ニューBMW 3シリーズ セダン/ツーリングを発表


new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-12

LEDヘッドライト・新LEDリヤ・コンビネーション・ライトなどで、スポーティで洗練されたスタイリングへ刷新

ビー・エム・ダブリュー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ペーター・クロンシュナーブル、以下BMW)は、これまで以上にスポーティで洗練されたデザインを採用するとともに、優れた環境性能と高い動力性能を実現した新世代エンジンを搭載した「ニューBMW 3シリーズ セダン/ツーリング」を、全国のBMW正規ディーラーにおいて、9月12日(土)より販売を開始すると発表した。

new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-10new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-7

1975年に初代モデルが登場し、今年で発売40周年を迎えるBMW 3シリーズは、後輪駆動方式や、ドライバーとクルマとが一体となる約50対50の理想的な前後重量配分など一切妥協のないクルマ造りが特徴。

new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-13new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-14new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-15

BMWならではの「駆けぬける歓び」を凝縮したモデルとして、これまでに全世界で1,400万台以上が販売され、長年プレミアム・スポーツ・セダンのセグメントにおいて世界的なベンチマークとされてきた。

優れた環境性能と高い動力性能を実現したBMWグループの新世代エンジンを新搭載:ニューBMW340iには新開発の直列6気筒ガソリン・エンジンを初搭載

ニューBMW 3シリーズは、新世代のコロナ・リング・デザインを採用した「LEDヘッドライト」と、「LEDフォグランプ」を新たに全車に標準装備。

new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-18

精悍なフロント・ビューをより際立たせると共に、リヤ・コンビネーション・ライトにも新たにLEDを採用しデザインを刷新するなど、これまで以上にスポーティで洗練されたスタイリングを実現している。

new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-19

ガソリン・エンジン・モデルは、BMW Efficient Dynamicsの理念を追求したBMWグループの新しいエンジン・ファミリーに属する新世代モジュラー・エンジンを新たに搭載する。

特に、ニューBMW 340iセダン/ツーリングに初搭載される新開発の直列6気筒ガソリン・エンジンは、従来の6気筒ガソリン・エンジンに比べ、最高出力を15kW(20ps)、最大トルクを50Nm(5.1kgm)さらに向上し、それぞれ240kW(326ps)、450Nm(45.9kgm)を発揮する圧倒的な動力性能を実現。

new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-1

一方で、EUテスト・サイクルにおける燃料消費率、および、CO2排出量を約10%向上し、優れた環境性能も両立している。

サスペンション・システムとハンドリング特性を刷新し、セグメントのベンチマークである卓越したドライビング・ダイナミクスをさらに向上

また、ニューBMW 3シリーズのドライビング・ダイナミクスは、サスペンション・システムのダンパー設定とハンドリング特性を刷新し、より一層スポーティな走りを実現するとともに、高レベルの走行快適性も両立している。

new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-25new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-9

装備面においては、歩行者検知機能付きの「衝突回避・被害軽減ブレーキ」*1。

ミリ波レーダー・センサーにより前方の車両との車間距離を維持しながら加減速を行い、低速走行時には車両停止まで制御する「アクティブ・クルーズ・コントロール」*2。

new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-26new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-23

車両の通信機能を介して救急や消防といった機関の早急な手配が可能となる「BMW SOSコール」など、様々な標準装備品により、快適かつ安全に目的地へのドライビングを愉しむことができる。

*1:320 SEセダン/ツーリングを除く全モデルに標準装備。
*2:320 SEセダン/ツーリング、および320i セダンMT車を除く全モデルに標準装備。

new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-3new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-4new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-2

車両本体価格は、デザインとエンジンの刷新に加え、LEDヘッドライト、LEDフォグライトを新たに全車標準装備とするなど装備をさらに充実させたにもかかわらず、ニューBMW 3シリーズ セダン/ツーリングの中核モデルでは、従来モデルから車両本体価格を据え置き、高い顧客バリューを実現している(ニューBMW 330iセダン/ツーリングは、従来モデルのBMW 328iから最大24万円の引き下げ)。
new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-28
■右ハンドル仕様(340iは、右/左ハンドル仕様)。
■エンジンの諸元値はヨーロッパ仕様車値(320dは現行モデルの国内仕様車値)。
■M3セダンの従来モデルからの変更点はLEDリヤ・コンビネーション・ライトのみ。
new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-27
■右ハンドル仕様。
■エンジンの諸元値はヨーロッパ仕様車値(320dは現行モデルの国内仕様車値)。

