マツダ、防府工場で「CX-3」の生産を開始。グローバルに高まるSUV需要への対応を強化

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道 以下、マツダ)は、12月15日より防府第1工場(山口県防府市)においてコンパクトクロスオーバーSUV「マツダ CX-3」の生産を開始した。これにより、マツダはグローバルに高まるSUV需要に対する車両供給体制を強化していく。


「CX-3」の生産拠点は、2014年12月に生産を開始した宇品第1工場(広島市南区)、2015年10月に生産を開始したタイの車両生産拠点「オートアライアンス(タイランド)Co. Ltd.」に続き、このたびの防府第1工場が3拠点目となった。

これまで宇品第1工場で生産してきた「CX-3」を、防府第1工場でも生産することで、宇品工場で生産する「マツダ CX-5」、「マツダ CX-9」の車両供給能力を向上させ、グローバルに高まるSUV需要に柔軟かつスピーディーに対応して行く。

また、防府第1工場での「CX-3」の生産にあたっては、マツダが推進する「モノ造り革新」の「一括企画(※1)」や「コモンアーキテクチャー構想(※2)」の利点を生かし、スームズな生産の立ち上げを実現した。

(※1)一括企画とは、5~10年のスパンで、今後どのような商品・技術が必要になるのかを予測した上で、その間に販売する全商品をまとめて企画する方法。

各車種のどこを固定要素として共通化し、どこを変動要素として個性を出すのかを明確にした上で、将来の多様な商品に対応できる標準構造と標準行程(工場での生産方法)を作り出すことが目的。

(※2)アーキテクチャーとは、製品に要求される性能を、各構成要素に配分して実現するための製品設計の基本コンセプト。

コモンアーキテクチャー構想では、車格や排気量の違いを超えて各ユニットの基本構造を共通化し、特性を揃えることで、多様な製品を同じプロセスで開発・生産できるようにしている。

マツダは、中期経営計画「構造改革ステージ2」(2017年3月期~2019年3月期)で掲げているグローバル販売台数165万台の達成に向けて、マツダのクロスオーバー系車種の生産比率を約50%まで拡大できる柔軟な生産体制の構築を目指している。

今回の生産体制について、グローバル生産を担当する圓山 雅俊(まるやま まさとし)常務執行役員は、「世界中のお客さまへ、よりタイムリーにマツダ車をお届けするために、工場間・車種間のさらなるフレキシブルな生産体制の拡大を図ります。

またこの取り組みに伴い、マツダのビジネス基盤をより強固にしていきます」と語っている。