メルセデス・ベンツ日本、新型「スマートfortwo、forfour」を発表

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本株式会社(本社: 東京都港区、社長:上野金太郎)は、メルセデスのシティ・コンパクト「smart fortwo」「smart forfour」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ注文受付を開始した。

mercedes-benz-japan-announced-a-new-smart-fortwo-forfour20151101-7

なお、smart fortwoの発売は10月28日より、smart forfourは2016年1月頃を予定している。(smart fortwoは特別仕様車「smart fortwo edition1」として全国限定440台を発売していく)

スマートは、最小限のボディサイズに最大限の利便性、快適性、安全性、環境適合性を凝縮したマイクロコンパクトカーとして1998年にデビューし、本日までに全世界累計販売台数150万台以上を記録、日本でも累計販売台数は3万台を超えた。

mercedes-benz-japan-announced-a-new-smart-fortwo-forfour20151101-3

新型smartは、待望の4人乗り仕様の「smart forfour」をラインアップに加えることで、選択肢の幅を広げる。

一方、2人乗り仕様の「smart fortwo」は、これまでのファンの期待に応えるため、ユニークなsmartの個性をさらに強めた限定モデルとして年数回展開していく。

その第一弾として、新型smartの登場を記念した特別仕様車「smart fortwo edition1」を全国440台限定で導入する。

新型 smart fortwo / smart forfour 共通の特徴
<エクステリア>
新型smartのエクステリアデザインは、これまでのsmartのコンセプトをほぼ引き継いでいる。具体的なトリディオンセーフティセルとボディパネルの2色のコントラストがsmartの大きな特色だ。

全体のシルエットは、先代のワンボックスから、ボンネットの位置を高くした「1.5ボックス」に変更となった。

mercedes-benz-japan-announced-a-new-smart-fortwo-forfour20151101-4

極めて短い前後オーバーハングと外側に配置したホイールが生む特徴的なプロポーションは、優れた視認性とアジリティにも貢献する。

また、リアにエンジンを搭載し後輪駆動とするRRレイアウトと組み合わせることで、コンパクトなボディに驚くほどのスペースユーティリティを実現した。

smartの開発チームは、そのスペースユーティリティを測る指標として、ボディ全長に対する室内長(アクセルペダルからリアエンドまでの水平距離)の比を表す「Body(ボディ) space(スペース) index(インデックス)(BSI)」を考案した。

mercedes-benz-japan-announced-a-new-smart-fortwo-forfour20151101-11

smartのBSIは、smart fortwoが75%、smart forfourが77%と、いずれもセグメント最高水準となっている。

タイヤは先代同様前後異なるサイズを採用しており、フロントタイヤ幅がリアタイヤより細く外輪の切れ角が大きいことが、最小回転半径を小さくすることに貢献している。

<インテリア>
インテリアには、smartのポップなキャラクターを強調する色と素材を採用している。

例えば、シート*はヘッドレスト一体型のスポーティなタイプを、ダッシュボードとドアパネルにはメッシュファブリック素材を採用。

「Loop(ループ)」と名付けられたエモーショナルな楕円形の曲線は、ダッシュボードやドアなどを飾るインテリアモチーフとなっている。

mercedes-benz-japan-announced-a-new-smart-fortwo-forfour20151101-26

インストゥルメントクラスターと、Bluetooth/USBインターフェース付AM/FMラジオは、ダッシュボードの手前に浮かんでいるように見えるデザインとした。

スピーカーやツイーターには、フロントグリル同様のハニカムパターンが踏襲されている。 *: smart forfourはフロントシートのみヘッドレスト一体型

<パワートレイン>
エンジンは、可変スワールコントロール、吸気バルブ可変コントロールを採用した新開発1.0リッター直列3気筒自然吸気エンジンを搭載。

最高出力71PS(52kW)、最大トルク91Nmを発揮し、通常走行で使用する低回転域から豊かなトルクを発生する。また、信号待ちなど車両が停止している際にアイドリングストップを行う「ECOスタートストップ機能」も装備している。

mercedes-benz-japan-announced-a-new-smart-fortwo-forfour20151101-5

トランスミッションには、6速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)「twinamic(ツイナミック)」を組み合わせている。同システムは、シフトアップやシフトダウンの際に駆動力が途切れないので、滑らかで快適なドライビングを楽しむことができる。

<シャーシ>
サスペンションは、フロントに新型のマクファーソン式を、リアに改良したド・ディオン式を採用しています。スプリングストロークは大幅に拡大されて快適性がさらに高まった。

mercedes-benz-japan-announced-a-new-smart-fortwo-forfour20151101-14

ステアリングは、機械式ラック&ピニオンステアリングを標準装備。また、可変ギア比と電動パワーアシストによるダイレクトステアリングは、走りの喜びを大きく高めるとともに、ハンドリングと燃費の向上に寄与する。

<セーフティ>
smartの最大の特長であるきわめて堅牢な高強度スチール製の骨格「トリディオンセーフティセル」は、非常に激しい衝突においても大きく変形することがなく、乗員の生存空間を確保する。

