国土交通省、電柱などの側面衝突の乗員保護基準を新設


国土交通省・自動車局では、交通事故死者数の一層の削減のため、車両の安全基準の拡充・強化等、順次進めているが、平成27年6月15日、自動車の衝突試験を拡充するとともに、国際基準との整合を図るため、以下のとおり「道路運送車両の保安基準」等を改正し、本日公布、施行したと発表した。

(1)電柱などの側面衝突時の乗員保護基準の新設
(平成30年6月15日以降の新型車より適用)

(2)燃料装置の燃料漏れ防止等に係る保安基準の拡充
(平成30年9月1日以降の新型車より適用)

(3)番号灯、灯火器の光源、二輪自動車の灯火器に関する基準を国際基準に整合
(平成32年6月15日以降の新型車より適用)

なお、同省・自動車局では、これら基準は全て国際基準に調和したものであり、国連の1958年協定に基づき、協定加盟国との相互承認が可能となるとしている。

上記に関わり、発表された細目は以下の通り。

「道路運送車両の保安基準」、「装置型式指定規則」、「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」等の一部改正について

1.背景自動車局では、交通事故死者数の削減のため、安全基準等の拡充・強化、先進安全自動車(ASV)の開発・実用化・普及の促進等により、車両の安全対策を推進しています。

今般、更なる交通事故死者数の削減に向け、乗用車と小型貨物車に対して電柱等と側面衝突した場合を模擬した衝突試験を新設することとします。

なお、当該基準は国連の「ポールとの側面衝突時の乗員保護に係る協定規則(第 135号)」と調和しています。

また、我が国は、自動車の安全基準の拡充・強化を進めるとともに、自動車の安全確保に関する国際的な整合性を図るため、平成 10年に国連の「車両等の型式認定相互承認協定」(以下「相互承認協定」という。)に加入し、その後、相互承認協定に基づく規則(以下「協定規則」という。)について段階的に採用を進めているところです。

今般、新たに「車両火災の防止に係る協定規則(第 34号)」、「ポール側面衝突時の乗員保護に係る協定規則 (第 135号)」、「光源に係る協定規則(第 37号、第 99号及び第128号)」、「二輪自動車等の車幅灯、番号灯、尾灯、制動灯及び方向指示器に係る協定規則(第 50号)」、「二輪自動車等の対称配光型前照灯に係る協定規則(第 113号)」及び「番号灯に係る協定規則(第4号)」を採用することといたしました。

また、「ドアラッチヒンジに係る協定規則(第 11号)」等の改訂が、国連欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラム(WP29)第 164回会合において採択されたところです。

これらを受けて、以下のとおり「道路運送車両の保安基準」(昭和 26年運輸省令第 67号)、「装置型式指定規則」(平成 10年運輸省令第 66号)、「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」(平成 14年国土交通省告示第 619号)等の一部を改正しました。

2.改正概要

(1)保安基準の一部改正 ①燃料装置(保安基準第 15条関係、細目告示第 18条、第 96条、第 174条関係)車両の火災防止に係る我が国の厳しい要件が国連規則として採用されたことを受け、新たに「車両火災の防止に関する協定規則(第 34号)」を採用したことに伴い、燃料漏れ防止等の基準について国際基準と調和しつつ、更なる安全性向上のため、以下のとおり改正しました。

【適用範囲】
○ガソリン又は軽油を燃料とする自動車

【改正概要】
○①燃料タンク注入口に燃料キャップが確実に取り付けられていること。
②燃料タンクが横転した場合であっても一定量以上の燃料が回転させ、燃料が一定量以上漏れないことの確認試験等を義務づけます。
○具体的な試験方法は、「車両火災の防止に関する協定規則(第 34号)」の技術的要件のとおりとします。

フィラーキャップが無くならないよう、車体へ取り外し防止のロープ又はチェーンの装備義務化及び転覆試験において、当該キャップから漏れが無いことの確認

mlit-and-established-a-new-occupant-protection-standards-for-side-impact20150616-1