よりダイナミックかつ洗練されたスタイリングを実現
夜間におけるBMWらしい精悍なフロント・ビューを一層際立たせるとともに、夜間や日中の悪天候の中でも優れた視認性を提供する「LEDヘッドライト」、および「LEDフォグランプ」を新たに全車に標準装備。

ニューBMW 3シリーズは、新世代デザインを採用したLEDヘッドライトを初採用
BMW伝統の丸型4灯デザインをベースに、上下がカットされたコロナ・リング・スモール・ライトを備え、精悍なフロント・フェイスを強調。
LEDターン・インジケータがヘッドライト上部に配され、これまで以上にシャープな顔立ちとなっている。

new-bmw-3-series-sedan-touring-announces20150820-24

より車両の外側に配置された左右の丸型ヘッドライトが、ニューBMW 3シリーズのワイドなスタンスを強調するとともに、路面との強いつながりを創造し低重心でダイナミックなフォルムを形成。

BMWの新世代のLEDヘッドライトは、左右内側のLEDコロナ・リング・スモール・ライトからキドニー・グリルに向かって流れるLEDライトバーを採用。

フロント・ビューの新しいデザイン・アイコンとして、ヘッドライトとキドニー・グリルとの視覚的な統一性を形成している。

左右に大きく広がるエア・インテークを備えた新デザイン*1のフロント・エプロンが、よりパワフルでスタイリッシュな存在感を主張

新たにLEDを採用したBMW伝統のL字型リヤ・コンビネーション・ライトは、躍動的な強い曲線を描いたLEDライトバーにより、静止した状態においてもダイナミックなリヤ・ビューを際立たせている。

インテリアにおいても、センター・パネルにハイグロス・ブラック仕上げ(従来モデルはマット・ブラック仕上げ)に加え、エア・アウトレット周辺部にクローム・アクセントを新たに追加*2し、よりエレガントな室内空間を演出。

*1:M Sportモデルは除く。
*2:Sport / Luxury / M Sport モデル

卓越したパワーと高い環境性能を両立したBMWツインパワー・ターボ・エンジン

ガソリン・エンジン・モデルは、BMW Efficient Dynamicsの理念を追求したBMWグループの新しいエンジン・ファミリーに属する新世代モジュラー・エンジンを新たに搭載。

モジュール構造を採用した新世代エンジン・ファミリーは、気筒あたり排気量が500ccのシリンダーを直列に配置して、総排気量に応じて幅広い出力範囲を実現。

また、全てのエンジンに、圧倒的なパワーと優れたアクセル・レスポンス、高い環境性能を実現したBMWツインパワー・ターボ・テクノロジーを採用。

ニューBMW 320iセダン/ツーリング、および、ニューBMW 330iセダン/ツーリングに搭載される2.0リッター直列4気筒ガソリン・エンジン、そして今回、ニューBMW 340iセダン/ツーリングに初搭載される新世代3.0リッター直列6気筒ガソリン・エンジンは、ツインスクロール・ターボ・チャージャーに、高精度ダイレクト・インジェクション・システム、無段階可変バルブ・コントロール・システムのバルブトロニック、バリアブル・カムシャフト・コントロール・システムのダブルVANOSを組み合わせたBMWツインパワー・ターボ・テクノロジーを採用。

ニューBMW 320iセダン/ツーリングの新世代2.0リッター直列4気筒ガソリン・エンジンは、最高出力135kW(184ps)/5,000-6,500rpm、および、最大トルク* 270Nm(27.5kgm)/1,350-4,600rpmを発生。

ニューBMW 330iセダン/ツーリングに搭載される新世代2.0リッター直列4気筒ガソリン・エンジンは、従来モデルのBMW 328iから最高出力を5kW(7ps)向上し、185kW(252ps)/5,200-6,500rpmを発生。最大トルクは350Nm(35.7kgm)/1,450-4,800rpm。

