LEXUS、新型「RC F」を北米国際自動車ショーで世界初公開

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

“F”を象徴するハイパフォーマンスクーペ、軽量化・空力性能の向上を中心に磨き上げ、高性能バージョンも設定

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男)傘下のLEXUSは、米国・デトロイトで1月14日~28日に開催される2019年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)でマイナーチェンジしたスポーツクーペ「RC F」を世界初公開する。

“F”は、2007年のIS F発売と共に「公道からサーキットまでシームレスに走りを楽しめる」という開発テーマの下、LEXUSの高性能モデルのラインアップとしてリリース。

LEXUSのスポーツイメージや、運動性能の進化をけん引してきた。今回このLEXUSラインアップの先鋭さをより強く打ち出すため、軽量化や空力性能のほかパワートレーン、タイヤ、サスペンションなどに改良を加え、より優れた操縦安定性の実現を目指した。

また併せて、国内外のモータースポーツで培った技術を応用し、CFRPの外装部品やカーボンセラミックブレーキ、チタンマフラーなどの採用でさらなる軽量化を実現。加速性能・空力性能も向上させた“Performance package”を新たに設定した。この新型RC Fの日本での発売は、2019年5月を予定している。

その車両の特徴は以下の通り

  • 運動性能向上を狙い、車両重量の低減を実施。従来型比20kgの軽量化を実現。
  • 限界領域でのコントロール性向上を目的に、トレッドパターン一本一本のコンパウンド材質までこだわりタイヤを新開発。
  • “F”の自然吸気エンジンならではのリニアな加速フィーリングを際立たせるため、エアクリーナー形状変更による吸気性能向上とスロットル制御の改良によりアクセルレスポンスを向上させた。

  • ディファレンシャルのローギヤ化を図ることで、サーキット走行に於けるアクセルでの車両コントロール性を向上させた。
  • エクステリアは「レース育ちのスタイリング」をコンセプトに、フロントバンパーコーナーにカナード形状を取り入れてダウンフォースを向上させた。
  • サイドのロッカーモール後端にアンダーカット形状をつくることでリヤタイヤ周辺の乱気流を抑制するなど、“F”としての独自性を狙ったデザインとした。
  • 前後のホイールハウスにダクトを設けることでホイールハウス内に溜まった空気の圧力を低減。最適なコーナリング姿勢やステアリングの応答性向上に寄与する。
  • エンジントルクを制御し、発進時のタイヤ空転を防ぐローンチコントロールを採用。スポーツ走行時の鋭いスタートダッシュを実現した。

旗艦モデルの“Performance package”には、エンジンフード、ルーフ、フロントスポイラーなどの外装部品やブレースにCFRPを採用した他、カーボンセラミックブレーキやチタンマフラー、軽量アルミホイールの採用で、従来型比70kgの軽量化を実現。

専用のカーボンリヤウイング(固定式)を採用し、標準仕様に採用されているアクティブリヤウイング以上のハイダウンフォースとロードラッグを実現し、高速走行時の安定性と高速域の伸び感を両立させた。

RC F エンジン主要諸元(北米仕様)
型式:2UR-GSE
排気量:4,968cc(cc)
最高出力:352(472)/7,100(Kw[hp]/r.p.m)
最大トルク:535(54.6)/4,800(Nm(Kgf・m)/rpm)
0-60mile加速:4.0*(秒)
*RC F “Performance package”の数値

RC  車両詳細:https://lexus.jp/models/rcf/