燃料タンクは安全のためクラッシャブルゾーンから外し、リアアクスルの前方に配置。メルセデス・ベンツが掲げる「リアルライフセーフティ」の思想に従い、smartよりサイズや重量が大きい車両との衝突適合性(コンパティビリティ)を重視しているため、SクラスやCクラスとの前面衝突テストにおいても優れた結果が得られている。

mercedes-benz-japan-announced-a-new-smart-fortwo-forfour20151101-25

アクティブセーフティでは、レーダーセンサーにより先行車との車間距離をモニターし、衝突のおそれが生じた際にディスプレイ表示と音によりドライバーに警告する「衝突警告音機能」を備えた。

警告は2段階で行われ、先行車との車間距離が安全な範囲にない場合に、インストゥルメントクラスターの警告ランプを点灯し、さらに車間距離が短くなり衝突の危険性が高まった際には警告音を発生させる。

mercedes-benz-japan-announced-a-new-smart-fortwo-forfour20151101-21

さらに80km/h以上で直線か緩やかなカーブを走行中に突然の横風により車両が不安定になった際に安定した直進をサポートする「クロスウインドアシスト」など、最先端の予防安全装備も採用した。

エアバッグは、運転席にSRSエアバッグ、SRSニーバッグ、助手席にSRSエアバッグを標準装備。

運転席と助手席のバックレストに内蔵されているSRSサイドバッグ(ヘッド・ソラックス)は、側面衝突の際、乗員の胸部にかかる負荷を低減するとともに、頭部がサイドウインドウや負傷の原因となりうる物体に直接ぶつかるリスクを軽減。

mercedes-benz-japan-announced-a-new-smart-fortwo-forfour20151101-12

さらに、ドアパネル内部には、乗員の腰部を保護する目的で変形部材を採用している。

<装備>
ワイパースイッチを間欠ポジションにしておくだけで、フロントウインドウ上部のセンサーが雨滴の量を感知し、ワイパーの作動を自動調整する「レインセンサー」や、設定した速度をアクセルを踏むことなく維持し上限速度も設定できる「クルーズコントロール&可変スピードリミッター」。

ボタンを押すだけで設定した温度を自動でキープする「クライメートコントロール(オートエアコン)」は、チリや花粉などを除去して室内の空気を正常に保つ「マイクロフィルター&チャコールフィルター」も装備。

mercedes-benz-japan-announced-a-new-smart-fortwo-forfour20151101-16

半円形のインストゥルメントクラスターには、車速や警告表示などの運転に必要な情報が瞬時に読み取れる3.5インチTFTカラーディスプレイを標準装備とした。

ナビゲーションには、7インチディスプレイを備えた純正アクセサリー「ポータブルナビ」と、ユーザーのスマートフォンがsmartのナビゲーションにもなるiPhone/Android対応の無料アプリ「スマート・クロス コネクト」を用意。

「スマート・クロス コネクト」では、検索した目的地までのルートを地図と音声で案内するナビゲーション機能や、標準装備のオーディオシステムの操作、ハンズフリー通話も可能。

また、車外ではハンドヘルドモードになり、運行経路、ガソリン消費量、運転履歴などの情報を見ることができるほか、お気に入りの駐車スポットの登録なども可能。
* 本アプリのサービス開始は2015年内を予定。
* 利用には、パケット通信が可能なスマートフォン(iPhone/Android)が必要。また、利用時の通信料などは、別途ユーザー側の負担となる。

mercedes-benz-japan-announced-a-new-smart-fortwo-forfour20151101-24

ラインアップは、内装がファブリック仕様の「passion(パッション)」と本革仕様の「prime(プライム)」の2モデル。また、お客様が選びやすいシンプルなオプション構成とし、passionにはシートヒーター、プライバシーガラス、パークトロニック(リア)、iPadホルダー取付ソケットをパッケージにした「ベーシックパッケージ」と「メタリックペイント」の2つをオプション設定した。primeにはメタリックペイントのみを設定している。

外装色とトリディオンセーフティセルのカラーコンビネーションは全8種類と豊富な選択肢がある。クリスタルホワイトやディープブラックの他に、ミッドナイトブルー、ラバオレンジ、サファイアレッド、イエロー、クールシルバーとsmartらしいポップで明るい色も揃えている。

smart forfourのメーカー希望小売価格(消費税込み)は以下の通り。
mercedes-benz-japan-announced-a-new-smart-fortwo-forfour20151101-1

 

mercedes-benz-japan-announced-a-new-smart-fortwo-forfour20151101-2

なお、新型smartのデビューに合わせ、10月28日(水)より11月25日(金)までの期間限定でブランド情報発信拠点「Mercedes-Benz Connection(東京)」が「smart Connection」としてオープンする。

施設内の展示車やトライアルクルーズの試乗車が新型smart中心のラインアップとなるほか、新型smartの魅力に触れられるアトラクションなどを実施する。

smart Connection特設ウェブサイト
http://www.smart-j.com/special/smart_connection.html

新型スマート ウェブサイト
http://www.smart-j.com/