EUテスト・サイクルにおける燃料消費率、および、CO2排出量を約12%向上

ニューBMW 340iセダン/ツーリングは、BMWグループの全モデルの中で初めて新世代の3.0リッター直列6気筒ガソリン・エンジンを搭載する。

ニューBMW 340iセダン/ツーリングは、従来型モデルのBMW 335iから、最高出力を15kW(20ps)、最大トルクを50Nm(5.1kgm)さらに向上し、それぞれ240kW(326ps)/5,500-6,500rpm、450Nm(45.9kgm)/1,380-5,000rpmを発揮する圧倒的な動力性能を実現している。

一方で、EUテスト・サイクルにおける燃料消費率、および、CO2排出量を約10%向上。

ニューBMW 320dセダン/ツーリングは、コモンレール・ダイレクト・インジェクション・システムと可変ジオメトリー・ターボチャージャーを組み合わせたBMWツインパワー・ターボ・テクノロジーを採用した2.0リッター直列4気筒クリーン・ディーゼル・エンジンを搭載。

最高出力は135kW(184ps)/4,000rpmを発揮し、最大トルクは380Nm(38.7kgm)/1,750-2,750rpmとディーゼル・エンジンならではの力強い走りを可能にしている。

*:8速オートマチック・トランスミッション搭載の320iの最大トルク。6速マニュアル・トランスミッション搭載の320iの最大トルクは、290Nm(29.6kgm)/1,350-4,250rpm(いずれもヨーロッパ仕様車値)。

スポーティで俊敏なハンドリング性能の実現と、BMW EfficientDynamicの設計思想による優れた環境性能と高い動力性能の両立

後輪駆動方式や、ドライバーとクルマとが一体となる約50対50の理想的な前後重量配分など一切妥協のないクルマ造りにより、BMW特有のスポーティで俊敏なハンドリング性能を実現。

ニューBMW 3シリーズでは、さらにサスペンション・システムのダンパー設定とハンドリング特性を刷新し、より一層ダイナミックな走りを実現するとともに、高レベルの走行快適性も両立している。

「よりクリーンに、よりパワーを。BMW EfficientDynamics(エフィシェントダイナミクス)」の設計思想に基づいた数々のテクノロジーを採用。無駄な燃料消費を抑制するエンジン・オート・スタート/ストップ機能や、燃費の良い走りをサポートするECO PROモードに加え、高効率な8速オートマチック・トランスミッションを採用(ニューBMW 320iセダンには6速マニュアル・トランスミッション車もラインアップ)。

ニューBMW 320i xDriveセダン/ツーリングは、約50:50の理想的な前後重量配分を実現した後輪駆動方式をベースに、いかなる路面状況においても卓越した運動性能を発揮するインテリジェント4輪駆動システム「xDrive」を搭載。BMWならではの俊敏性と、xDriveの長所であるトラクション性能を高いレベルで融合。

安全かつ快適なドライブに貢献する数々の標準装備品

カメラにより前方の監視を行い安全なドライビングに貢献する「ドライビング・アシスト」を標準装備*1。ドライビング・アシストは、以下3つの機能を備える。

レーン・ディパーチャー・ウォーニング: 車線の逸脱をドライバーに警告する。

前車接近警告機能: 衝突の危険性が高まった際にドライバーに警告を発する。

衝突回避・被害軽減ブレーキ: 追突が不可避な場合に、システムが自動的にブレーキをかけて衝突を回避・被害の軽減を図る。また、歩行者検知機能の採用により、歩行者への接近に対しても、ドライバーへの警告と衝突回避・被害軽減ブレーキを作動させる。

ミリ波レーダー・センサーにより前方の車両との車間距離を維持しながら加減速を行い、低速走行時には車両停止まで制御する「アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)」を標準装備*2し、快適に目的地へのドライビングを愉しむことができる。

車両に通信モジュールを搭載し、乗員の安全と車両の状態を見守ることでドライブに更なる安心感を与える「BMW コネクテッドドライブ・スタンダードを全モデルに標準装備。BMW コネクテッドドライブ・スタンダードは以下2つの機能を備える。

BMW SOSコール: エアバッグが展開するような深刻な事故が発生した際、車両から自動的にSOSコールセンターに接続。コールセンターへの音声接続と共に、車両情報をはじめ、車両の位置情報や衝突状況、エアバッグの展開状況、といった情報もデータとして同時に送信されるため、ドライバーが事故の衝撃で意識を失っている場合でも、的確かつスピーディーな救急対応が可能となる。