【適用時期】新型車:平成 30年9月1日

②車枠・車体(保安基準第 18条関係、細目告示第 22条、第 100条、第 178条関係)電柱等との側面衝突を模擬した衝突試験乗員保護基準を新設しました。

mlit-and-established-a-new-occupant-protection-standards-for-side-impact20150616-2

【適用範囲】
○乗用自動車(乗車定員 10人以上のもの、二輪自動車、側車付二輪自動車、三輪自動車、カタピラ及びそりを有する軽自動車、被牽引自動車を除く。)
○車両総重量 3.5トン以下の貨物自動車であって以下の自動車 ・前車軸中心から運転者席への角度(α)が 22.0°より小さいもの(図4)

・運転者席から後車軸中心までの距離(B)と運転者席から前車軸中心までの距離 (A)の比が 1.30より小さいもの(図5)

mlit-and-established-a-new-occupant-protection-standards-for-side-impact20150616-3

【改正概要】
○ポール側面衝突試験において、ダミーへの衝撃に係る入力値が一定値以下であること、ドアが外れないこと、衝突後の燃料漏れが一定量以下であること ※を義務づけます。
○具体的な試験方法は「ポール側面衝突時の乗員保護に係る協定規則(第 135号)」の技術的要件のとおりとします。

【適用時期】
新型車:平成30年6月15日

③二輪自動車等における灯火器(細目告示第 42条、第 45条、第 49条、第 50条、第 56条、第 59条、第 244条、第 245条、第 246条、第 247条、第 249条関係)「二輪自動車等の車幅灯、番号灯、尾灯、制動灯及び方向指示器に係る協定規則(第50号)」及び「二輪自動車等の対称配光型前照灯に係る協定規則(第 113号)」を採用し、これらの相互承認を可能とするため、以下のとおり改正しました。

【適用範囲】
○二輪自動車、側車付二輪自動車及び原動機付自転車に備え付ける前照灯等

【改正概要】
○二輪自動車、側車付二輪自動車又は原動機付自転車に備え付ける上記灯火の灯光の色、明るさ等に関する規定について、「二輪自動車等の車幅灯、番号灯、尾灯、制動灯及び方向指示器に係る協定規則(第 50号)」及び「二輪自動車等の対称配光型前照灯に係る協定規則(第 113号)」の技術的要件に適合ことを求めます。

【適用時期】
新型車:平成32年6月15日
継続生産車:平成 32年6月 15日

④番号灯(細目告示第 49条、第 127条、第 205条関係)「番号灯に係る協定規則(第4号)」を採用し、その相互承認を可能とするため以下のとおり改正しました。
【適用範囲】
○自動車(二輪自動車、側車付二輪自動車、三輪自動車並びにカタピラ及びそ りを有する軽自動車を除く。)に備え付ける番号灯

【改正概要】
○上記自動車(細目告示第1節の基準が適用されるものに限る。)に備え付ける番号灯における灯光の色、明るさ等に関する規定について、「番号灯に係る協定規則(第 4号)」の技術的要件に適合することを義務付けます。
○具体的には、番号灯に関する測定方法や光度特性等に関する技術基準について、 所要の改正を行います。

【適用時期】
新型車:平成32年6月15日
継続生産車:平成 32年6月 15日

⑤その他
○その他の現在日本が採用している各協定規則について、誤記訂正、項目の整理等に伴う改訂がなされたこと等を踏まえ、所要の改正を行いました。

(2)道路運送車両法施行規則(昭和 26年運輸省令第 74号)の一部改正保安基準第 18条の一部改正に伴い、形式的な改正を行いました。

(3)装置型式指定規則(平成 10年運輸省令第 66号)の一部改正 協定規則の採用等に伴い、相互承認の対象となる特定装置を追加等するため、第2条(特定装置の種類)、第5条(指定を受けたものとみなす特定装置)等の改正を行いました。また、項目の整理等に伴う所要の改正を行いました。

【改正概要】
○第2条(特定装置の種類)関係「燃料タンク」、「燃料タンク及び燃料タンク取付装置」、「衝突時の車両火災防止装置」、「障害物との側面衝突時の乗員保護装置」、「光源」、「番号灯」を追加します。

