MINIクロスオーバー、東京駅側のBMW Group Studioで4月末までの期間限定展示


ビー・エム・ダブリュー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ペーター・クロンシュナーブル、以下BMW)は、東京駅隣接のBMWグループ・コーポレート・ショーケースBMW Group Studio(千代田区丸の内1-9-2)に、THE NEW MINI CROSSOVER STUDIO GALLERYと題したショーケースをオープンした。

このショールームには、MINIの最新モデルとなるプレミアム・コンパクト・セグメントSAV「MINIクロスオーバー」を、3月17日(金)より4月末まで、期間限定で展示していく。

MINIクロスオーバーは、2011年にMINIの4番目のモデルとして、それまでのMINIモデル・ラインアップからは一線を画すSAVモデルとして誕生した。

本年3月に誕生後に初めてフルモデル・チェンジした二代目のMINIクロスオーバーは、デザインの刷新、質感をいっそう向上させた素材を採用するなどプレミアム・コンパクト・セグメントに相応しいインテリア・スペースの拡大、機能性の向上により、MINI初のプレミアム・コンパクトSAVとして生まれ変わった。

今回のMINIクロスオーバーの展示においては、展示エリアを工夫し、MINIクロスオーバーの世界観に合わせたライフ・スタイル・シーンを表現している。また期間中はワークショップやクリエーターとのコラボレーションイベントも開催予定となっている。

展示概要
開催期間:2017年3月17日(金)~4月末まで
展示車両:
THE NEW MINI COOPER SD CROSSOVER ALL4 / アイランド・ブルー・メタリック
THE NEW MINI COOPER D CROSSOVER ALL4 / チェスナット・ブラウン・ソリッド
場所:BMW Group Studio
東京都千代田区丸の内1-9-2、グラントウキョウ・サウスタワー1階
展示時間:平日午前11時~午後8時 土日祝9時~18時
休館日:3月22日・23日(水・木)、4月13日・14日(木・金)
入場料:無料
詳細: