日本電産、2019年EV・HEV駆動システム技術展に出展


日本電産株式会社(本社:京都府京都市南区、代表取締役会長:永守重信)並びに日本電産グループは、東京ビッグサイトで開催される第11回オートモーティブワールドの「EV・HEV駆動システム技術展(開催期間:2019年1月16日~18日)」に出展する。

世界中の環境問題の高まりによる自動車メーカー各社の電動化や、自動運転・先進運転支援システム(ADAS)技術の進歩など、自動車業界は過去にない大きな変革期を迎えている。

そうしたなか、同社はEV及びPHEV向けトラクションモータシステム「E-Axle」シリーズの新ラインナップ(同軸タイプ、減速機一体型インホイールユニット)及び、その一部に搭載される小型・高出力のインバータを初出展する他、ADAS製品や、電動ポンプ、車載用の触覚デバイス等を展示する。

出展にあたって日本電産では、「当社グループは、今後も世界No.1の総合モーターメーカーとして蓄積した軽薄短小技術、高効率化技術、制御技術を駆使し、車両革新を支えるキーデバイスを開発していきます」と話している。

主な展示内容
・EV及びPHEV向けモータ/インバータ/ギア一体型「トラクションモータシステム E-Axle」シリーズ(3軸タイプ並びに同軸タイプ)
従来の3軸タイプに加え、さらに前後長を短縮、小型乗用車にも搭載可能とした同軸タイプや、20インチホイールに内蔵可能なモータ/減速機一体型インホイールユニットを出展。

・小型・高出力のトラクションモータ用インバータ
150kW級のシリコン半導体の採用、高耐圧絶縁設計の最適化および主要部品の低インダクタンス化により、従来比体積約50%(40kW/L)、重量77%を実現。自動車への搭載レイアウトの自由度が高まり、小型車からSUVまで幅広く搭載が可能。2020年に中国で量産開始予定。

・単眼カメラ/ミリ波レーダ一体型ADASセンサ「ISF(Integrated Sensor Fusion)」
・電動オイルポンプ
・電動ウォーターポンプ
・アクチュエータ(ステアバイワイヤ/パークバイワイヤ)
・シート、ステアリング、パネル触覚デバイス体験型デモ

EV・HEV駆動システム技術展 開催概要
会場:東京国際展示場(東京都江東区)
当社ブース:東6ホール E56-28
会期:2019年1月16~18日(一般公開日)
公式HP: 

展示内容に関する問い合わせ先: 日本電産株式会社 車載事業本部 営業統轄部 TEL:0749-42-6058 FAX:0749-42-7449