光岡自動車、新型オープンカー「ロックスター」を発表

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

光岡自動車の創業50周年記念モデルとして限定200台を受注生産

株式会社光岡自動車(本社:富山県富山市、代表取締役社長:光岡章夫)は11月29日、東京・麻布の自社ショールームに於いて同社創業50周年を記念した新型車「Rock Star(ロックスター)」を発表。12月1日(土)より受注受付けを開始すると発表した。

この新型車Rock Starは、限定台数200台の受注生産車。車両出荷は受注後に生産に入り、2019年6月頃を目途の出荷開始となる予定。
具体的な生産計画は、来年2019年度は50台の生産・出荷。51台目以降は2020年度に75台。2021年度に75台の出荷を想定しているという。

Rock Starの受注開始・生産に入ることにあたって同社は 「Rock Starのコンセプトは、『やんちゃ×スタイリッシュ×楽しさ』にあります。

誰しも、熱く、ほとばしるような情熱を持っていて、それが何かのキッカケで爆発することがあります。誰でもスターになりたい気持ちはあるし、スターの輝きに憧れるものです。

ある人は、日常から逃れ好きな場所へ行き、思い思いの時間を手に入れる。 ある人は、底知れぬスピードとパワーを身にまとってヒーローに変身する。ある人は、本当の自分を知る相棒に癒され、心を解放する。

それこそ、クルマの魅力ではないでしょうか。Rock Star(ロックスター)は、光岡自動車創業50周年記念モデルとして、また我々をご愛好頂くミツオカファンに対する熱い思いを込めて開発に至ったクルマです。

昨今、コストと利便性を追求した大量生産車が数多く存在するなか、光岡自動車のRock Starは、理屈抜きでクルマの魅力を訴求し、シンプルで、かつストレート。クルマを愛して止まないお客様に対する光岡自動車の自由闊達な楽しさの象徴になると自負しております」と話している。

車輌概要
発 売 日:平成30年12月1日(土)
限定台数:200台 (2019年より50台の生産出荷を開始)
車輌寸法:全長4,345mm、全幅1,770mm、全高1,235mm

グレード及び車輌本体価格(消費税抜き価格)
– Sグレード
2WD/1,500cc/6MT/4,698,000円(4,350,000円)
– S Special Packageグレード
2WD/1,500cc/6MT/4,984,200円(4,615,000円)
2WD/1,500cc/6EC-AT/5,184,000円(4,800,000円)
*リサイクル料金10,060円