○第5条(指定を受けたものとみなす特定装置)関係 ・「燃料タンク」、「燃料タンク及び燃料タンク取付装置」、「衝突時の車両火災防止装置」は車両火災の防止に係る協定規則(第 34号)に基づき認定されたものについて、「障害物との側面衝突時の乗員保護装置」はポール側面衝突時の乗員保護に係る協定規則(第 135号)に基づき認定されたものについて、「光源」は光源に係る協定規則(第 37号、第 99号及び第 128号)に基づき認定されたものについて、「車幅灯」 ※、「尾灯」 ※、「制動灯」 ※、「方向指示器」 ※は二輪自動車等の車幅灯、番号灯、尾灯、制動灯及び方向指示器に係る協定規則(第 50号)に基づき認定されたものについて、「前照灯」 ※は二輪自動車等の対称配光型前照灯に係る協定規則(第 113号)に基づき認定されたものについて、「番号灯」は番号灯に係る協定規則(第4号)及び二輪自動車等の車幅灯、番号灯、尾灯、制動灯及び方向指示器に係る協定規則(第 50号)に基づき認定されたものについて、型式指定を受けたものとみなすこととします。

・「操作装置」及び「乗降口の扉の開放防止装置」について、協定規則が改訂されたことに伴い、規則番号について所要の変更を行います。

○第6条(特別な表示)関係 ・第3号様式に定める表示方式について、「燃料タンク」、「燃料タンク及び燃料タンク取付装置」、「衝突時の車両火災防止装置」、「障害物との側面衝突時の乗員保護装置」はa≧8、「前照灯」はa≧8(プラスチック製レンズにあっては a≧ 5)、「車幅灯」 ※、「尾灯」 ※、「制動灯」 ※、「方向指示器」 ※、「番号灯」はa≧5とします。※二輪自動車に限る。

・第4号様式を新設し、第4号様式に定める表示方式について、「光源」は a≧2.5とします。単位:ミリメートル

3.スケジュール(予定)
公布・施行:平成 27年6月 15日 ※協定規則(原文)につきましては次のとおりです。

 

 

その他の記事(新車関連)
ホンダ、MotoGPマシンの公道走行車「RC213V-S」発売へ
VW、UP
!にアイドリングストップ機能、燃費12%向上
BMW、新7シリーズを欧州マーケットで公開
ケータハム、欧州市場へワイドボディ、セブン275R
VW、6年ぶりにM/Tモデルを導入・受注開始

FCAジャパン、コンパクトSUV「Fiat500X」を今秋販売
BMW、次世代BMW X1を欧州において公開
BMW、640iクーペM Performance Edition全国10台限定発売
VW、欧州市場でパサートGTEの受注開始

ホンダ、シビック タイプRの市販モデル、欧州デビュー

英マクラーレン570S/540C Coupe日本初公開
ジャガー、新型スポーツ・サルーン・モデルXE受注開始

ボルボ、Volvo V40 R-DESIGN Carbon Edition88台限定発売

BMW 5シリーズ セダンの限定モデル「Grace Line」を発売

スズキ、新型軽乗用車「アルト ラパン」を発売

オペル、5ドアハッチバックの「カール」を正式発表
トヨタ、ハリアーを一部改良、特別仕様車も追加発売

ルノー、小型クロスオーバー車「カジャール」欧州発売
ランボルギーニ、新型SUV「URUS」市場投入は2018年

マツダフレアワゴンにISG搭載で低燃費32.0km/Lを達成

ホンダフリードにプレミアムエディション誕生5/29発売
メルセデスAMG C 63 S Edition(エディション)1を限定発売

メルセデスAMG C 63(セダン・ステーションワゴン)発表

プジョー、特別限定車「208 Style」を発売

BMW、2シリーズ グラン ツアラー誕生6/6発売

アウディ、A8に3台の限定モデル、5/26より発売
ルノー・ジャポン、メガーヌ ハッチバック ゼンを追加

トミーカイラZZ 増資完了、合成走行音搭載車は今秋登場

日産NV350キャラバン トランスポーターの仕様一部刷新

シトロエンDS4新エンジン32%燃費UP価格は320万円から

ルノー、特別色のルノー カングーを100台限定発売
FCAジャパン、Jeep限定車2モデル5/30より発売

GMジャパン、7座席SUVシボレーキャプティバ限定発売

全世界500台限定モデルMcLaren 675LT日本初上陸

MINI Crossverに日本限定モデル登場

トヨタ、ハイラックスをタイでフルモデルチェンジ
ホンダ、JADE(ジェイド)に1.5L VTEC TURBO搭載

BMW、クリーンディーゼル218dアクティブツアラー

新型マツダ ロードスター、5/21いよいよ発売へ

スバル、インプレッサSPORT HYBRIDの先行予約始まる

シトロエン最後のC5 Final Edition、60台限定発売
スバル、ステラを改良して5/20から発売
スズキ、スペーシアシリーズ改良。低燃費・衝突安全向上

ダイハツ、コペン「第3のモデル」先行受注開始
トヨタ、燃料電池進化の糸口掴む。性能向上の取組み加速

ホンダ、新コンパクトステーションワゴン・シャトル発売
アウディ、欧州エリアで最新「R8 V10」の受注開始
マツダ、フレアクロスオーバーを商品改良して発売
BMW 1シリーズ発表、300万円を切る戦略的な価格設定
アウディ、A1 1.0TFSIで250万円を切る価格へ

アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLAC
フォルクスワーゲンVW新トランスポーター(T6)生産開始

VWゴルフGTIクラブスポーツ、オーストリアでお披露目
トヨタSAI改良、世界初スーパーUV400カットガラス採用
メルセデス・ベンツ、AMG GT受注開始。1462万円〜
ボルボ、女性誌モデル五明祐子さんセレクトの限定車発売
トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良、5月7日発売

アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪う車
NEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー
FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台
ダイハツ、ムーヴとタントにスマートアシストⅡを搭載

アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリント特別仕様車2種
マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売
日産デイズ ルークスエマージェンシーブレーキ全車標準化
マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレに本革シート

その他の記事(モータースポーツ)
ル・マン24時間、TOYOTA予選初日は7・8番手
プジョー 208 GTi、全日本ラリー選手権第3戦でクラス4位
ポルシェ、過酷なレース活動は未来のクルマを育むゆりかご
ポルシェ919ハイブリッド3台ル・マンのテストデーを消化
日産GT-R LM NISMO、ル・マン公式テストで初走行を公開

ポルシェ、3台の919ハイブリッドでル・マンの勝利を狙う
日産、動画配信でGTアカデミー日本上陸を改めて伝える
ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レースで総合3位
WTCC第4戦、シトロエン優勢のまま1/3ラウンドを消化
ポルシェ、新911 GT3 R、ニュルブルクリンクで世界初公開

スーパーGT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む
WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利
富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコード
WRCアルゼンチン、シトロエンWinクリス苦節13年目の勝利
プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表

その他の記事(イベント)
BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2015開催、8月29・30日
Audi Forum Tokyo 2F Audi Caféでル・マン24観戦実施
日産本社でル・マン24時間のパブリックビューイング開催
第44回東京モーターショー2015、全展示部門で出展者が決まる
トヨタ、幼児向け交通安全教室トヨタセーフティスクール開催
LEXUS、ミラノデザインウィーク2015受賞作品を東京展示
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露
トヨタ自動車「第39回トヨタ ロビーコンサート」7/30開催

その他の記事(技術)
ロボットタクシーのZMP、自動運転車開発システム販売
ダイハツ ムーヴ、軽自動車初の先進安全車プラスを獲得
テスラとガエレクトリックPowerPackをアイルランド導入
富士経済、製造・非製造業向けロボット世界市場の調査結果
ボッシュ、テスラ モデルSベースの自動運転テスト車導入