BMWテレサービス: 車両が自動的に車両のメインテナンスやバッテリー電圧の低下といった情報を担当のBMW正規ディーラーに通知するサービスで、担当ディーラーからのタイムリーな連絡により、適切なメインテナンスを最適な時期に実施することが可能となる。

*1:320 SEセダン/ツーリングを除く全モデルに標準装備。
*2:320 SEセダン/ツーリング、320i セダンMT車を除く全モデルに標準装備。

ニューBMW 3シリーズ セダン/ツーリングの主な標準装備品

・PDC/パーク・ディスタンス・コントロール(リヤ、ビジュアル表示機能付)*1
・リヤ・ビュー・カメラ(予測進路表示機能付)*1
・ドライビング・アシスト*1
・レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)
・前車接近警告機能
・衝突回避・被害軽減ブレーキ
・ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)*2
・BMW SOSコール/BMWテレサービス
・ドラインビング・パフォーマンス・コントロール(ECO PROモード付)
・LEDヘッドライト(LEDハイ/ロービーム、LEDフロント・ターン・インジケータ、LEDスモール・ライト・リング、LEDアクセント・ライン、LEDフロント・サイド・マーカー。光軸自動調節機構付)
・LEDフロント・フォグ・ランプ
・LEDリヤ・コンビネーション・ライト
・コンフォート・アクセス(スマート・オープナー機能付)
・電動フロント・シート(運転席&助手席、運転席メモリー機能付)*1
・8.8インチ・ワイド・コントロール・ディスプレイ
・HDDナビゲーション・システム(VICS3メディア対応)
・iDriveコントローラー(コントロール・ディスプレイ用、ダイレクト・メニュー・コントロール・ボタン、タッチ・パッド付)
・インテグレイテッド・オーナーズ・ハンドブック
・スピーチ・コントロール(音声入力システム)
・ハンズフリー・テレフォン・システム
・USBオーディオ・インターフェース
・ITSスポット対応DSRC車載器(ルーム・ミラー内蔵、ETC機能付)
*1:320 SEセダン/ツーリングを除く全モデルに標準装備。
*2:320 SEセダン/ツーリング、および320i セダンMT車を除く全モデルに標準装備。

ニューBMW M3セダン*:より躍動的なリヤ・ビューを強調

よりダイナミックかつ洗練されたスタイリングへと刷新されたニューBMW 3シリーズにあわせ、そのハイ・パフォーマンス・モデルであるBMW M3セダンも、今回新たにLEDリヤ・コンビネーション・ライトを採用する。

この新しいデザインのリヤ・コンビネーション・ライトは、躍動的な強い曲線を描いたLEDライトバーにより、BMW M3セダンのダイナミックなリヤ・ビューを一層際立たせている。

*:ニューBMW M3セダンは、従来モデルから、LEDリヤ・コンビネーション・ライト以外の外観上の変更点はなし。

また、上記のニューBMW 3シリーズ標準装備品のうち、ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、およびLEDフロント・フォグ・ランプは非装備。

 

その他の記事(新車関連)
08/09・フォード、年内に4車種の新型モデル導入
08/09・フォード・クーガ改良、新エコエンジン新搭載
08/08・スズキ、IAAでBaleno初公開を予告
08/07・マツダ、IAAで越KOERUを初公開
08/06・LEXUS、CT200hを一部改良して発売

08/05・スズキ、インドNEXAからSX4 S-CROSS発売
08/01・三菱自、タイで新パジェロスポーツ世界初披露
07/31・ホンダ、ステップ ワゴンと同スパーダに車いす仕様車
07/31・AUDI A6AVANT/ALLROAD QUATTRO、S6/RS6AVANT
07/30・ジャガーF-PACE、極限環境下で走行テスト敢行

07/29・スズキ、ミャンマーでエルティガ生産・販売開始
07/28・フェラーリ 488 スパイダー概要公開
07/28・VGJ、POLO, GOLF, GOLF VARIANT, TIGUAN刷新
07/25・モーガン、65周年記念AR PLUS450台限定
07/23・ボルボ、新ディーゼルを主力5車種に一挙投入

