まで衝突回避または被害軽減を支援する予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を標準設定した。

メーカー希望小売価格(単位 : 円)

車両情報: http://lexus.jp/models/ct/