ホンダ、技術テーマで「第65回自動車技術会賞」を受賞
マツダ、第65回 自動車技術会賞受賞
トヨタ、MIRAI関連技術で全国発明表彰「恩賜発明賞」
日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価ファイブスター賞
ダイムラー、大型トラックの公道自動運転実験を開始
VW、新6リッターエンジンのW12 TSIウイーン公開

スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得
アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用
理研、太陽光エネルギーを水素へ変換するシステム実現へ
スズキの欧州販売車VITARA、ユーロNCAP評価で5つ星獲得
アウディ、電動ターボ搭載TTクラブスポーツコンセプト

その他の記事(企業・経済)
独ダイムラー、家庭用定置型蓄電池の受注を開始
デンソー、新事業開拓に向け東京支社を移転・拡張
日産、NV200タクシー出発式を東京で実施
独ダイムラー、産業・家庭用蓄電池ビジネスに参入
光岡自動車、欧州進出。HIMIKOを英国市場に投入

スズキ2気筒0.8Lディーゼルエンジンを開発しインド投入
住友ゴム工業、Goodyear社とのアライアンス契約合弁解消
日産、横須賀市とEV普及モデルの構築を目指す
トヨタ、フォードの「スマートデバイスリンク」導入検討
トヨタ欧州副社長、日産のマーケ、セールス統括副社長へ

トヨタ・モビリティ基金とNew Cities Foundationの協力開始
マツダ、新型ロードスターから「電子取扱説明書」を導入
日産、国内における女性管理職比率が8.2%に上昇
スズキ、インドネシア四輪車新工場の開所式を実施
ルノー・日産、COP21にゼロ・エミッション車を提供

トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意
日産とBMW 、南アフリカでEV充電インフラ拡充に合意
新日鉄住金、北米で自動車用鋼板のグローバル供給体制拡充
ボッシュ、ネットワーク化が自動運転成功の鍵を握る
BMW、業績好調のなかで経営の舵取りを新CEOに託す

国土交通省、平成26年度自動車(製品)安全性能評価結果
日産自動車、2014年度通期決算。当期純利益は4,576億円
ボルボ、北米初工場。欧・中・米3大陸の国際体制確立へ
スズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益6期ぶり減
フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合

中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能に
トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成

その他の記事(話題)
コードアワード2015ベスト・クラフト賞にホンダの動画作品
JAFのWebサイトに対話型ナビゲーター登場
アップル、Apple Music発表、6月30日全世界デビュー
矢野経済研究所、中古車流通市場調査結果を発表
日本エレクトライク、三輪EVの型式認証を取得

イエローハット、2種の新ドライブレコーダーを独占販売
ハーマン、ラパンのインフォテイメントシステムに採用
イクリプス9型カーナビ、アクア・プリウスα取付キット発売
メルセデス・ベンツ認定中古車拠点でオープンフェア

ダイハツ新型「コペン」累計販売台数1万台を突破
JAF長野が検証、チャイルドシートの取付9割が不適切
ポルシェ、クラシック911用ダッシュボードを再現し販売
ホンダシビックツアラー1.6のi-DTEC、燃費のギネス記録挑戦

オペル、欧州ラインナップ全車でスマホ連携機能実装へ
DeNA、スマホ向け無料カーナビアプリ「ナビロー」提供
三菱パジェロ2016、スマホ両対応の車載ディスプレイ搭載
【2015年4月人気車ランキング】年代別人気車TOP5
EVオーナー高速道路利用実態(有料)調査参加者募集中

マツダ、東日本大震災児童10名の仏ホームステイを後押し
ヤナセ、創立100周年を記念して社会貢献活動を実施
タカタ、米国運輸省とエアバッグの市場処置拡大で合意
パナソニック、SSDカーナビ「ゴリラ」新製品4機種を発売
スマートとJBLで造った仰天モバイル・コンサートカー

運転テクニックアンケ、女性「合流」・若者「駐車」が苦手
パイオニアとレコチョク車向け定額音楽サービス
アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始
国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめる
TESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、36万円
JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開

TuvichomsaoサイトTOPに戻る