その他の記事(モータースポーツ関連)
08/10・ホンダ、Moto世界選手権で前人未踏の700勝
08/10・SUPER GT500第4戦・富士、佐々木/クルム優勝
08/10・SUPER GT300第4戦・富士、高木/小林が作戦勝利
08/09・日産、LM P1改良に専念。WEC復帰見送り
08/09・ヴェンチュリーFE、ビルヌーブ獲得を発表

08/03・VW、WRCで今季7勝目
07/31・ポルシェカップにSローブとPデンプシー参戦
07/28・スパ24時間、BMWに栄冠。GTアカデミー組入賞
07/27・全日本ラリー第5戦、新井3勝、プジョーはリタイア
07/26・鈴鹿8耐、ヤマハ1996年以来19年ぶりの制覇

その他の記事(イベント関連)
08/10・IAA、コンチネンタル出展ブースの概要
08/09・NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2015開催11/29
08/08・VGJ新PASSAT展示キャラバンを全国8か所で開催
08/07・WTCC、GO! CITROËN MOTEGI…8/17応募締切
08/07・東京モーターショー、プレビューデー入場券販売開始

08/03・JAF長野、セーフティトレーニング長野10/04開催
08/02・メガウェブ夏休みスペシャル夜景ドライブ体験8/23
07/31・アイシン、未来型モビリティを名古屋初展示8/16迄
07/31・キャデラック、NY2016春秋コレクションをサポート
07/30・第3回くるまマイスター検定、7/30より申込受付

その他の記事(技術関連)
08/07・住友ゴム、新天然ゴム資源ロシアタンポポ研究開始
08/06・自動運転のマップ技術でボッシュとTomTomが提携
08/05・スズキ、スペーシアがASV+最高ランク獲得
08/05・エコタイヤのラベリング開始5年を巡る過去から未来08/04・ノキア、HERE社の独自動車連合への売却で合意

08/03・ボッシュ、自動運転で独の事故発生率は3分の1以下に
07/29・横浜ゴムと東京工大、生物資源からタイヤ原料合成
07/26・HERE社、米・仏・独・日で自動運転用地図提供へ
07/25・工学院大、ソーラーカーレースの新車両初披露
07/23・東京工大、低価格FCVの可能性を拓く技術開発

その他の記事(企業・経済)
08/10・シボレー、社会貢献活動でつぶれないボール200万個
08/10・トヨタメディアサービス他、充電マップでカーナビ連携
08/10・双日、米BMW認定ディーラーから営業権と資産を取得
08/07・ヤマハ発動機、米国シリコンバレーに新会社
08/07・AQUA SOCIAL FES!!累計参加者が4万人を突破

08/07・マツダの新パワートレイン工場、タイで開所式
08/04・日本エレクトライクの三輪EV、補助金対象車両に
08/04・トヨタ、中国で「競争力のある工場づくり」を推進
08/04・ヤマハの車いすアシストJWX-2、経済産業大臣賞
08/02・出光、ロイヤル・ダッチ・シェルから昭和シェル獲得

その他の記事(話題)
08/10・インクリメントP、金沢大学と自動運転支援地図開発
08/10・ヤナセとニッポンレンタカー、輸入車レンタル開始
08/10・カストロール、世界初のCO2ニュートラルオイル
08/10・LEXUS DESIGN AWARD 2016コンペ作品募集開始
08/10・東洋ゴム、プロサッカーチームのFCゼニトをサポート

08/08・国土交通省、道路メンテナンス年報を公表
08/08・オリックス、乗換案内とカーシェアアプリを連携
08/08・工学院大学ソーラーカーがテストコースを試走
08/07・Audi A6 / Audi 100のヒストリー紹介動画を公開
08/07・日産のこども自動車、半世紀ぶりの復活を動画取材

08/07・ミッションインポッシブル世界初公開にBMW登場
08/05・週刊「ラ フェラーリをつくる」先行予約販売開始
08/05・LEXUS、空中に浮かぶホバーボードの全容を公開
08/02・ヤフー、高速渋滞・規制情報をリアルタイム提供
07/31・国土交通省、土地の浸水リスクが判るWebサービス

TuvichomsaoサイトTOPに戻る