新日鐵住金、超ハイテン鋼板の供給体制を強化

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

新日鐵住金株式会社(本社:東京都千代田区、社長:進藤孝生 以下、新日鐵住金)は、超ハイテン鋼板の供給体制を強化するため、君津製鐵所(千葉県君津市)に溶融亜鉛めっき設備(以下、CGL)を新設する。

新CGLは、強度1.5GPa級の超ハイテン鋼板(1mm2あたり150kgの力が加わるまで破断しない鋼板)の製造が可能で、生産能力は月産33千トン、2020年度第2四半期の生産開始を目指す。

自動車業界では、世界的に環境規制強化と衝突安全基準の厳格化が進み、車体の軽量化・高強度化ニーズの高まりから、各自動車メーカーでの超ハイテン適用が増加。

今後も需要の拡大が見込まれている。また今後、普及が見込まれる電気自動車などの電動車に於いても、走行距離やバッテリー重量の問題により、車体軽量化のニーズが一層高まる。

そこで新日鐵住金は、車体の軽量化・高強度化を実現する超ハイテン鋼板のニーズ拡大に対応するため、超ハイテン鋼板の供給体制を強化する。

なお該当施策は、鉄のポテンシャルを最大限引き出す「鉄を極める」取り組みの一環であり、新日鉄住金は超ハイテンなどの高機能素材とソリューション技術の提供により、顧客価値創造に一層貢献していくと述べている。またこの施策にあわせ、君津製鉄所4CGLの休止を決めている。

<新CGLの概要>
・生産品種:溶融亜鉛めっき鋼板、及び、合金化溶融亜鉛めっき鋼板
・生産能力:33千トン/月
・稼働開始:2020 年度第2四半期(予定)